証明されたシェディング

コロナ禍もだいぶ収まってきたようで
屋外では、マスクを外したり
飲み会、食事会も、
徐々にできるようになってきました。

しかし感染者が減ったからといって
なかなかマスクを外す気には、なれません・・・

ワクチンのシェディングがついに証明された!

親から子供への統計的に有意なワクチンのシェディング

イゴール・チュドフ 03May2022

ワクチン接種を受けた人々は、ワクチンの副産物を、私たちに放出(シェディング)するのだろうか?
「健康の専門家とファクトチェッカー」が否定するので、私たちは確かに、ワクチンのシェディングが問題ではないと、思っていた。
私たちは「科学を信じる」し、「健康の専門家」を信じるのだ。 そうでしょう?

しかし、それは間違いであり、ワクチンのシェディングは科学によって証明されたのだ。

私でさえ、ワクチンシェディングのもっともらしいメカニズムはないと信じていた。
根拠のない陰謀論だと思っていた。愚かだった・・・

しかし、それは間違いだった。
ワクチンシェディングは実際に起こり、測定することができる。

SARS-CoV2特異的体液性免疫のエアロゾル伝達の証拠」の研究結果が、発表された。

この方法でサンプル評価したところ、ワクチン接種を受けた両親の鼻腔内IgGが高いことは、同じ世帯の子供内の鼻腔内IgG gMFIを対数変換した値が0.38増加することと、有意に関連していた。

説明してみよう。
まず、コロラド大学の研究者たちは、ワクチン接種を受けた医療従事者が着用するフェイスマスクに注目した。

その結果、医療従事者はワクチン接種によって生じた抗体を排出し、その抗体の一部はマスクの中に閉じ込められ、検出されることがわかった。

つまり、ワクチン接種を受けた人は、文字通りワクチンによって生じた抗体を「放出している(シェディング)」のである。

そこで、ワクチン未接種の親と暮らすワクチン未接種の子供と、同じくワクチン未接種の親と暮らすワクチン接種済みの子供とを比較したのである。

その結果、ワクチン接種を受けた親は、ワクチンで作られた粒子を積極的に子どもに放出(シェディング)し、子どもは親からのシェディングを受けて「体液性免疫」を獲得することがわかったのだ。

この発見はデータ上明らかであっただけでなく、p値0.01と極めて統計的に有意であった。
つまり、これは偶然の発見ではないのである。

なぜ、子どもたちが鼻腔内IgGを持つのかについては、まだ説明されていない。
著者らは、飛沫を介した抗体排泄が原因だと考えているようだ。
つまり、唾液中に含まれるIgGそのものが移行すると考えているようである。
その通りかもしれない。

しかし、他のワクチン副産物やエクソソームが放出されることによって、小児の鼻腔内IgGを開発する可能性もある。

また、脂質mRNAナノ粒子自体が放出(シェディング)され、ウイルスのように唾液を介して移行することが原因である可能性もある。

実際、mRNA脂質ナノ粒子のシェディングが最も可能性が高いと思われる。

なぜなら、強い免疫反応を経験していると報告しているからである。

そのような副産物は、IgGが本質的に親から子へ機械的に吐き出されるのではなく、子供の免疫反応として鼻腔内IgGの原因となるのであろう。

この論文は非常に興味深いが、ワクチンシェディングの研究の第一歩に過ぎず、この現象にさらなる光が当てられることを期待する!

著者たちは、おそらく科学の検閲官から論文を承認してもらうことを期待して、それを良いことだと言っている。:

我々の結果は、抗体のエアロゾル伝達も宿主保護に寄与する可能性を示唆しており、受動的免疫保護が伝達される全く未認識のメカニズムであることを表している。

抗体の伝達が宿主の保護につながるかどうかは、曝露量に依存する。
しかし、すべての条件が同じであれば、抗体の伝達がどれだけあっても、それを受けた宿主にとって有用であることを示唆するのは妥当だと思われる。

FDAが小児用に承認していないワクチンの抗体やmRNAのナノ粒子が、親や子供の同意や知識なしに、親から子へと放出されている
https://igorchudov.substack.com/p/vaccine-shedding-finally-proven?s=r

家族からのシェディングの可能性がなくても
電車やバス、飛行機、タクシーなども、長く乗っていたくないなぁ と思います。

特に、歯科医や、美容師、マッサージ師など、
施術に携わる方々は、率先して接種済みなので、どうしようもありません・・・(*_*;

マスクで、太刀打ちできるものではありませんね。

そこで、テスラ・ペンダントテスラ トラベル・プレート とともに、
忘れずに、テスラ キャリープレートを、肌身につけて出かけます。

トラベル・プレート は、飲食時に出して使うので、ポケットなど取り出しやすい所に入れていますが、 キャリープレートは、取り出す必要がないので、ブラなど下着に潜ませておきます。

赤ちゃんや小さなお子さんには、ベビーバギーやベッドに、忍ばせてください。

そして、ゆっくり眠れる週末の夜に
胸の上に、 キャリープレートを乗せ、
手首か足首に、テスラ ミニ・ウォーターキットをつけて
デトックス
します。

実際にお使いになっている方々からは・・・

「キャリープレートを、テスラペンダントの下、胃の辺りにあてていると、体調がとても良いです。」

ワクチン接種していない娘が、ワクチン接種直後の先生のお宅で数時間レッスンを受けた際、真っ青な顔になって気分が悪くなって帰ってきました。
それが2回続きましたが、3回目からはキャリープレートを付けて行ったら大丈夫でした!」

「職場に接種者が増えてから、月経異常に悩まされるようになりました。
 でもキャリープレートを持つようになってからは、元に戻ってきています。」

「テスラペンダントとトラベルプレート、キャリープレートを身につけるようになって、
週一度、ミニ・ウォーターキットも使ったデトックスをしたら、炎症が止まり、粘膜のベタベタがなくなり、確実に良くなりました。
顔の変形が元に戻って、みんなに驚かれてます!」

などなどのお声を、いただいています。

キャリープレートも、テスラ・ペンダント同様、個人のエネルギーを読み取って、その人専用になりますので、他の人にあまり触らせないよう、注意してください。

柄は、何の柄だか、おわかりになりますよね?

打った方は、テスラ ソウルペンダントも、お忘れなく。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

コメントの入力は終了しました。