酸化グラフェンと5G

ワクチンを打った人が、増えていると同時に
5Gエリアも、拡大していっています。

今回のワクチンは、5Gコントロール用の酸化グラフェンのナノ粒子を体内に注入するためのもの

このワクチンに含まれている秘密の素材(ナノ粒子)とは、酸化グラフェンのナノチューブの可能性があると、スペインの2人の研究者らが発見しました。。

 

La Quinta Columnaというオンライン番組の司会をしているアンダルシアの生物統計学者、リカルド・デルガド氏とパートナーのホゼ・ルイス・セビラノ医師(ホームドクター)が、多くのワクチン接種者が磁気を帯びる現象について分析しました。

分析の結果、彼等は、ワクチンに含まれている磁性の高い酸化グラフェンのナノ粒子が、
脳細胞やニューロンと適合性があることを突き止めました。

酸化グラフェンのナノ粒子は、シナプスを探し出して結合します。

グラフェンのナノ粒子は、周波数を通じて励起し、被験者の行動に変化をもたらします。

正確には、グラフェンナノ粒子は、5Gの41,6GHzマイクロ波に共振します。

酸化グラフェンナノ粒子を接種した被験者 は、5Gの範囲内のさまざまな周波数にチューニングすることで精神的に操作されてしまう可能性があります。

接種者は実際には存在しない感覚を感じ、考えを持ち、物を見てしまうようになります。

そして偽の記憶を持つようになり、本当の記憶が消えてしまうようになります。

5Gが完全に稼働されていない環境下でも、このワクチンを接種した人々は違和感を覚えると訴えています。

他の研究でも、グラフェン・ナノ粒子が、コロナに似たような症状や血栓を発生させていることがわかりました。

リカルド・デルガド氏とホゼ・ルイス・セビラノ医師は、現在進行中の世界的ワクチン・プログラムについて、人類に大惨事をもたらす世界規模の危険なトランスヒューマニズム・プログラムの一環として人類を監獄に入れるための作戦であると訴えています。

5Gは、2021年7月~8月に全面的に稼働するはずです。
世界的ワクチン・プログラムを止めさせるために磁気障害に苦しむワクチン接種者らは医師や保健当局にそのことを報告すべきです。

COVIDワクチンの主な成分は酸化グラフェンであるとする彼等の結論は、他の多くの科学者、グラフェン・メーカー(Graphenea Inc.やNanografi)そしてGraphene FlagshipやProject BrainSTORMSなどの研究プロジェクトの関係者ら、オバマ・ブレイン・イニシアチブそしてDARPAからの支持を得ています。

上記の記事に対するコメント: 

ワクチンを接種した後に身体が磁気を帯びたり、鉄分が蓄積している現象がなぜ起きているのかについて、誰も質問しません。

・・・・・・・・・

そしてこのようなワクチンを接種すると血栓で死亡してしまうとか、健康が徐々悪化していき、約5年以内に死に至ると言われています。

これは体内の金属イオンのバランスを変えるためであり、
磁性は身体の電気化学的性質を改変します。

人間の身体は、電磁放射エネルギーの送受信機でもあります。

このバランスを変えてしまうと、我々の身体は、外部からのエネルギー・インプットの影響を受けやすくなってしまいます。

5Gはインターネットのためなんかではありません。
5Gは軍事目的の兵器システムなのです。
5Gの導入はキル・グリッドの構築です。

5Gは、町や市などの広い地域、地区の小さな地域、さらに小さな地域の特定の通りや建物、建物の正確な位置、さらには建物内の標的となる個人にまで、非常に具体的にターゲットにし、ピンポイントの精度でエネルギー・インプットを行ないます。

5Gの電磁波によって生じる症状は呼吸困難、インフルエンザのような症状、COVID-19のような症状です。
そしてワクチンの集団接種が行われた地域では、5Gの周波数を殺害周波数に変えて、大量死を発生させることが可能です。

ワクチン接種者は、5G兵器システムを使った大量処分の歩く標的となっています。

武漢地域ではワクチンの集団接種が行われていました。

その直後に5Gグリッドが起動されました。
その結果、大勢の市民が急死しました。 

情報戦争の中で、人々を混乱させる目的でデマが拡散されています。
武漢では、2,000万件の携帯電話番号が存在しなくなったといいますが、これは所有者がもう生きていなかったためです。

私はこの計画の当事者ではありませんが、5G電磁波による死、そして5G、コロナ、超電導ワクチンの繋がりは、明らかです。

兵器発射システムは、ワクチン接種です。
ワクチン接種により多くの人々を死に至らしめます。
しかしこれでも2030年までに世界人口の90%を削減するほどには至りません。
従って大量の人々を一挙に殺害するには、(戦時中は)ガス室や焼却炉に人々を放り込みましたが、現在、これに代わるのが、5Gの電磁波攻撃です。
マイクロ波銃のように、路上や家の中で寝ている間に、静かに人々を殺すのです。

https://www.henrymakow.com/2021/06/vaccines-deliver-graphene-oxide.html?_ga=2.134609971.319600760.1622905010-903648786.1588285733

スパイクタンパクに代わって、「酸化グラフェン」という言葉が出てきましたね。
未接種者も、接種者のそばにいるだけで、酸化グラフェンの影響を受けるのかわかりませんが
5Gと連動するのは、確かのようですね。

この7月中も、ずいぶん5Gエリアが拡がったようです。
それぞれクリックすると、全国の5Gエリアが、ご確認いただけます。

  docomo                                                                         softbank

 
 
      au                                                                     鉄道
 
 
5Gの場合、5Gアンテナがまだ近くになくても、衛星からも電波を出しています。
 
まず、住環境や職場環境の、
5Gの有害な電磁エネルギーを、
テスラ オイスタープレート「大」(5G Large Oyster Plate)
で、
人体にも安全なエネルギーに換えて
しまいましょう!
 

そして、常に胸腺上に、テスラペンダントを着けて
免疫力を上げ、解毒力も高めましょう!
 
外で発せられてるかもしれない5Gや、
電車やバスなどで隣り合わせた接種者からの影響を受けないよう、
大人は、テスラ トラベルプレート
子どもは、テスラ ポケットプレートを、必ず持ち歩いてください。

 
そして帰ったら、テスラ トラベルプレートで、背骨扇ぎをして、体内に入った有害エネルギーを、扇ぎ出します。
 
テスラ ミニ・ウォーターキットを、手首や足首に付けるのも、毒素の排出効果があります。
 
コロナやワクチン、5Gの影響も、まだ不明瞭な点が多いですが
テスラを利用して、免疫力を下げないよう、
身体の電磁気(エネルギーフィールド/オーラ)を損なわれないようにし、
解毒を促し、そして、身の周りの有害性を減らすよう意識
して、健康を維持していきましょう!
 
 
 
 

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする