2018年06月07日

まだまだ要注意!

raduation foods.jpg
先月の記事「放射能はもうない!?」で
タラの芽から
基準値超の放射能が検出されたことを、
お伝えしましたが
その後も、放射能が基準値超の、
身近な食材も、みつかっています。


新潟県の「コシアブラ」から基準値超のセシウム!魚沼市や湯沢町等で相次ぐ!高い線量の原因は


濾油.jpeg2018年5月9日に新潟県が発表した食品の放射能検査で、コシアブラから基準値を超える高い線量が検出されていたことが分かりました。
基準値を超えたのは湯沢町産と魚沼市産、南魚沼市産、津南町産となっています。
南魚沼市の舞子では170ベクレルと基準値の1.7倍に匹敵する高い数値で、県は基準値を超えた市町村に対し出荷及び食用の自粛を要請しました。

コシアブラは福島原発事故直後から高い数字が多かった食品の一つで、放射性物質を集めやすい性質があるのだと思われます。
今年で福島原発事故から7年が経過しましたが、依然としてコシアブラを始めとする一部の食品から基準値超えの放射性物質が相次いでいるところです。

4月13日に茨城県の水戸ドライブインひたちの里水戸インター店生産者直売所で販売されたコシアブラから350ベクレルの放射性セシウムが検出され、山形市産のコシアブラでも基準値を超える物が見つかっています。

いずれもセシウムの比率から福島原発事故が原因の汚染である可能性が高く、放射性物質を集めやすい食品は月日が経っても線量が下がらないことを示してると言えるでしょう。
キノコ類や山菜、海底に生息している魚介類などは線量が高い傾向が強いので、この辺りは食べる前に入念な確認をしておくことをオススメします。

魚沼市湯之谷 コシアブラ 140ベクレル
南魚沼市舞子 コシアブラ 170ベクレル
南魚沼市仙石 コシアブラ 130ベクレル
津南町下船渡 コシアブラ 100ベクレル
https://johosokuhou.com/2018/05/11/4697/

放射能汚染、タケノコやタラの芽で基準値超!宮城県産440Bp・群馬県200Bqなど


厚生労働省が発表した2018年5月11日の放射能検査報告で、基準値を大幅に超える食品が相次いで発見されたことが分かりました。

群馬県産の「タラの芽」からは基準超えが3件も発見され、一番汚染が酷い物で一キログラムあたり200ベクレル。特に汚染が多かったのは宮城県産の食品で、タケノコは4件で基準値超となっており、コシアブラに至っては一キログラムあたり440ベクレルと非常に高い値を検出していました。

厚生労働省 食品中の放射性物質の検査結果について(第1082報)
筍.jpeg※基準値超過(12件)
NO.3701   群馬県産タラの芽(Cs: 110 Bq/kg)
NO.3702   群馬県産タラの芽(Cs: 130 Bq/kg)
NO.3703   群馬県産タラの芽(Cs: 200 Bq/kg)
NO.5080   長野県産コシアブラ(Cs: 200 Bq/kg)
NO.5218   宮城県産コシアブラ(Cs: 440 Bq/kg)
NO.5219   宮城県産コシアブラ(Cs: 400 Bq/kg)
NO.5220   宮城県産コシアブラ(Cs: 390 Bq/kg)
NO.5243   宮城県産タケノコ(Cs: 130 Bq/kg)
NO.5244   宮城県産タケノコ(Cs: 160 Bq/kg)
NO.5249   宮城県産タケノコ(Cs: 120 Bq/kg)
NO.5251   宮城県産タケノコ(Cs: 170 Bq/kg)
NO.5326   山形県産コシアブラ(Cs: 130 Bq/kg)
NO.134    福島県産タラの芽(Cs: 110 Bq/kg)

他にも長野県産のコシアブラからも200ベクレル、山形県産のコシアブラでも130ベクレルの放射性物質が検出されています。
いずれも出荷停止になったようですが、事故から7年が経過しても汚染は無くなっていないことを示していると言えるでしょう。

逆に放射性物質を吸収しやすい食品に放射性物質が濃縮されている傾向も見られ、山菜やキノコ類などは特に警戒が必要な食品となっています。

尾花沢産コシアブラから基準値超える放射性物質

JAアグリ寒河江店で販売された尾花沢市産の自生のコシアブラから基準値を超える放射性物質が確認され、店はきのうから自主回収を行っています。
基準値を超える放射性物質が確認されたのは、JAアグリ寒河江店で今月7日に販売した尾花沢市で採取されたコシアブラです。
県によりますと厚生労働省が行った検査で、1キロ当たり100ベクレルの基準値を超える1キロ当たり120ベクレルの放射性物質が確認されたということです。
県では販売された45パックの自主回収を始めています。https://johosokuhou.com/2018/05/12/4772/

茨城や宮城などでセシウムの基準値超えが相次ぐ!山菜254パックを出荷、回収追い付かず・・・


福島第1原発事故 茨城の山菜から基準超セシウム 254パック出荷 /福島

福島市は16日、同市内の青果業者が仕入れた山菜のコシアブラから、
基準値(1キロ当たり100ベクレル)を超える同130ベクレルの放射性セシウムが検出されたと発表した。
既に同市内の青果店など県内5カ所に計254パックが出荷された。
青果業者は自主回収したが、回収できたのは24パック
だった。

山菜の基準値超えは他にもあり、山形県のJAさがえ西村山はJAアグリ寒河江店産直センター(寒河江市西根)で販売したコシアブラから120ベクレルを検出し、こちらも自主回収を行うことになりました。

また、厚生労働省がまとめた今月の食品放射能検査のデータでも、宮城県産のコシアブラから390ベクレルを検出しています。
宮城県産の基準値超えはかなり多く、タケノコから220ベクレル、タラの芽からも210ベクレルのセシウムが出ていました。
特筆するべき点は基準値の数倍というような高い数字が複数見つかっている部分で、宮城県の広い範囲にやや高めの線量地帯が残っているのだと推測されます。

食品別だとコシアブラやタラの芽のような山菜関連が断トツで、今も油断が出来ない食品だと言えるでしょう。

山菜「コシアブラ」自主回収についてのお詫びとお知らせ

コシアブラに基準超セシウム 尾花沢で収穫、寒河江の産直で販売

JAさがえ西村山は10日、JAアグリ寒河江店産直センター(寒河江市西根)で販売したコシアブラから国の基準値(1キロ当たり100ベクレル)を20ベクレル超える放射性セシウムが検出され、自主回収を始めたと発表した。

食品中の放射性物質の検査結果について(第1083報)
厚生労働省では、東京電力福島原子力発電所事故を踏まえて自治体等において行われている、食品中の放射性物質の検査結果について、別添のとおり取りまとめましたので、公表します

1 自治体の検査結果
札幌市、小樽市、青森県、盛岡市、宮城県、秋田県、山形県、茨城県、栃木県、宇都宮市、群馬県、埼玉県、川越市、千葉県、柏市、東京都、文京区、江東区、杉並区、神奈川県、横浜市、川崎市、新潟県、山梨県、長野県、静岡市、名古屋市、京都府、島根県、徳島県、香川県
※ 基準値超過(15件)
放射能基準値.png   NO.1541   宮城県産タケノコ(Cs: 220 Bq/kg)
NO.1542   宮城県産タケノコ(Cs: 200 Bq/kg)
NO.1543   宮城県産タケノコ(Cs: 200 Bq/kg)
NO.1545   宮城県産タケノコ(Cs: 200 Bq/kg)
NO.1579   宮城県産タラの芽(Cs: 210 Bq/kg)
NO.1580   宮城県産タラの芽(Cs: 130 Bq/kg)
NO.1581   宮城県産コシアブラ(Cs: 300 Bq/kg)
NO.1582   宮城県産コシアブラ(Cs: 390 Bq/kg)
NO.1583   宮城県産コシアブラ(Cs: 220 Bq/kg)
NO.1587   宮城県産タケノコ(Cs: 110 Bq/kg)
NO.2350   栃木県産イノシシ肉(Cs: 110 Bq/kg)
NO.5116   新潟県産コシアブラ(Cs: 170 Bq/kg)
NO.5117   新潟県産コシアブラ(Cs: 130 Bq/kg)
NO.5118   新潟県産コシアブラ(Cs: 140 Bq/kg)
NO.5121   新潟県産コシアブラ(Cs: 140 Bq/kg)

2 緊急時モニタリング又は福島県の検査結果
※ 基準値超過 (2件)
福島県産タラの芽(Cs: 140 Bq/kg)
福島県産タケノコ(Cs: 120 Bq/kg)
https://johosokuhou.com/2018/05/18/5069/

一方、今も福島原発事故後、放射能汚染に伴う輸入禁止を続けている国々があります。
アメリカ政府による放射能汚染に伴う輸入禁止の食品

米国輸入禁止食品.png
今年の3月20日にアメリカ政府による放射能汚染に伴う輸入禁止の食品が 一部改定になりました。

新たに宮城県と長野県のシカの肉が追加されました。栃木県のクリが除外されました。

また、赤色にぬった件およびリストのように多くの食品が放射能汚染の影響で、
輸入禁止が続いていることになり、お子様が小さいご家庭や妊活のご家庭は、
どの地域の何を食べて良いかはしっかりとした判断が必要になるのではないでしょうか。

放射能汚染対策としては、摂取量が多いお米と水は、可能な限り放射能汚染の少ないものを選び、
リストにあるように汚染されやすいきのこ、山菜、ジビエ、魚介類は産地が不明なモノ、
および東北と関東産は避ける方が賢明
と言えそうです。

https://news.whitefood.co.jp/news/information/8808/

中国や台湾は、米国より厳しい措置を取っているそうです。

山菜だけでなく、よく食卓に上るタケノコも、かなり高いのですねexclamation&questionがく〜(落胆した顔)
お米や野菜は、すべて検査されているのでしょうか 魚は

放射能の基準値超えが発見されても、回収し切れず、胃袋へと入っていくわけですね。
いくら、農薬や化学肥料や遺伝子組換えの心配のない、オーガニック野菜を選んで食べても
放射性物質があれば、内部被ばくしてしまいます。

検出器に検出されるのはセシウムだけですが、ヨウ素もストロンチウムもありえます。
特に、お腹の中の胎児は、大人の1000倍、放射性物質に弱いと言われています。


 食品は、食べる前に、必ずテスラ トラベル・プレートや、
 テスラ 8角 大プレートのエネルギーを、あててください。

 ニコラ・テスラのテクンロジーで
 放射線を出し続ける放射性物質を、安定させ、
 放射線をストップさせますexclamation×2

 ふだんは、テスラ トラベル・プレート
 よりパワフルなテスラ 8角 大プレート
 冷蔵庫に置いておいて、庫内の食品をトリートし
 買ってきてすぐに食べるものには、プレートを直接あててください。

 テスラ ポケット・プレートや、テスラ コンピュータ・プレート
 使っていない時は、食べるものにあてて、有効活用されると良いです。

線量が落ちるだけでなく、残留農薬や添加物の有害性もトリートし、そして鮮度が長持ちし、さらに美味しくなります
exclamation

福島原発の爆発から7年・・・
もう、体内に入ってしまっているかもしれない放射性物質は
テスラ トラベル・プレートで、毎日背骨を扇いでください。

背骨を扇ぐことで、全身にエネルギーが行き渡り、体内の放射性物質の放射線を止めます。

一人の場合は、自分で前を扇ぎます。
違和感がなくなっても、毎日扇ぐ習慣をつけてください。


この背骨扇ぎには、テスラ トラベル・プレートが、一番最適です。

もちろん、免疫力を上げ、解毒を促す、テスラ・ペンダントを、忘れないでくださいね。

先月の記事にもありましたように
「福島原発では今も大量の放射性物質が放出されており、依然として完全な閉鎖や凍結は出来ていません。
また、放射性物質の中でもプルトニウムやウランなどは、半減期が約2万4000年と長く、セシウムを含めて汚染地帯から放射性物質が無くなったわけではないです。
今後も数十年後も、同じような数字の高い食品が何度も出てくる可能性が高いと、予想されています。」

油断なさらず、どんな食品にも、必ずテスラプレートのエネルギーをあててから、召し上がるようにしてください。食事.png



posted by minouche at 12:42| Comment(0) | テスラ トラベルプレート
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。