2013年11月14日

川端康成は、電磁波自殺だった!?


立冬が過ぎ
いよいよ、冷え込むように
なってきましたね。
冬支度は、お済みですか?
寒がりの私はもう、電気毛布や電気ひざかけを、引っぱり出して、使っています。

電気毛布でお布団が温まっていると、早く寝つけるし、血行も良くなっているはずですが
眠りが浅く、朝起きると、体がコッていたり、グッタリ疲れていたりしました。

こんな記事をみつけました。

川端康成は、電磁波自殺だった

・・・川端氏にとって電気毛布は「必需品」だった。
「ええ、鎌倉のご自宅ばかりか、四谷の旅館や、京都の仕事場にも
 持ち込み、 『あったかくて気持ちがいい』と
 愛用していらっしゃいました」
 (中央公論社で川端氏担当の編集者だった伊吹和子さん)

ところが――。
川端氏の元主治医の栗原雅直氏が、
その電気毛布こそが、川端氏の自殺の原因を作った、と語っている。

「電気毛布からは、強い電磁波が出ています。
その電磁波が川端さんの脳に働いて、不眠症の悪化や、うつ状態を引き起こし
自殺の引き金になったというのが、私の見解です。
不眠症には、自殺願望をかきたてる性質があるのですが
晩年の川端さんは、昼夜が逆転してしまうほど、重い不眠症になっていました。
睡眠のリズムを形成しているのは、脳の中心部にある、松果体から分泌される
メラトニンというホルモンです。 
このメラトニンが、電磁波を浴びると、減ってしまうのです。
睡眠のリズムが狂ったのは、おそらくそのせいでしょう。」

電磁波の害を訴え続けている、京大工学部助手の荻野晃也氏も、
「電磁波を浴びると、メラトニンが減ることは、
 動物実験などで、明らかにされています。
 もともとメラトニンは、年を取ると減るものですが、
 それが電気毛布によって促進され、体に変調をきたした、
 ということは、十分に考えられます」

「電気毛布からは20ミリガウスから、多い場合は100ミリガウスもの電磁波が出ている。
欧米では、わずは2、3ミリガウスでも、継続的に浴びれば、悪性しゅようや白血病の発生率が、数倍になるというデータもある。家電製品の中でも、電子レンジやテレビとともに、最も注意すべきものの一つです」
(医療ジャーナリスト 小山氏)
(『サンデー毎日』 1999年7月11日号 より)

電気毛布は、電熱線の熱が、直接体にあたるので、暖かいのですが
その分、電磁波も、直接浴びることになるのですね。
今は電磁波カットを謳った商品も出ていますが、電気カーペットや、床暖房、コタツも、同じ原理だそうです。
特に電気毛布は、ONにしていれば、寝ている間中、電磁被ばくし続けることになります。

しかし、テスラ 電子スタビライザーを付けてから、電気毛布で寝ても、深く眠れ、
朝、体がコッていることもなく、疲れがスッキリ取れています。
もっとも、テスラ トラベルプレートも、ベッドに敷いて、併用していますが・・・。

テスラ 電子スタビライザーは、各コンセントに一つずつ付ける必要などなく
電源コードに、ひとつ、付けるだけで、
同じ電気メータの配線につながる、全ての電気機器の電磁波を、処理できます


 



イライラが減り、疲れにくくなって、リラックスできる空間になります。

その上、電流のロスがなくなるため、電気代も、安くなるのです

テスラ 電子スタビライザーのユーザーからも・・・
「去年の同じ月より、3,000円ほど、電気代が安くなっています。

電子スタビライザー導入前の1月分の電気代 22,950円、導入後の2月分の電気代 18,395円
 3月分の電気代 16,028円
 3月も2月同様すごく寒かったので、2月よりも高くなるかと思っていましたが、16,028円でした^^
 安くなって、本当に嬉しいです^^」

「我が家もスタビライザーをつけてから、電気代が安くなりました。」

今年の冬は、寒くなると言います。
電気代が高いというので、躊躇していた、オイルヒーターを、この冬は導入しようと、もくろんでいます。

これから暖房がフル稼働となる時季、
ご家庭や、会社・商店でも、電磁被ばくを防ぎ、
かつ省エネ・節電・経費削減にもなる、テスラ 電子スタビライザーを、お使いになりませんか

タグ:テスラ
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス: [必須入力]

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/132295532
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック