電磁波が動物に及ぼす影響

petEMF.jpg
今や家族同様に扱われているペット
そんなペットたちも、
人間と同じ、もしくはそれ以上の
ストレスを受けているそうです。

ワイヤレス技術が 人、動物、ハチに及ぼす影響

elactrosmog.jpg「今日、自然の情報と、人間、動物、植物の機能システムは、無数の無線移動通信技術によって生み出された人工的な磁場、電場、電磁場の、これまでにない高密度エネルギーによって覆われています。

ミツバチや昆虫は消滅し、鳥は特定の地域を避け、渡りの向きを失います。
人間は機能障害や病気に苦しんでおり、既存の欠陥として次世代へと遺伝しています。」

動物は電磁波汚染なんて、知りません。 でもそれにより、病気になっています。
携帯電話、コードレス電話、携帯電話基地局は、犬、猫、馬、牛の健康にどんな影響を与えているでしょう?

私たちは毎日、不自然なテクノロジーで、自然を破壊しています。
例えば、植物や動物は、移動通信や関連技術の影響を受けて、静かに苦しんでいます。
自然界は。交流電流によって生成されるマイクロ波を処理することができません。

森林破壊は、CO2や酸性雨よりも、マイクロ波がはるかに関連しているのです。
deadwheel.jpg鳥や鯨は、本能が乱され、迷子になり、群れからはぐれて死んでゆきます。
絶えず繁殖していたさまざまな種の鳥が、絶滅の危機に瀕しています。

ここでは、主に猫、犬、鳥、牛、蜂、馬に及ぼす影響についてお話しましょう。
事例は、私たちが愛するペットに毎日何をしているのか、教えてくれます。
動物はマイクロ波が危険なことを知らなくても、その影響に苦しんでいます。

動物は、ヒステリーを起こしているわけでも仮病を使っているわけでもありません。
携帯電話などの副作用はまだ証明されていないと主張されていますが
動物はウソはつかないし、私たちの前で演技することもありません。
彼らはただ病気になり、死んでいってるのです。

 ミツバチから人々まで

bees-birds-and-mankind.jpgミツバチなど、昆虫は消滅し、鳥は特定の地域を避け、渡りの方向を失います。
人間は機能障害や病気に苦しんでおり、既存の欠陥として次世代へ遺伝的に引き継いでいます。

ザールランド大学の国際的に有名な科学者、Ulrich Warnke博士の最新の報告書「蜂、鳥、人類 – エレクトロスモッグ(電磁波汚染)による自然破壊」によると、
生物学者は、自然界の電磁気バランスを知っています。

科学者や医師、エンジニアによる新しいパンフレットで発表された彼の研究では、
生命の創造に自然界がどのように賢く、敏感に電場と磁場を利用したかを見せています。同様に、我々がいかに無責任にこの自然界のバランスを崩しているかも示しているのが印象的です。
自然が何百万年もの間に築いたものを、人間はたった数十年間で、携帯電話などで破壊しています。

「生命の基盤の破壊で、すでに多くの種を絶滅させてしまっています。この種の絶滅は、自分たちの生活に直接影響しなかったので、ほとんどの人は興味がありませんでした。

しかし、今動物が危険にさらされていることは、人間の生存も脅かされているということです。
自然界の電気、磁気、電磁界に頼って、地球の大気圏を通過する動物は、
より強い、常に変化する人工の電磁界によって混乱し、巣やなわばりに戻ることができません。

大部分の人々はこれを無視しますが、最も重要な昆虫にも影響を与えています。 それは、ミツバチ・・・

ミツバチは果物栽培のために欠かせない必須条件であり、ミツバチがいなければ、果物、野菜、農作物は作れなくなっていくでしょう」
einstein4bee.jpg「ハチが地球上から消えたら、人間は4年以上生きられない。ハチがいなくなると、授粉ができなくなり、植物も動物もいなくなり、そして人類もいなくなる。」 – アルバート・アインシュタイン

働きバチは、女王バチのいない死んだ子どものいる巣には戻らない。
この現象には、蜂群崩壊症候群(CCD)という名前がすでにあります。
スイス、米国、カナダ、ニュージーランド、オーストリア、ドイツ、南チロル、スペイン、ポーランドで、大規模なミツバチの失踪が報告されています。

オーストリア連邦農林水省は、
「低周波電磁界が、ミツバチに悪影響を及ぼす可能性があることを、科学的研究が示しています。
例えば、380kVの高圧送電線の直下に生成されている、約4キロボルト/メートルの強い電場では、ハチミツはあまり採れず、ハチの死亡率が高いです。」と述べています。

Ferdinand Ruzicka教授は、「複数の携帯電話基地局が養蜂場近くに建てられて以来、ミツバチのコロニーは携帯電話基地局の放射線に非常に弱く、様々な病気にかかりやすく、コロニー崩壊につながっている。」と言います。
ミツバチの死 – あるいはむしろ – ミツバチの巣の消滅 – の理由は、ますます増加するモバイル技術である可能性が非常に高いのです。

 獣医師が警報を鳴らす

スイスの獣医師であるChristian Métrauxは、コードレス電話や無線インターネット環境が、ペットへ及ぼす影響について報告しました。

dogemfpollution.jpg家の高い電磁波汚染は、デジタルコードレス電話や無線インターネットおよびコンピュータネットワーク(WLAN)によって生成されています。

コードレス電話機は、通話していない時も、受話器が電話機に置かれている時も、昼夜を問わず電磁波を放ち続けています。
Wi-Fiルーターは、オンになっている限り、インパルスを送信し続けます。

「問題は、実際の暴露量は、長期にわたる電磁放射線の蓄積よりも少ないのです。
これがメーカーが、実際の現在の症状と、この製品の購入時期との間には、何の因果関係もないと主張する理由です。
症状は気づかない内にかなり進んで深刻になり、そして突然苦しみ出します。」
高周波無線技術の長期被ばくのリスクは、未だほとんど知られていないか、またはトーンダウンしています。
以下の症例は、電磁波の高周波が、実際の原因であるか、または治療の障害になっていた例です。

 電磁波汚染は 動物を病気にする

ある犬は6ヶ月間、前足も後ろ足も不自由になりました。
無線電磁波による被ばくに対する典型的な鍼治療が施されました。
コードレス電話が取り外されると、足の不自由さは消えました。
鍼治療によって、治癒が促進しました。

しかし残念ながら、休暇で、デジタルコードレス電話のある家に行った時、犬が再発しました。
コードレス電話が除去された自宅に戻ってから3日後、犬の症状は消えました。
犬の飼い主は7年もの間、強い頭痛と、肘、肩、指の関節の痛みに苦しんでいました。

彼の治療にあたった医者は、変形性関節症のために自然療法を施しましたが、効果がありませんでした。
しかし、電話を取り外すと、この飼い主の苦しみは2カ月後には完全に消え、今は頭痛だけが残っています。

111animalemf.jpg治療の妨げとなる、無線電波の電磁波
ある馬は、右足首が原因の慢性歩行困難に苦しんでいました。
鍼治療は成功しても、一時的なものでした。

X線では変形性関節症は検出されず、同じ鍼治療を繰り返しましたが、
経験から、高周波電磁波にさらされていることが、わかりました。
家のデジタルコードレス電話が取り外されると、馬の症状は治療なしで、数日内に消えました。
それ以来、馬は再発していません。

馬のオーナーは、2年前からデジタルコードレス電話を使っていました。
購入から1年後に、右目下の上顎に激しい痛みを経験しました。
歯科医と眼科医に診てもらい、鍼灸とレンズの交換をしましたが、解消しませんでした。
しかしデジタルコードレス電話が取り除かれてから2日後、オーナーの耐え難い痛みは、完全に消えました。

電磁気無線周波数が 腺機能に害を与える
ある若い犬は、慢性の下痢と甲状腺疾患に苦しんでいました。
いろいろ治療しても、改善しませんでした。
家のコードレス電話が一時的に取り外されると、その犬は元気になりました。

ホルモン療法を中止した後、14ヶ月間に2度採血し、甲状腺が正常に機能していることが確認できました。
デジタルコードレス電話機は2度と接続されることなく、犬の下痢も、2度と起こることはありませんでした。

次の例のように、無線電磁周波数は、急激で突然の不快感も引き起こします。
ある馬の右の股関節には、急性の痛みを伴う腫れができました。
3週間の治療は効を成さず、馬は屠殺されることになりました。

最後の手段として、我々は所有者に家のデジタルコードレス電話を取り除いてもらい、
鍼治療で馬のエレクトロスモッグを解毒させました。
驚いたことに、馬は直ちに治ってしまったのです。一時的にではなく、完治です。
馬の股関節は今も正常に機能しており、品評会に参加しています!

あるモルモットは、後ろ足の急性麻痺に苦しんでいました。
まぎれもなく、家にはデジタルコードレス電話がありました。
鍼治療を施して電磁汚染を排出させると、直ちに改善がみられました。
飼い主がデジタルコードレス電話を古い固定電話に置き換えたので、この動物の症状が再発することはありませんでした。

無線電磁周波数が不治の皮膚と眼の疾患につながる

ある猫は外耳の皮膚疾患治療のために1年、動物病院に通っていました。
どんなに軟膏を塗っても、治療は成功しませんでした。
デジタルコードレス電話を取り外すと数日後、皮膚の傷が治り始め、猫は完全に回復しました。

もう一匹のかなり攻撃だった飼い猫は、それ以来、攻撃性がなくなりました。
この獣医師は、長年の経験から、
携帯電話基地局のアンテナを備えた牧場での牛の不可解な死からも
飼い主に何をすべきかアドバイスしています。

