2012年07月04日

鳥たちが戻ってきた!

このごろ、毎朝、
スズメのチュンチュン鳴く声や
ウグイスの美しい歌で、目が覚めます。

昨年から、めっきり見なくなっていた鳥たちが、戻ってきたようですもしかして、これは・・・
昨年の春頃から、地震の度にギャーギャー鳴くカラスはいても、他の鳥たちは、めっきり見かけなくなりました。

スズメはもちろん、ヒヨドリや、ムクドリ、オナガなど、いろんな鳥がいたのですが・・・
地震のせいだけではなく、もしかして、放射能・・・昨年の春から初夏にかけて、放射能のせいか、庭木の葉が今まで見たことないくらい、異様に大きくなったので、不気味に思ったのですが、
テスラ オイスター・プレート小を置いてから、フツーの葉になったので、
安心していました。

でも、鳥は、戻ってきませんでした。

秋あたりから、雨が降るたびに、線量が上がっていることに気がつき、
オイスタープレート 大に、替えました。

冬、ヒヨドリのツガイが、ひと組、来るようになりました。

そして、この夏、気がつくと、ここは高原かと思うくらい、さまざまな鳥が、歌う声が、聞こえます

「鳥が戻ってきた〜

」と、あちこち歩き回ってみましたが・・・、他では、ほとんど見かけません。  


10分ほど歩いた所に、
毎年、ムクドリなのか、
ピクチュクピクチュク、大勢でさえずっている木があって、
手をパンッと鳴らすと、一瞬しーんとなっても、
また一斉にオシャベリが始まる、賑やかな木だったのですが、
昨年同様、この夏も、一羽もおらず、しーんとしていて、
木も淋しそうです・・・。[:ポロリ:]

テスラ・プレートの開発者、キース博士の言葉を、思い出しました。

どうして最初に、鳥の歌う声を(DVDで)ご紹介したか
説明したいと思います。

大人はすぐに、騙したり、欺いたり
愚かなことをしますね?

でも、動物や子どもたちは、正直です。

これをわかってもらうために
キャロルと私は、
幾羽もの鳥たちが、わが家に来て留まり
歌ってくれる栄誉を、
あなた方とシェアすることで
これを、テスラのテクノロジーの効果の、
何よりの証拠 と考えていることを、
お見せしたかったのです。

子どもたちや、動物が、受け入れたとき
あなた方は、本当に祝福されるべきです。

野生の動物たちが、テスラでケアされた家の、
安らぎと、穏やかさを愛するように、
それこそが、人の住むべきところです。

そして私たちも一緒に歌いたくなるような、気分なのです。



やはり、テスラ効果で、鳥が戻ってきていたんですね・・・


雨上がり、外の線量を測ると、エアカウンターSで、0.1μSVくらいあります。
電磁波も、鳥たちに、大きな影響を与えていると、言います。
ここは、携帯3大キャリアはもちろん、WIMAX、公共WIFI、TV電波もいろいろ入る、とっても便利な、
電磁波汚染地帯でもあります。

でも、オイスター・プレートは、放射能や電磁波の有害エネルギーを、
人体や動物、自然に調和するエネルギーに、換えてくれていたんですね。 


放射能でも電磁波でも、危害を加えることなく、共存できるのなら、いいと思います。 もっと、オイスタープレートを、あちこちに置いて、鳥たちが戻れる環境にしたいものです・・・最後に、歌ではないですが、一緒に踊りたくなる気分になる映像を、ご紹介します。

問題ばかり報道されている国々が多いですが、
歌ったり、踊ったりすることは、生を謳歌することですよね 
タグ:テスラ
posted by minouche at 12:26| テスラ オイスタープレート