2019年10月31日

8年半経って

Olympics.jpg2020東京オリンピックまで、あと9か月・・・

2011年の福島原発の影響なんて、もうないでしょうexclamation&question
と思っている方が、ほとんどのようですが
今も、「放射能五輪」と、医師たちが警鐘を鳴らすサイトがあります。

現状は、どうなのでしょう?
福島原発事故で 東京にも飛散 内部被曝を誘発する“謎の微小球体”

8年前に起きた 福島第一原発の事故の脅威は いまだに続いている。
事故直後から謎の微小粒子が 東北地方から 神奈川にかけての広範囲に 降り注いでいたことが分かったのだ
  2019年10月26日

体内に入ると重大な内部被曝を引き起こす可能性のある、“謎の微小球体”が 東北地方から 東京、神奈川にわたる 広範囲に落ちている。
2011年3月に大事故を起こした、福島第一原発から飛散した「セシウムボール」だ――。

放射線を発するセシウムボールの発見は、原発事故直後にさかのぼる。
気象庁気象研究所(茨城県つくば市)の主任研究官・足立光司氏が語る。

「事故から2日後の3月15日に採取した大気中のチリに、いつもと違う粒子が付着していたんです」

気象研究所では、大気中を漂う微小粒子から放射能を調べるモニタリングを50年以上前から行っている。事故直後には、首都圏にも多くの放射性物質が飛んでくると予測していた。

「放射性物質が塊となって大気を覆う『放射性プルーム』が、関東地方を通過したピークは3月15日と20日。
両日とも、多くの放射性物質が採取されると考えていました。
しかし採取したフィルターを見ると、それぞれの状態がまったく違った。
20日のフィルターは 色が真っ黒。
一方、15日のものは 色の変化がない代わりに、ツブツブの粒子が多数付いていたのです。
通常、ガス状のセシウムが飛んでくると フィルターは黒くなるため、15日のものは異様な感じを受けました」(足立氏)

足立氏は15日と20日では、付着した物質の性質が違うと考え、分析を始める。
フィルターを硝酸で煮だすと、20日のものはセシウムが溶けだしたが、15日のものは溶けずに残った。
本来、水溶性のセシウムを、酸で処理すると溶けるはずだ。

次にフィルターのツブを切り取り電子顕微鏡で調べると、直径1〜2マイクロメートル(1マイクロメートルは0.001mm)ほどの、見たことがない球状粒子が検出された。
これがセシウムボールだ。

「球状粒子(セシウムボール)の形状は丸っぽく、成分は鉄、ケイ素、亜鉛など。
大きさの違うものが、フィルター全体に100個ほど付着していました。
このような粒子がなぜデキたのか、特定されていません。
原子炉の爆発で核燃料から溶け出したセシウムが原子炉に含まれるケイ素などに吸着し、冷えて固まったのではないかと推測されています」(足立氏)

東京には2兆個が飛散


セシウムボールは、関東一円に飛散したことも分かっている。
東京理科大応用理学部応用化学科で講師を務める、阿部善成氏が話す。

「関東の5つの自治体(非公開)から3月15日の微小粒子がついたフィルターの提供を受けて、調べたところ、すべての地域からセシウムボールが見つかりました
微量ですが、放射能が半分になる半減期が、億年単位のウランも含まれていました

九州大学が行った調査によると、東京だけで原発事故後、2兆個のセシウムボールが降り注いだと推測される。

体内に入った場合の正確な影響は分かっていないが、内部被曝のリスクをともなう。
水に溶けないため肺に入ってしまうと、体から排出されづらいのだ(2マイクロメートルでも体内で溶けるのに35年ほどかかる)。
放射線医学総合研究所が事故直後の作業中に、大量被曝をした原発作業員7人を調べたところ、肺から高い放射能が検出された。
セシウムボールが留まっていた可能性が、高い。

長崎大学大学院水産・環境科学総合研究科の高辻俊宏教授が、警鐘を鳴らす。

「吸い込んで肺に入ったセシウムボールはタンと一緒に排出されることがある一方、留まってしまうものもある。
長期に渡って内部被曝することで、どんな健康被害が出るか調査を続ける必要があります」

広範囲に降り注いだセシウムボールの脅威は軽視できない。対策として、室内を常に清潔し、外出時にはマスクをつけるなど注意が必要だ。
写真:気象研究所・足立光司氏提供 https://friday.kodansha.co.jp/article/73988

チェルノブイリ法が もしも福島第一原発事故において適応されていたら

どの 地域が「強制避難・強制移住」「避難・移住の権利の保障」「汚染地域指定・健康モニタリング」の対象地域になっていたかの、判断に資する別添の資料が、『放射線被曝の争点: 福島原発事故の健康被害は無いのか』の共著者として知られる渡辺悦司氏より、この程寄せられました。

関東地方の汚染ぶりを図示した、地図は衝撃的です。

東京都に限定しても、移住の権利は、江戸川区、足立区、大田区の3区、
そして汚染管理は、新宿区、江東区の2区と調布市、八王子市、小平市の3市となっております。

国際オリンピック委員会は、対応を迫られることでしょう。
東京五輪返上を求める動きに、影響を与えることは確実と思われます。

村田光平(元駐スイス大使)

チェルノブイリ方式資料 山田国廣氏による外部被曝積算線量の算定

http://www.opensourcetruth.com/new-japan-radiation-map-supports-2020-olympics-honorable-retreat


福島沖のシロメバルから 自主基準超の放射性物質!
静岡産のアンズタケから150ベクレル、群馬の熊も500ベクレル


汚染水8回流出.jpg福島原発事故から8年が経過していますが、依然として基準値を超える放射性物質が、食品から検出されています。

福島沖では今月水揚げされたシロメバルから、セシウム137が、1キログラムあたり53ベクレル検出されています。

福島県沖で行われている試験的な漁で、今月水揚げされたシロメバルから県漁連の自主基準を超える放射性物質が検出され、県漁連は、今後の調査で自主基準を継続して下回ることが確認されるまで、出荷を自粛することにしています。


また、厚生労働省の食品検査でも、国の安全基準値(100ベクレル)を超える放射性物質を検出しています。

※ 基準値超過(10件)
静岡県産アンズタケCs:150 Bq/kg
群馬県産ツキノワグマ肉Cs:170 Bq/kg
群馬県産ツキノワグマ肉Cs:190 Bq/kg
群馬県産イノシシ肉Cs:130 Bq/kg
群馬県産ツキノワグマ肉Cs:160 Bq/kg
群馬県産ツキノワグマ肉Cs:110 Bq/kg
群馬県産イノシシ肉Cs:110 Bq/kg
群馬県産ツキノワグマ肉Cs:250 Bq/kg
群馬県産ツキノワグマ肉Cs:500 Bq/kg
宮城県産ツキノワグマ肉Cs:130 Bq/kg

東京電力福島原子力発電所事故を踏まえて
自治体等において行われている
食品中の放射性物質の検査結果について、
別添のとおり取りまとめましたので、公表します。

1 自治体の検査結果
北海道、札幌市、青森県、岩手県、宮城県、山形県
茨城県、宇都宮市、群馬県、埼玉県、さいたま市、
千葉市、東京都、文京区、神奈川県、横浜市、
新潟県、静岡県、浜松市、京都府、大阪市、松山市


福島原発事故によって、西は静岡県の山脈地帯、北は岩手北部付近まで放射性物質が飛び散っており、これらの検査結果からも、今も放射性物質が消えてないことが分かります。
https://johosokuhou.com/2019/10/28/20293/?fbclid=IwAR2zLLlL7vl1K5IjsrVKdV35oMM3QixIkURruR83GOlXyPxoZUBFW-T16aQ

右は、今年の、土壌セシウム地図です。
下は、セミの声を聞いた割合の地図ですが、一致してませんか動?.gif
東京でも、「そういえば、セミの声があまり聞こえない。
セミだけでなく、小鳥も減った・・・」と話してます。



SensibilityRadioactive.png「5Gリポート」で、5Gが稼働してから、その放射線で、昆虫や小鳥が姿を消したexclamation
という報告が、相次いでいることをご紹介しましたが
東日本では、5Gが稼働する前から、放射性物質の放射線で
小さな生き物から減っているようです。

セシウム137の半減期は、約30年、まだまだ放射線を、出し続けます。

「一日20分」や、「緑地とメンタルヘルス」で、自然に身に置くことを推奨してきましたが、マルゴシでは、ダメなのです。

免疫力を落とす放射線から身を守るために
免疫力を上げ、エネルギーを強化するテスラ・ペンダントを着け
放射線をストップさせる、テスラ トラベル・プレート(子どもは、テスラ ポケット・プレート)を持って、出かけて
いただきたいのです。

東日本でなくても、放射性物質の入った食品は、出回っているかもしれませんので、
食品や飲み物に、必ずテスラ トラベル・プレートや、テスラ 8角 大プレートのエネルギーをあててから、召し上がっていただきたいのです。(線量が下がる様子は、こちら

お出かけ先でのお食事には、テスラ トラベル・プレート、お家では、冷蔵庫に、テスラ 8角 大プレートを置いて、調理中に使いまわしてください。

そしてお家には、環境をトリートする、テスラ オイスタープレート大を、置いてください。
(線量が下がる様子は、こちら

豪州の放射能飛散事故では、テスラ製品を使った農家は、ますます健康になり、収穫量も増え、一方テスラを断った近隣の農家は、残念なことに、5年〜10年の間に次々にガンに見舞われ、亡くなっています。

体内に入ってしまったかもしれない放射性物質の、放射線をストップさせるために
毎日、テスラ トラベル・プレートや、テスラ 8角 大プレートで、背骨を扇いでください。
赤ちゃんや、小さな子どもも、扇いでください。
一人の場合は、自分で前を、首から股間まで扇ぎます。


放射線があると、チクチクピリピリ感じたりします。
毎日扇いでいると、そんな感覚がなくなっていきます。

「扇ぐと体が軽くなって、調子が良い。」と、仰る方が多いです。→ユーザーの声
有害なエネルギーを体から、扇ぎ出しているからです。

赤ちゃんや、小さなお子さまには、テスラ 子ども用ペンダント、10代には、テスラ 10代用ペンダント、ペットには、テスラ 小型犬・猫用ペンダントテスラ 大型犬用ペンダントテスラ 中型犬用ペンダントを着けることを、お忘れなく。

一度買えば、電気や水、ガスなどのコストもかからず、交換やメンテナンスも不要な、半永久的に使える、ニコラ・テスラのフリーエネルギー技術
ぜひ、なるべく早く、お使いください。

トータルケアできる、お得なセットは・・・




posted by minouche at 15:40| テスラ