多くの人は、電話だけが「唯一」有害だと思っています。
「私の診察では、薬や鍼で動物を治療しますが、基本的に正確な診断を行い
病気の原因を突き止め、正確な治療ができるようにしています。
しかし、治療の一環として、症状の原因の迅速な除去が、最優先事項になります。」

https://mieuxprevenir.blogspot.com/2013/10/effects-of-wireless-technologies-on.htmlより

森林破壊も、種の絶滅も、ミツバチが消えるのも、ペットや家畜が謎の不調を起こすのも
今や地球をまるっと覆い尽くしている、目には見えない人工電磁汚染が原因だったのですね・・・

実際、一緒に暮らすペットと人間の死因が、ほぼ同じようになっているのですexclamation×2(グラフをクリックして拡大)
(引用:犬の病気・猫の病気大辞典)
右は、日本人の死因ワースト5ですが
死因ダントツ1位のガンは、人も犬も猫も共通・・・
2位の心臓病は、人も犬も同じで、猫にとっても心臓病は3位・・・
これは同じ環境で生活しているから、
同じような病気&死因になっているということでしょうかexclamation&question
昔の日本人の死因は、ガンが1位ではなかったのと同じで
犬猫も、こんなにガンは多くなかったのではないでしょうかexclamation&question

人間より体の小さいペットたちは、もっと見えない汚染の影響を受けているのでしょう。
ふだんは。あーでもない、こーでもないとワガママなペットも、
体がツライ時は誰にも頼らず、忍と耐え、自己治癒力だけで治そうとします。

大事な家族の一員である、もの言わぬペットのためにも
携帯電話やコードレス電話、Wi-Fiの電波が飛び交う環境には
テスラ オイスタープレート大
を、置いてください。
実際、病死が多発する牛舎に、オイスタープレート大を置いたところ、病気だった3頭の仔牛も治って命拾いしたというご報告をいただいています。
よく小鳥のさえずりが聞こえるようになったとか、カエルが鳴くようになったと報告されますが
オイスタープレート大を置いたことによって、イヤシロチになったので、自然界の生物たちも喜んでいるのでしょう。

また、新しくIH電磁調理器を買ってから、使うと飼い犬がそわそわし始め・・・ワンワン!吠え始め、制御しようとしても全く言うことを聞かない!
それから何度も調理器のスイッチを入れて確認すると、やっぱり同じ行動を取る!

30年以上犬と一緒に生活してきたけど、初めて。
という事例があるように
ワイヤレス技術だけでなく、IHや、電子レンジなどのマイクロ波も、動物たちは悪影響を感じています。

テスラ 電子スタビライザーをひとつ付けて
IHや電子レンジをはじめ、家じゅうの家電の有害な電磁波を処理
してください。
実際、攻撃的な犬は落ちつき、ムダ吠えが減り、ビクついてた猫も自然にふるまえるようになった等、ペットたちのストレスが減ります。

上の記事のように、鍼で、体内の電磁放射線(エレクトロスモッグ)を排出できる獣医さんがいれば良いのですが
人間と同じように、
テスラ トラベル・プレートや、テスラ ポケット・プレート
ペットの背骨を首から尾のあたりまで扇いであげると、体内の放射線を止められます。
けっこう気持ちよさそうに、おとなしくしてますので、しょっちゅうやってみてください。
また、痛みのある所には、ポケット・プレートをあて続けてください。
そして、超低周波から高周波、マイクロ波を発する携帯電話や、コードレス電話には、テスラ 電話タグを、必ず貼ってください。

もちろん、胸腺には、ペット用テスラペンダントを着けてあげてください。
テスラ 小型犬・猫用ペンダント
テスラ 中型犬用ペンダント
テスラ 大型犬用ペンダント
とあります。
体調を崩しにくくなっていきます。

馬には?と聞かれたことがありましたが、お馬さんには、テスラ ポケット・プレートを、おすすめしました。
老齢で皮膚に疾患がある大きいお馬さんだそうですが
虫除けのメッシュシートを着るので胸元にポケットを付けて、ポケット・プレートを入れたそうです。

「肌の調子が例年より良いです。
いつもならお腹の下から派手に地肌が見え発疹が出るのですが、今年はまだありません。
顔、耳の周りは毛が薄くなっていますが、発疹が出ていません。」とご報告いただいています。
もちろん、テスラ オイスタープレート大と、電子スタビライザーのある環境です。

ペットや家畜が病気にかかると、お金もバカにならないですし
物言わぬ動物たちに死なれると、後悔や罪悪感に苛まれることもあります。
日頃から、目には見えない汚染環境をケアし、ストレスを与えないようにしてあげてください。

ニコラ・テスラが発明した交流電流やマイクロ波などの電磁汚染は
ニコラ・テスラ技術によって、解消できます

1軒に1枚、どの家にも、テスラ オイスタープレート大があったら
人間だけでなく、動物も植物も、鳥も昆虫も、異常な死に方などせず、本来の自然な状態に戻り
地球も健康を取り戻せるなぁ・・・と妄想が膨らみます・・・(^^;)