2018年01月10日

電子レンジについて知らなかった10のこと

レンジ.jpg
家庭はもちろん、
コンビニやスーパー、オフィスでも活躍している
便利な電子レンジ

でもその本当のリスクを知る人は、
少ないかもしれません。


私たちには知らされない マイクロ波の危険性

Southwest Museum of Engineering、Communication and Computation (SMECC)によると、米国家庭の95%以上が電子レンジを所有しているため、そのリスクを知らせることは「ほとんど不可能/かなり難しい」と見なされているからです。

もともと「Radaranges」として販売されている電子レンジは、電磁波を食品に通し、分子を刺激し、マイクロ波放射に反応して分子を励起して加熱させる技術を使用しています。

cooktrky.gifマイクロ波は、光速で移動する、電磁エネルギーです。
電子レンジ内のマグネトロンは、波状エネルギーを生成します。
この波状エネルギーは、分子の極性を、正から負に変換します。
この極性は、電子レンジで、毎秒何百万回も変化します。
これらのマイクロ波は食品分子に衝撃を与え、偏光分子を毎秒同じ周波数で何百万回も放射させます。

この摩擦は食品を加熱し、また「構造異性」、すなわち食品分子の構造的損傷を引き起こすのです。

生物学者で食品科学者のハンス・ヘルテル博士が率いるスイスの研究では、マイクロ波をあてた食品の影響が、確認されています。
8週間にわたり、コントロールされた環境で8人が生活し、ローフード(生の食物)、従来の調理済みの食べ物、およびマイクロ波をあてた食品を、間欠的に摂取しました。
各食事後に血液サンプルを試験したところ、マイクロ波をあてた食物の摂取は、血液学上、注目すべき変化を起こしていました。
ヘモグロビンが減少し、全白血球およびコレステロールが増加し。 そしてリンパ球は減少していたのです。

cooktrky1.gif「マイクロ波は、電子レンジの中を跳ね返り、食品に吸収されます 。
マイクロ波で高周波にさらされた食品の中で、水分子は急速回転し、分子摩擦を起こして食品を加熱します。
これにより、食品中の分子構造が変化し、結果として食品中の栄養成分が減少します。」
と、オステオパシー医師で、代替医療の提唱者であるジョゼフ・M・マーコーラ博士は述べています。

スイスの科学者ハンス・ヘルテルは、次のように述べています 。
「マイクロ波で加熱されるとき、水分子にの構造は引き離され、分子は強制的に変形され(構造異性と呼ばれます)、品質が低下します。
このような暴力的で破壊的なパワーに長期間耐えることができる有機系の原子、分子または細胞は存在せず、
ミリワットの低いエネルギーレンジでさえ無理です...」

milk-in-microwaveoven.jpgスタンフォード大学で行われた別の研究では、マイクロ波で温めた母乳について、調べられました。
トップ科学者の一人は、「母乳をマイクロ波で、低温であっても温めると、重要な免疫力を破壊してしまう!」と述べました。
他にも電子レンジで温めた母乳には、多くの問題ある変化があったと述べています。

1991年の初め、電子レンジで加熱された血液を輸血された患者が死亡し、オクラホマ病院は、訴訟されました。

ロシアでは、健康と福利に悪影響を与えるため、1976年に電子レンジが禁止されました。(その後経済優先政策のため解禁)

1)マイクロ波をあてたシリアルや穀物は、アミノ酸の一部が、発ガン物質に変換されている。

2)冷凍フルーツを、電子レンジで解凍すると、グルコシドおよびガラクトシド含有分が、発ガン性物質に変換される。

3)非常に短い時間。電子レンジに入れた、生、および調理済み、または冷凍の野菜は、植物のアルカロイドが、発ガン物質に変換されていた。

4)電子レンジ調理された食品を食べると、脳内の電気インパルスが「短絡」し、永続的な脳のダメージを引き起こす。

5)電子レンジを使った食事の長期にわたる摂取は、ガン細胞が、血液中で増加する原因となる。

6)電子レンジで調理された食物のすべてで、ミネラル、ビタミン、および栄養素が、減少または破壊され、人体にほとんどまたは全くメリットがない。

7)電子レンジ調理食品は、胃ガンや腸ガン(腫瘍)を成長させる。米国の結腸ガンの急増の説明がつく。

halmful-m-wave-oven.jpg8)電子レンジ内の放射線が、食品の分子を変形および破壊し、有害な放射性化合物を生み出す

9)電子レンジを使った食事の継続的な摂取は、リンパ腺および血清の変化を介して、免疫力の低下を引き起こす。

10)電子レンジを使った食事を食べていると、記憶力、集中力、知能の低下、そして情緒不安定を引き起こす

要するに、マイクロ波が、ガンや他の病気を引き起こすということです。
電子レンジは食物の栄養素を破壊し、私たちの体を弱体化させます。
最終的に私たちは、その有害性を、永久に取り除くことを考えなければなりません。

day9-2.jpg電子レンジの作動中に、覗き込んだり、近くにいないようにして、マイクロ波を浴びないように、気をつける人は多いですが
電子レンジを使った食品の危険性については、知っていましたか

事実、電子レンジで温めた水を冷まして、植物に水遣りし続けると、植物は枯れてしまいますがく〜(落胆した顔)

栄養価が落ちるだけでなく、その有害性を、思い知らされますねexclamation&question

2人に1人はガン」発症と言われる日本人。 電子レンジ調理も要注意ですexclamation×2


しかし、テスラ 電子スタビライザーをひとつ付ければ、そんな電子レンジの危険性も、中和されます。

ニコラ・テスラの技術で、電子スタビライザーが、マイクロ波による、分子の変形や破壊も防ぐからです。 もちろん、IHのマイクロ波もです。

実際、一つの鉢には、電子スタビライザーを付けて、電子レンジを使った水をやり続け、もうひとつの鉢には電子スタビライザーを付けずに、電子レンジを使った水をやり続けて実験しました。

電子スタビライザーを付けずに、電子レンジを使った水をやった方は、1週間もしない内に根元から枯れ始め電子スタビライザーを付けた電子レンジの水をやった方は、すくすく育って蕾をつけ始めましたかわいい

テスラ 電子スタビライザーは、電子レンジの電源コードに付ける必要はありません。

固定電話のように常に通電している電源コードにひとつ、付ければ、
同じ電気メーターの電気配線と、それにつながるすべての電気製品の有害性を処理するからです。

カオティックな電流を、コヒーレントにするので、電流のムダを失くなり、電気製品への負荷が減って長持ちするようになり、その上電気代も安くなりますexclamation

そして、水・ガス・電気も使わず、交換やメンテナンスも要らずに、半永久的に作用し続けますexclamation×2


解凍や温め、野菜の下茹でに、調理にと、何かと便利な電子レンジ
そのまま使わず、テスラ 電子スタビライザーを付けて、電磁波も食品の有害性も永久に取り除いて、利用しましょうウィンク.gifgood.gif

なお、電子スタビライザーを付けても、電磁波測定に変化はありません。
テスラ製品は、有害なものを除去するのではなく、その有害エネルギーを、ポジティブなエネルギーに変換させるからです。

テスラ 電子スタビライザーは、ご購入後3ヶ月間は、返品可能ですので、ぜひお試しください。(返品について
そして、電子レンジを使った、花の水遣り実験をしてみてください。

posted by minouche at 16:00| Comment(0) | テスラ 電子スタビライザー
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: