2018年05月24日

バイオフォトン


最近「バイオフォトン(生体光子)」という文字を、
見かけるようになりました。

バイオフォトンって、なんでしょう?

人が発光しているのは本当だった!?
科学的な裏付けが進む生体発光現象「バイオフォトン」とは何か?
細胞同士が「光のエネルギー」でやり取りを行っていた驚きの事実。

チャクラやオーラなどを表現するとき、よく人体が発光しているようなイメージが用いられますが、
実は近年の研究により「生命体は発光している」という事実が明らかになっています。

biophoton1.jpgこの事実は人のみならず、その他の動植物においても同様であります。

また、驚くべきことに「光(研究では光子ともよく表現されています)」を用いて、
細胞同士が情報のやり取りを行っていること、生命体は「光の力を意識等によってコントロールすることが可能」であることも、既に事実として発表されています。

そこで、今回は世界中で研究が進められている光のエネルギー「バイオフォトン」について、
また、光エネルギーが植物以外においても有効に利用されている驚きの事実等も併せてお伝えしてまいります。

生体から放射される光「バイオフォトン」とは何か。驚きの事実が発表されていた。



biophoton-fingers.jpg様々な研究によって、人体がバイオフォトンと呼ばれる生体光子を放射していることは、一部の科学界では新たな常識となりつつあります。

このバイオフォトンとよばれる光のエネルギーですが、人の肉眼で感知することができるエネルギーよりも1000倍程度弱いことから、超微弱光子とも呼ばれています。

私たちの目で意識的に捉えることはなかなか難しいようですが、
この光の粒子自体は可視電磁スペクトルである380nm-780nmに含まれているため、性能の高い検知デバイス(高性能CCDカメラ等)を用いることで実際に検出することが可能です。

では、このバイオフォトンを私たちはどのように活用しているのでしょうか。


 細胞同士は「光」を使って交信し合っている


dna-photon.jpg生体がバイオフォトンを利用してコミュニケーションをとっているという事実は比較的以前より既に知られているところですが、
2010年には「生化学物質よりも数倍以上早い速度で処理されている」という事実も発表されています。

このような事実は植物、バクテリア、動物の体内にある様々な細胞中において実証されているところですが、2017年8月には、カルガリー大学に在籍するParisa Zarkeshian氏らが、ニューロンの軸索を取り巻くコーティングである髄鞘が、バイオフォトンを誘導する光ファイバーとしての役目を果たしているという事実を発見しています。

また、バイオフォトンを放射しているその源がDNAであることをフリッツ・アルバート・ポップ博士が既に証明しています。
同博士は、バイオフォトンがDNAより発生していること、また、レーザー光線のような性質を持っていることを証明されています。

同博士によると、各DNAは、数十億Hzの周波数で振動しており、振動はコイル状のDNAが収縮及び拡大を行う際に発生するとのこと。
なお、DNAが振動している周波数帯と、携帯電話やwiwi等で使用している周波数帯が非常に近いという事実は見逃せない点と言えます。

 バイオフォトンが消滅・破壊されることもある!?


microwave-2326231_960_720-1.pngバイオフォトンに関しては、見逃せない情報が2点あります。

1つはジョージフ・マーコラ博士が指摘している「電子レンジで加熱を行うとバイオフォトンが破壊される可能性がある」という点です。

2.45GHz帯の電波を照射されたラットの脳細胞において、DNAの鎖が切断される現象が散見された事実はご存じでしょうか。

この2.45GHzは電子レンジが放出するマイクロ波の周波数帯です。
また、wifiで使用されている周波数帯にも2.4GHzの帯域があります。

bottles-1868175_960_720-2.jpg電子レンジによって「水分子が高速振動する」のであれば、私たちの身体が「wifi等の電波によってゆるやかに振動し、バイオフォトンが破壊されている」可能性があるということも、併せて意識しておいた方がいいでしょう。

2つ目は、野菜などの作物を冷蔵庫に入れると「バイオフォトンが1日で消滅する」という点です。

冷蔵庫に入れなければ通常9日程度で消滅するバイオフォトンが、冷蔵庫に入れると1日で消滅するという事実が明らかになっています。

 テレパシーは超能力ではなく、人が持つ基本的な能力?


biophotons-1.jpg2014年頃、インド〜フランス間において、人の脳波を用いて「メッセージを伝播させる実験」が成功した事実はまだ記憶に新しいところですが、
以前にもテレパシーに関する実験は様々な方によって行われてきました。

過去にはワッカーマン氏やラディン氏の実験によって、隔離されている二者の間で「脳の活動に同期が発生する」ことや
「離れていても何らかのエネルギーによって情報交換等が行われている」という説が提示されてきましたが、
生体が発している光「バイオフォトン」の存在が明るみになってきたことにより、従来では説明することができなかった未知のエネルギーXの存在が明かされようとしているのかもしれません。

このような能力が、もし人に基本的に備わっているものだとすれば、
私たちはもっとこのような能力の活かし方を学び、様々な活動に活かす必要が今後は出てくるのかもしれません。

 バイオフォトンは意図によって制御することが可能


biophoton2.jpg最近の研究発表によると、とても暗いところで人が「光を強くイメージすると、バイオフォトンの放出量が著しく増加する」ことが判明しています。
また、意識を集中させることによって指先からの発光が強くなる事も、実験レベルにおいて証明されています。

これらの事実からは、バイオフォトンと呼ばれる光のエネルギーが細胞の代謝物として”ただ放出されているだけのものではない”という事が分かります。

また、バイオフォトンの明度が細胞の外側ではなく内側において、より高い傾向がみられることから「バイオフォトンは人間の内側である存在、
精神や心とより深く繋がっており、人体が放射するバイオフォトンは意図・イメージに沿って利用されている」のではないかとも、考えられているのです。

もし、このような仮説の通り、意図に沿って眼に見えない光のエネルギーが利用されているのであれば、「祈りによって数々の奇跡が起きること」や「意図やイメージによって世界に変化を与えることができる」という、一般的に眉唾だと考えられてしまうような事柄も、今後は確かな事実として広く認識されていくでしょう。

 生物は外界から光のエネルギーを取り込んでいる


459bc73d05522456c1b9838896edd7e8_s.jpg近年、太陽光の中に含まれる紫外線が皮膚、あるいは人体にとって有害であるとする考えが広まっていますが、
実は「植物以外の生物も太陽光を利用して、効率的にエネルギーを生産することが出来る」のだとすれば、どうでしょうか。

私たちはATP回路と呼ばれる機構を用いることで、自身に必要なエネルギーを生み出しています。
この回路を利用するために私たちは食物を摂取するわけですが、
動物レベルの実験においては「太陽光を利用することで高濃縮されたATPを生産することが可能」とする事実が明らかとなっています。http://macrobiotic-daisuki.jp/baiofoton-110504.htmlより

以前の記事「キルリアン写真」で、ご紹介しましたように
ニコラ・テスラは、もう100年以上前に、人間や動植物が発する光(電磁エネルギー=バイオフォトン)を、見せていました。

kirlian-photography-7-638.jpg


すべての生きとし生けるものは、電磁エネルギー・フィールドを、持っています。
人体は、「電気的側面」「メカニズム的側面」「化学的側面」の3つの側面からとらえることができ
ヴィルヘルム・ライヒ博士は、1950年代に、癌や関節炎は、人体の電磁エネルギーフィールドが、バランスを崩すことで引き起こされる、電気的な疾病であることを発見しました。
PhoneTagAuric.jpg
すべての生物が持つ電磁エネルギーフィールドは、純粋なフォトン/タキオンエネルギーで、オーラと呼ばれており、
私たちの体の「電気的側面」であり、私たちの五感では感じられず、臭いもしなければ、味わったり、触れることもできません。(テスラ マニュアルより)

これが、バイオフォトンのことです。

微弱な人体の電磁エネルギー(バイオフォトン)は、人工的な電気、電波やマイクロ波などの強烈な電磁波に、大きく乱されてしまいます。

テスラ製品は、宇宙から注がれている、生物に必要なフォトン/タキオン・エネルギーを集め、放射しています。

ですので、テスラ製品を使うと、エネルギーフィールド=バイオフォトンが、活発になるのですね。

 


このテスラ製品の集めるフォトン/タキオン・エネルギーが、人体の電気的側面(バイオフォトン)を強化し
有害なエネルギーを本来の自然なエネルギーに変換し、電磁波や化学物質、放射能などから悪影響を受けないようにします




 実際、豪州での放射性物質飛散事故では、テスラ オイスタープレート大で、
 被ばく者の健康を取り戻させた実績があります


 ステージ4のガンの患部に、テスラ トラベル・プレートをあて続けたところ、
 ガンが消えてしまったケースも、多くあります



 冷蔵庫に、
 テスラ トラベル・プレートや、
 テスラ 8角 大プレートを置いておくと、
 野菜や魚や肉などの鮮度が長持ちする
ことは、
 お使いの方は、ご実感されていますねexclamation&question

 テスラプレートが集め放射するフォトンエネルギーで、食品のバイオフォトンが強化されているからです。


写真は、テスラ トラベル・プレートの上に乗せたコップの水が、
フォトンによって光っている図ですが、
テスラ ウォーター・キットや、ミニ・ウォーターキットで、
水道水を、フォトンあふれる活きた水に換えることができます



 テスラ 電子スタビライザーをひとつ付ければ、
 電子レンジのマイクロ波による危害もなくなる
ことは、
 「実験! 電子レンジのリスク」で、
 ごらんに入れましたね。


 また、人間の持つ電磁エネルギー=バイオフォトンは、
 地球の周波数と同期しようとするので、
 同じ周波数になった者どうしで、テレパシー的な情報伝達ができるのかもしれない
と、言われています。

 テスラ・ペンダントは、着ける人のエネルギーを読み取り、
 上昇していく地球の周波数に同期するのを手伝ってくれます


img_aura_human.jpg
 テスラ製品は、自然界(宇宙)からのフォトンエネルギー=フリーエネルギーを取り込むので
 コストやメンテナンスも要らず、半永久的に作用します。

 また、ネガティブなエネルギーを持たないように設計され、
 ポジティブなエネルギーだけを照射しますので、
 妊婦や赤ちゃんにも、安心なのです。

 「体から光が出ている」とか「テレパシー」とかは、よく「怪しい」「オカルト」などと言われてきましたが
 ようやく現代の科学が追いついてきたということでしょうか。

 バイオフォトン=生体エネルギーを活性化し、心身ともに健康に過ごすために、
 ニコラ・テスラの技術 テスラ製品を、ご利用ください。


お得なセットは・・・
posted by minouche at 11:19| Comment(0) | テスラ 
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス: [必須入力]

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。