the Having

最近読んだ本で、
おすすめしたい本がありましたので
ご紹介します。

この変動の時代に、
読んでみるのに、良いのではないかと、
思います。

日本は、この「失われた」30年間、給料が上がらず
むしろ平均年収は下がり、
さらに、今年はさまざまなモノが値上がりし
生活を直撃しています。

欧州では、光熱費が高騰し、
この冬スイスでは、暖房設定温度19℃以上にした場合、罰則を科す方針だと言います。

お金持ちの国で、極寒の季節に、室内を満足に温めることもできないなんて
本当に不測の事態ですね!?

そして円安も進み、いよいよ貨幣経済も限界か!?
という時代にさしかかっているのかもしれないと、感じます。

一方、このコロナ禍で、日本でも、富裕層は増えていると言います。

私の場合、どうしたらリッチに? というより、
「足るを知る」を知るために、
この本「The Having」を、読む気になりました。

韓国は、何度も経済危機に直面してきたと思うのですが、
韓国出身の、「グル」と尊敬される、若い女性の言葉を書いた本です。

「ない」ことより、「ある」ことにフォーカスし、
欠乏感より、豊かさを感じることで、
ヴァイブレーションが上がりますね。

学費が払えない、生活ができない、と追い詰められ、命を落とす若者が多い日本ですが、
まず自分の気持ち次第で、どうにでもなる! と、思ってほしいものです。

結局、感情エネルギーが、現実を創っている! 

「状況を変える鍵は、思考ではなく感情です。」 

思いはヴァイブレーション」と、同じですね!?  

Havingノートをつけて、感情をウォッチしてみるのもいいかも。

9.11の時、「世界がもし100人の村だったら」というのが、流行ったと思うのですが
大きな出来事があると、日頃の価値観も揺らいでしまったりします。

この本では、どんな状況でも、落ち込んでヴァイブレーション(波動)を落とすことなく、高い波長と同調していきましょう。ということを、書いています。

それでも人間、生きてればいろいろあり、不安になったり、気分が下がったりしますよね。
そんな時、テスラペンダントが、ヴァイブレーションを引き上げるのを、手伝ってくれます。

テスラのエネルギーに包まれて生活していると、肉体的に健康になるだけでなく、メンタルも落ち込みにくくなり、そして、お金(というエネルギー)も、回るようになったと、よくご報告いただきます。

Goか、Stopか、「Having モーションで、自分自身に聞く」というのも出てきますが
キネシオロジーみたいですね。

これからも、大変な時期が続くのかもしれませんが、
自分がどういう心持ちでいるか、どんな感情で過ごすか、試されているのかもしれません。

また、一人きりの時間を作って内観し、
自分自身をよく知ることが、大切だと言っています。

いざという時も、外野の声に惑わされず、
自分のハートの声に耳を傾けて、心豊かに穏やかに、
自分の目指す人生を歩みたいものですね。

今回は、ちょっとほんわかしていただけそうな本を
ご紹介してみました。

テスラの高いヴァイブレーションで包まれた生活に・・・

★ テスラ製品 原材料費高騰のため、近々、値上げ予定です。

コメントの入力は終了しました。