2014年07月09日

ニコラ・テスラに学ぶこと

ニコラ・テスラは、お金のためでなく、
 世界にフリーエネルギーを、供したかった。  
 もしテスラのフリーエネルギーの恩恵に浴するなら
 我々は彼の科学だけでなく、
 彼の人間性を、模する必要がある。」

という、Sterling D. Allanの言葉があります。

ニコラ・テスラの人間性とは・・・




AC 交流電力を、発明した。



彼は、この技術を、世界に、タダで、提供しようとした。




誰かが、彼の特許を、無断使用しているのを、みつけると



「使わせておけばいい。きっと彼は良い仕事をするよ。」




ビジネスに失敗し、すべての従業員と仕事を失った人との、契約には



彼との契約を、破り捨てた。(彼の債務を解消した)




世界を支配しようとする勢力が、殺人光線を手に入れようとすると



その兵器を、破壊した。




X線から、レーダー、無線送信、交流電力など、あらゆるものを発明した。




誰からも賞賛されなくても、全く気にしなかった。




愛する鳩以外、一人ぼっちで、貧しいまま、亡くなった。




無知な、すべての人々を、許していた。


ニコラ・テスラは、文字どおり、現代の世界を発明し、
50年以上も前から、何も知らない私たちが、利便性を享受することを、許していた。
まさに、すべての賞賛に、値すべき人物であるが、
彼が求めていたことは、ただ、「世界を良くしたかった。」だけだった。


ニコラ・テスラの人物像を、垣間見る思いですが、いかがでしょう

彼は、欧州では、彼の発明に投資してくれる人がみつからず、
渡米時には、すべての荷物と財布を奪われ、渡米後も、研究より、土方仕事をせざるを得ず、
ウォーデンクリフ・タワーが破壊された後は、破産と、
お金には、かなり苦労したはずなのに、金銭欲が、全くと言ってよいほど、ない人ですね

ただただ、世界の人の暮らしが良くなることだけを、考えていたようです。

自己顕示欲も、名声欲もないため、電気=エジソン、無線=マルコーニの発明として、有名になってしまい
ニコラ・テスラは、無名の人となってしまったのは、歯がゆいですが、実に、寛大な人ですね。

競争社会で、勝ち組・負け組などと言ってる、日本社会に住んでいると、心洗われる思いです・・・。

日々、テスラ製品という、ニコラ・テスラの、フリーエネルギー製品の恩恵に浴しているので、
彼の人間性を、少しでも見習わなくてはいけないと、つくづく思いました。
posted by minouche at 15:07| Comment(0) | TrackBack(0) | ニコラ・テスラ
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/132295565

この記事へのトラックバック