2016年01月14日

ニコラ・テスラの6つの予言

T11esla.jpg
ワレラがニコラ・テスラ
90年前、
1926年のインタビューで
6つの未来像を、述べています。

さて、今の私たちの生活を、
予見していたでしょうか


忘れられた天才 ニコラ・テスラの すばらしい6つの予言


ずいぶん長い間、この世界には、将来の予見と、技術革新が、はびこっている。
そして、先駆的な宇宙開発や、スマートフォン、マイクロソフトのHoloLensなど、すべてが現実になっている。
ビル・ゲイツは、Facebookの創設者のマーク・ザッカーバーグのように、今後数十年先のいくつかの技術を、予見している 。
しかし、私たちが今見ている未来は、ほぼ90年前に、当時の天才によって、予言されてた。
発明者で、電気・機械のエンジニア、物理学者、および未来学者の、ニコラ・テスラだ。

1926年1月30日、コリアー誌のインタビューで、テスラはいくつかの真剣なビジネスを話した。
彼は、時代を超えて、空飛ぶマシン、無線電力伝送、携帯電話、そしてそう、女性の優位性についても、予見していた。

1)テレビや携帯電話
TVtelephone.jpg
この発明の数年後、ニコラ・テスラは、いつか、無線技術は完璧になり、指先ひとつで、世界中に起きたことを聞いたり、見たりすることができるようになるだろう。と言った。
テスラは、とりわけ電力の無線伝送に興味が強く、それが最も重要な科学的実績であると信じていた。
彼はこう説明している:

無線が完全に活用されると、地球全体が、巨大な脳に変換され、実際にすべてのものが、現実の粒子で、リズミカルな全体です。
我々は、距離に関係なく、瞬時に互いに通信できるようになるでしょう。
テレビや電話を通じて、数千マイル離れていても、顔と顔をつき合わせているように、お互いを見て話すことができるようになるだけでなく、 機器は、現在の電話と比較して驚くほどシンプルになり、上着のポケットに入れて、持ち歩けるようになります

TeslaSmapho.jpg私たちは、大統領の就任イベント-、世界シリーズの試合、地震の大混乱や戦闘の恐怖を、まるでそこにいるかのように、目撃し、聞くことができるようになるでしょう。

電力の無線伝送が実用化されれば、革命的でしょう。
すでに映画は、短い距離では、無線送信されています。
その後、距離は無限となり、30年前のポイントシステムを介して電報を成功させたように、ワイヤを介して写真を送信されるようになります。
電力の無線伝送が一般的になると、蒸気機関車を電車と比べるみたいに、電線による送電は、粗野に思えるようになります。



2)現代の鉄道とフライングマシン

ニコラ・テスラは、革命的な鉄道や超高速の飛行機をイメージした。
彼はニューヨークからヨーロッパに数時間で到達すると予測。
まあ、今のところ、それは数時間以上のものだが。
しかし、我々は高速化に取り組んでいるので、テスラ博士、約束します!

Unbelievable flying car

Posted by YEGOB on 2015年9月29日
おそらく、無線エネルギーの最も貴重なアプリケーションは、燃料を運ぶ必要がなくなり、現在の飛行機や飛行船の制限から解放された、フライングマシンの推進力となります。
我々はニューヨークからヨーロッパに、数時間の搭乗で着くでしょう。
国境はなくなり、地球に棲む、様々な人種がひとつとなり、調和に向かっての、大きな一歩となるでしょう。


3)現代のWi-Fi、その他のワイヤレス駆動デバイス

テスラは、将来、無線電力伝送がなされ、次世代のマシンは、電力効率が進化すると、信じていた。

現在の無線受信装置は、はるかにシンプルなマシンが出るため、廃棄されます。
無数の送信機及び受信機は、干渉を受けることなく動作できるように、なります。
夜の間に新聞が自宅で、「ワイヤレス」に印刷されたり
熱やライト、および住まいのメカニカルな管理は、無線電力の恩恵で、今までの労働から解放されます。


4)遺伝学と人類の進化

多くのSF映画で見られるように、スクリーニングされ、セレクトされた、最強の種を、新しくスタートさせ、より強力な人種をもたらすようになる。
ダーウィンのサポートほど深刻ではないが、テスラは間違いなく、人類の完成に関するいくつかのポイントを作った。

今のところ、人間がこの理論を実践してはいないが、技術の進歩は確実に、21世紀のホモサピエンスが、疾患やその他の脅威から、より保護されるよう、 進化している。
しかし、生物的には、完成度が、まだ...。

女王蜂を中心とした、蜂のこの神秘的で見事に貢献する社会に対し、人間の類推の見通しは、つまずきます。
しかし、我々が、種の永続化のため、人間の本能が、通常と誇張とあまのじゃく状態で、生活を支配する方法を検討するとき、この本能は、女性の継続的な知的進歩で、最終的には蜂の社会のようにさせるという可能性が、皮肉な正義です。
しかし、このような簡単かつ科学的に命令されて文明への道に、民族の習慣や慣習を打破するためには、何世紀もかかりますが。

私たちは、米国でこれの始まりを見てきました。
優生学の教義は、わずか数十年前までは、その主張は法規違反だとされていたのが、今は大胆に擁護され、ウィスコンシン州では、法律によって、犯罪者は、断種され、結婚前の男性には、検査が義務付けられています。

古い男性は夢を見てきたし、若者たちは、時代の初めからの幻を見てきました。
今日の私たちは、ただ座って、科学者が発言権を持っているどうか、疑問に思うところです。


5)女性の優位性

ニコラ・テスラは、女性が力を持って、社会的に男性より優れることを、予測した。
女性が、自分自身を認識し、彼女らのために正しいことをすることを、想像した。

女性たちの男女平等に向けたこの闘争は、優れた女性の出現で、新しい性の秩序の中、終了します。
新しい女性は、単に表面的な現象で性の進歩を予想しているが、表面より奥深いところで、より強力に発酵が進んでいくのです。

それは、男性の肉体的な模倣ではなく、女性が最初は平等を、後に自分の優位性を主張しますが、しかしこれは、女性の知性の目覚めではありません。

数え切れないほどの世代を経た、原初からの、社会的従属から、女性が開放され
私たちが今知っている、男性に劣らぬ、女性性の恵まれた精神的な資質が、あたりまえになります



6)火山エネルギーの活用
geothermalplant.jpgテスラはまた、我々が火山を活用するだろうと、宣言した。
そして、そのとおり、私たちはやっている。
ここ数年の間で、科学者たちは勉強し、学ぶだけでなく、火山のパワーを活用しようとしてきた。
火山が生成する電力量は、小都市の6ヶ月分の電力を十分に供給するができる。
その当時は、火山の利用など非常識に聞こえたが、今は、これらの大地が持つパワーを利用できるよう、いくつかの進歩がある。


テスラは、技術の天才で、華麗な哲学者だった。
彼が直観的に見た予見を、今、われわれは、目のあたりにしている。


拙い訳で、恐縮ですが、90年前に、彼が今の世の中を、予見したとおりに、なっているものと、なりつつあるものが、ありますね。

送電、無線、灯り、パソコン、携帯電話、リモコンなどなど、ニコラ・テスラが、発明した技術が
世界中に普及し、今や、私たちの生活には、欠かせないものになっています。

女性の台頭も目ざましく、女性の企業家や、政治家、国家元首も、増えましたね。

フライングマシンは、UFOをイメージしてましたが、空飛ぶ車は、実用化されつつあるようです。

火山の活用=地熱発電も、実用化されてきています。

これから先、種の保存のために、女王を拝した、蜂のような社会になってゆくんでしょうか

NTpeace.jpg優生学的なことは、わかりませんが
差別のない、フェアな社会になってほしいですね。

残念ながら、ニコラ・テスラが、発明した
化石燃料で環境を汚さず、
生物や環境とも調和したフリーエネルギー電力の
無線伝送
だけは、未だ、実現できず
”粗野な、電線による送電”に、頼っています・・・

本当に、世界がひとつになって、
人類が地球と調和して暮らしてゆける時代が来るまで
やはりニコラ・テスラが残していってくれた技術、テスラ製品
自分や、周りの生物、そして環境(地球)をトリートしながら
テスラ博士が描く、輝かしい未来に向かっていきましょう
exclamationぴかぴか(新しい)


posted by minouche at 19:40| Comment(0) | ニコラ・テスラ
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: