2019年07月18日

脳にダメージを与える4つの化学物質

clm_120501_16.jpg
日本では、高齢化だけではなく
若年性認知症も含み
認知症患者は、右肩上がりに増えています。

日ごろの、身近なものに、
その原因になるものが
あるそうです。


あなたの脳を傷つけている 4つの最も危険な化学物質


私たちの体や脳にダメージを与える可能性がある、4つの最も危険な化学物質は、人工甘味料、グルタミン酸ナトリウム、フッ化物(フッ素)、重金属です。

4chemicalDamageBrain和.jpg

 人工甘味料 



人工甘味料は、キャンディー、ソフトドリンク、ヨーグルト、シリアル、ガム、シュガーフリー製品など、あらゆるものに含まれています。
アスパルテームは、最近最も使われている人工甘味料です。
それはアスパラギン酸、メタノールとフェニルアラニンの組み合わせであり、ほぼすべての食品に使われています。

それが体内で溶解すると、ガンの発生につながる可能性がある化学反応を引き起こします。
不安、片頭痛、うつ病など、アスパルテーム中毒に関連するさまざまな症状は90を超え、避けるべき添加物です。
この人工甘味料から身を守るために、食品を買う時、商品の表示を、必ず読んでください。

 MSG(グルタミン酸ナトリウム) 



GSM.jpgグルタミン酸ナトリウム(味の素=調味料(アミノ酸等)は、風味増強剤として使用される濃縮塩の一種です。

グルタミン酸ナトリウムの、身体および脳への影響は非常に有害であり
アルツハイマー病 およびパーキンソン病に関連しています。
MSGを避けるためには、加工食品から離れることをお勧めします。

 重金属 



重金属は非常に有毒であり、体から容易に除去することはできません。
重金属は、特定の食品、ワクチン、歯科用製品、農産物、鶏肉、魚肉に含まれています。
この毒素は、新生児の免疫システムをかなり弱めるので、非常に有害です。


ロバート・ナッシュ博士によると、重金属水銀の毒性作用は様々な神経障害を引き起こし、脳を著しく損傷する可能性があります。
不必要なワクチン(インフルエンザ)を避けること

魚を選ぶ時、いつも注意してください。

 フッ素 



フッ素は有害ではないとされ、実際に虫歯の予防に有益であると、政府によって、水道水に加えられています。
(アメリカ、カナダ、オーストラリアなど)
しかし、最近の中国からの調査によると、フッ素は危険であり、新生児や子供のIQを低下させる可能性がわかっています。
この研究では、米国で水に添加されるフッ化物の許容限度さえも有害であり、精神障害と脳の損傷の関連を示しています。
https://www.the-wau.com/post/blog/these-are-the-4-the-most-dangerous-chemicals-which-are-damaging-your-brain/9107?fbclid=IwAR0EJbpeGqqG1D3lJTIiVEH8nERPYdeMnIV2RztemYngmZj73HWFV7_KUcA

 フッ素の危険性 



Dental-Fluorosis-Framed.jpgフッ素濃度を上げれば虫歯は減少しますが、それに伴い斑状歯は増加します。
このことが、フッ素濃度を1.0ppm以下で使用する国が多い理由です。
斑状歯は別名「歯腐れ病」とも言われ、進行すると審美的に大きな問題があります。
また虫歯になった斑状歯はエナメル質が弱いため、治療が困難で、抜歯を余儀なくされる場合も多いです。

骨の発育異常や骨折率の増加、ダウン症、ガン、老人性痴呆などの関連を指摘した論文も発表されています。

 現在のフッ素の扱い 


Fluoride-is-a-poison-it-destroys-your-pineal-gland-brain.jpgWHO(世界保健機構):1994年に「6歳以下の子供へのフッ素洗口は強く禁止する」という見解を出しています。
諸外国:スウェーデン、ドイツ、オランダなどではフッ素の使用を中止
フッ素予防の発祥地であるアメリカでも、1990年代半ばからフッ素の人体に対する毒性だけでなく、環境に及ぼす影響も含めて議論が起こり、大きく方向転換をし始めているそうです。

日本:現在、水道水にフッ素を添加しようとする意見が国内でも活発に議論されています。
それ以外にフッ素入り歯磨き剤、フッ素の錠剤、フッ素塗布、高濃度フッ素による洗口などが,挙げられます。http://www.euronica.co.jp/Topics/fusso.html

dementia将来.png
認知症高齢者の数は、2012年の時点で全国に約462万人と推計されており
約10年で1.5倍にも増える見通しだそうです。
2025年には、認知症を患う人の数が、700万人を超えるとの推計値が発表されています。
65歳以上の高齢者のうち、5人に1人が認知症になる計算だそうです。

高齢者だけでなく、若年性認知症も少なくなく、
また、認知症だけでなく、くも膜下出血や脳卒中などの脳血管疾患も増えているそうです。

日ごろ摂取している、こういった化学物質も、脳疾患の増加を手伝っているかもしれません。

人工甘味料の有害性については、以前の記事
食品添加物」「食品の成分をチェック」で、ご紹介しました。

また、MSG(グルタミン酸ナトリウム)は
外国人が敬遠するMSG」でご紹介しましたが
日本では「調味料(アミノ酸等)」の表示で
ほとんどの食品に使われています。

人工甘味料の、アスパルテーム、アセスルファムK、サッカリンNa、スクラロースなど、MSGの「調味料(アミノ酸等)」などの表示製品を極力避け、外食などでは、テスラ トラベル・プレートをあてて、有害性をトリートしてください。

テスラ製品の生産国オーストラリアでは、水道水のフッ素の懸念に、テスラ ウォーター・キットが活躍していますが
日本の場合、フッ素添加はまだない代わり、水道管の老朽化」によって、水道水に鉛などの重金属が溶け出している危険性があります。

テスラ ウォーター・キットは、濾過式浄水器では濾せない、顕微鏡レベルの重金属などの毒性もトリートして安全にしますので、お使いください。

また、マグロをよく食べる人は、体内の水銀レベルが高いというデータもあるそうです。
フッ素TP.png食べるものには、テスラ トラベル・プレート
テスラ 8角 大プレートのエネルギーを充分あててください。

歯磨きや洗口液には、虫歯予防にと、「フッ素配合」が宣伝されています。
WHOが「6歳以下の子供へのフッ素洗口は強く禁止」しても
日本では、乳幼児用の歯磨き粉や洗口液、錠剤にも「フッ素配合」があります。

極力避けるようにした上で、どうしても使わざる得ない危険性のありそうな製品には、テスラ トラベル・プレートや、
テスラ 8角 大プレートのエネルギーをあてて、毒性の記憶を消去してからお使いください。


そして、毎日必ず、テスラ トラベル・プレートや、テスラ 8角 大プレートで、背骨扇ぎをしてください。
体内に入ってしまった、化学物質の有害性をトリートします。
1人の時は、自分で前を、首から足の付け根まで扇いでください。

アマルガムから漏れる水銀を、トリートするやり方も、おすすめです。

日ごろから有害性のあるものを意識的に排除し、
テスラでトリートしながら生活することによって
脳へのダメージを与えないようにしましょう。





posted by minouche at 10:08| テスラ