メドベッド

トランプ大統領が、
「一年かそこらで、ほとんどの病院の治療は、時代遅れになります」
と言った、メドベッド

日本で、メドベッドのビジネス戦略レポートがまとまったり、
医療従事者の、使い方講習が始まっている!
というウワサもありますね。



メドベッド – ヒーリングテクノロジー

このテクノロジーは何年も人類から隠されていましたが、このポッドのようなベッドは、さまざまな病気を治癒できるとされています。 

ベッドによって異なりますが、通常、ベッドはMRIのように体をスキャンし、AI(人工知能)によって読み取った情報をもとに、コンピュータが体の中で何が起こっているかを判断して診断を下し、その診断に基づいてテクノロジーが治療します。

詳細については、ビデオを見て、以下の記事を読んでください。 
(1本目のビデオは、「設定」→「字幕」→「英語(自動生成)」→「字幕」→「自動翻訳」→「日本語」クリックで、自動翻訳ですが、日本語字幕が出ます。)

ベースラインレベルでの治癒のためには、あなたの細胞が最適に機能していることを確認してください。
幹細胞の再生と更新のページでは、高価な薬や針を使わずに、非侵襲的に幹細胞を再生する方法をご紹介しています。

量子ヒーリング

バイオヒーリング技術については、バイオヒーリングのページをご覧ください。

記事の更新: 2-15-21
ホログラフィック・メディカル・ポッドや医療用ベッドは、現時点では一般には販売されていません。
このまま順調にいけば、今後1年ほどで変更されると思われます。
入手可能性に変更があった場合には、このページを更新します。
http://www.blissfulvisions.com/articles/med-beds.html?fbclid=IwAR0Ir8G9zYeXB20Y-0xObuffEA17XZLB5ILiC_Q-khpbk2nA0muDBwkEweo

メッドベッドテクノロジー

https://naturalhealingclub.com/med-bed-quantum-therapy-healing/

どんな難病も、肉体的にも精神的にもリカバリーさせてしまうなんて、夢のような治療器ですね。
ニコラ・テスラのフリーエネルギー技術と同様、封印されていたテクノロジーのようです。
しかし実際に治療を受けるには、もう少し時間がかかりそうです。

一方、文中のバイオヒーリングページをクリックしてみると
家庭用のメドベッドジェネレーターが、紹介されています。

家庭用メドベッドジェネレーターも、「医療機器」として販売されていますが
「テスラライフフォースは、19世紀末にニコラ・テスラによって確認され、あらゆる生命体に極めてポジティブな変化をもたらす自然の力として、100年以上にわたって研究、調査、検証されてきました。

テスラライフフォースは、DNA、RNA、細胞膜を正常な細胞活動と機能に導き、体内の各細胞が生命エネルギーで完全に充たされるようにするエネルギーです。」と、基本的なエネルギーは、当店の扱っているテスラ製品と、同じです。 
氣の注入」ご参照。


このメドベッド・ジェネレーターのユーザーの声は、右図をクリックしていただくと、拡大してごらんになれますが、
「よく眠れるようになった」「痛みが軽減した」「血圧が安定した」「腫瘍が小さくなった」など、
当店のテスラ製品のユーザーから寄せられる声と、一緒です。

当店のテスラ製品は、医療機器ではありませんが、テスラペンダントを着けて、テスラ トラベルプレートを患部にあてて、痛みが軽減したり、治りが早まったり、腫瘍が小さくなったり、末期ガンが消えてしまったケースも、多々あります。

違うのは、当店のテスラ製品は、妊婦でも授乳中でも、赤ちゃんでも使えるのに対し、メドベッド・ジェネレーターは、授乳中や6歳以下の子どもは使えない点です。
医療用なので、きっともっとパワフルなのでしょう。


ちなみに、引用文最後の画像は、メドベッドでも医療機器でもなく、テスラ ライトチャンバーという、当店取り扱いのテスラプレートを、何十枚も使った、テスラ・ガーデンが、3Dになった進化版です。

チャンバーの98枚のテスラプレートで、体からストレスを離すと、すべての細胞のボルテックスエネルギーがバランスをとり、ライフフォースエネルギーが与えられます。
日本は地震が頻発するので、取り扱えませんが・・・

早く、ポッド型のメドベッドが、利用できるようになるといいですね。
私も30歳くらい、若返りたいです!!
いやしかし、今深刻に闘っている人が、痛みや苦しみから、一日も早く解放されることが、先ですね。

それまでは、医療機器ではありませんが、テスラ製品が、病気の原因となる電磁波や、化学物質など、病人にストレスとなる有害エネルギーを処理します。

健康な方にも予防措置として、また、回復途中や、回復後の再発防止にも、大いにお役に立ちますので、ご利用ください。

コメントの入力は終了しました。