宇宙存在との接触

7月10日は、ニコラテスラの誕生日でした。
生誕165年 出生地クロアチアでは、
お祝いのイベントが開かれたそうです。


一方、このところ、UFOの情報開示など、今までになかったディスクロージャーがありますが
ニコラ・テスラに関しても、面白い情報がありますね。

*****************************************

機密解除されたFBI文書は、ニコラ・テスラの「宇宙人」との接触について言及しています

コヒーレントアイコン


始めに…

少し時間を取って呼吸してください。胸の上、心臓の辺りに手を置きます。
心と体に入る安らぎの感覚に焦点を合わせて、約1分間ゆっくりとその領域に息を吹き込みます。
これを提案する理由は、ハートと脳をつなぎ、コヒーレンスを得るためです。


ニコラ・テスラは、他の惑星での生命の考えに関して強い関心を持っていました。
この事実を文書化した多くの例があります。
たとえば、彼が75歳のときTime に行ったインタビューで 、テスラは次のように述べています。


「私は、惑星間通信ほど重要なものはないと思っています。
そして、宇宙にも、私たちと同じように働き、苦しみ、闘っている人間がいるという確信は、
人類に魔法のような効果をもたらし、人類と同じように長く続く普遍的な兄弟愛の基礎を形成するでしょう。」


宇宙の存在との接触、コミュニケーション、関係が大きな意味を持ち、人間の意識を永遠に変えることは間違いありません。

ニコラ・テスラに関する例や興味深い声明はたくさんありますが、まず機密解除された連邦捜査局(FBI)の文書注意を向けましょう。

文書の一部を紹介します、

マーガレット・ストームは、スペースピープルのある仕事を任されていて、科学者ニコラ・テスラの生涯と、彼の発明がニューエイジで果たす役割についての物語である『Return of the Dove』という本を書いている。

この本のデータの多くは、1938年にテスラが発明した惑星間通信のためのラジオタイプの機械、テスラセットで受信した記録によってストーム夫人に提供されたものである。

テスラは1943年に亡くなったが、彼の技術者たちがテスラセットを作ったのは彼の死後であった。
1950年に運用が開始され、それ以来、テスラの技術者たちは宇宙船と緊密に連絡を取り合っている。

スペースピープルは、何度もテスラの技術者を訪ね、テスラは金星人で、1856年に赤ん坊としてこの惑星に連れてこられ、現在のユーゴスラビアの人里離れた山間部に住んでいたテスラ夫妻の元に、残されていったことを教えてくれた。

テスラとスペースピープルとの関係が…明らかになったのは1950年になってからである。


以下は、テスラの作品「惑星との会話」からの引用です。

人類に計り知れない結果をもたらす可能性のある何かを観察したことに気づいたとき、
私が初めて経験した感覚を,、決して忘れることはできません。
新しい知識の誕生や偉大な真実の、啓示に立ち会っているように感じました。


今でも、その時のことを鮮明に思い出すことができ、自分の装置が目の前にあるかのように見えることがあります。


最初の観測では、超自然的とまでは言えないが、何か神秘的なものが存在していたし、私は夜の研究室に一人でいたので、確かに怖かった。


しかし、その時はまだ、これらの妨害が知的に制御された信号であるという考えは私にはありませんでした。


私が気づいた変化は周期的に起こっており、その数と順序がはっきり示唆されていたため、当時私が知っていた原因にも対応することはできませんでした。


もちろん、私は太陽、オーロラ、地電流などの電気的乱れに精通しており、これらの変動がこれらの原因のいずれにも起因しないことは確かでした。


私の実験の性質上、一部の人が主張しているように、大気の乱れによって変化が生じる可能性はありませんでした。


その後しばらくして、私が観察した乱れは、知的なコントロールによるものかもしれないという考えが頭に浮かびました。


その意味を理解することはできませんでしたが、全くの偶然であるとは考えられませんでした。


ある惑星から別の惑星への挨拶を最初に聞いたのは、私だったのではないかという思いが、絶えず高まっています…


私は単なる幻影を見ただけでなく、偉大で深遠な真実を目にしたのです。


テスラの考えの別の例、彼自身の言葉で:

火星のような私たちの天の隣人と通信するなんて、人々は嘲笑するかもしれませんし、悪ふざけだとしか思わないかもしれません、
しかし私がコロラドスプリングズで最初の観察をして以来、真剣に取り組んできました。


当時、私の無線機以外に、半径数マイル以上の範囲で感知できるような妨害を発生させる無線機はありませんでした。
さらに、私が操作する条件は理想的であり、私は十分な訓練を受けていました。

記録された妨害信号の性質から、地球上のものである可能性はなく、また、太陽、月、金星の影響も排除しました。

私が発表したように、信号は数字の定期的な繰り返しで構成されており、その後の研究で、ちょうど地球に接近していた火星から発信されたものに違いないと、確信しました。(出典)


この考えは、昔から宗教の賢明な教えの中で謳われてきましたが、おそらく人間の間に平和と調和を保つための手段としてだけではなく、深く掘り下げられた真理としても謳われています。


仏教徒はある方法でそれを表現し、キリスト教徒は別の方法でそれを表現していますが、どちらも同じことを言っています:

私たちはすべて一つなのです– ニコラ・テスラ(出典)

https://www.collective-evolution.com/2021/01/12/declassified-fbi-document-mentions-nikola-teslas-contact-with-space-people/

*****************************************************************

上記の記事は、ニコラ・テスラが、初めて宇宙からの信号をキャッチした時のことで、彼はもっと宇宙のことを、よく知っていたようです。

宇宙のことを知りたければ、エネルギー、周波数、ヴァイブレーションについて、考えなさい

輪廻転生が本当にあるなら、日本にばかり転生しているわけでなく、世界のいろいろな国に転生しているように、地球だけに転生しているのではなく、いろいろな星に転生しているのかもしれません。

私たちは日本人だけど、あなたたちはそうではない。私たちは地球人だけど、あの人たちはそうではない。
といった偏狭な考え方ではなく、「みんな一つなんだよ」という、広量で寛大な考え方が、スゴイですよね。

天啓が降りてこない、もしくは降りてきてもなかなか気づかない凡人と違って、ニコラ・テスラは、頭の中にビジョンが浮かぶという天啓を受け方で、それを現実化させると、人類史上、地球上にない発明となるのが、彼の天才たるゆえんですね。

没後165年、そんなニコラ・テスラの技術を、自分たちの心身の健康や環境のために、役立てることができるなんて、私たちは幸せです。

★ご注文が殺到しているため、品切れ、もしくは品薄気味ですが、コロナ禍で、通常の輸送状況にないため
 すぐに補充できませんが、今週か来週初めには、一部入荷する予定です。
 入荷後にメルマガにてお知らせしますので、入荷に関するお問い合わせは、ご遠慮ください。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

コメントの入力は終了しました。