2015年12月04日

家庭用燃料電池の健康被害

家庭用燃料電池で、健康被害が、起きているそうです。

「エネファームで健康被害」損害賠償求める  2015年11月30日

隣の家に設置された家庭用燃料電池「エネファーム」の低周波音で健康被害が出たとして、東京・練馬区の男性(51)が使用差し止めや損害賠償を求める裁判を起こした。

原告の会社員男性「頭が痛いし、耳鳴りになってしまうし、一家団らんとか休んだり子供の勉強みたり普通するが、(家に)帰るのが嫌になったりする」
訴状によると原告の男性は隣の家が設置したエネファームから出る低周波音で、不眠や耳鳴りの症状が出たという。
低周波音は、人の耳では聞き取りにくい100ヘルツ以下の低い音で、個人差があるものの、一部、健康被害を感じる人がいることが分かっている。

エネファームはガスを使って電気やお湯を作るシステムで、低周波音による被害の申し出が相次いだことから、先週、消費者事故調が調査を開始することを決めていた。
原告の男性は、隣人にエネファームの使用差し止めを求めるとともに、製造元のパナソニックなどにも150万円余りの損害賠償の支払いを求めている。

夜眠れないのは、本当にツライですよね・・・

<消費者事故調>給湯2種調査へ 熱電併給システム  2015年11月27日

消費者庁の消費者安全調査委員会(消費者事故調)は27日、発電時の熱を給湯などに利用する家庭用コージェネレーション(熱電併給)システムの「エネファーム」と「エコウィル」について、運転音や振動による健康被害の相談が寄せられているため、新たな調査対象に決めた。

事故調によると、2012年から先月末までに同庁に寄せられた相談件数は、エネファーム24件▽エコウィル5件▽不明3件−−で、不眠や頭痛、めまいなどの訴えがある。

発電に燃料電池を使うエネファームは、今年9月末までの累計販売台数が約14万3000台。ガスエンジンを使うエコウィルは、14年3月末時点の累計出荷台数が約13万8000台という。事故調は今後1年をめどに調査結果をまとめる予定。

夜、寝静まると、昼間は気づかなかった、さまざまな音が、聞こえてきますね。

自然界の音ならまだしも、人工的で、慢性的な低周波音には、耐えがたいものがあるでしょう。

エネファームやエコキュート、エコウィルなどの家庭用燃料電池は、急速に普及していると言います。

人間の体の反応を見てみる、キネシオロジーを試してみると
乾電池や携帯電話を手にしただけで
体に、力が入りにくくなります。
人体とは調和しないエネルギーが、出ているからです。

電気配線とそれにつながる電気機器、全てをトリートできる
テスラ 電子スタビライザーを、ひとつ付けてみると
蛍光灯がかすかに「ジーッ」と鳴っている音や
特に寝静まった頃、闇夜に轟く冷蔵庫のモーター音が
静かになっていることに、気がつくことでしょう。

同様に、家庭用燃料電池の低周波音も
小さくなっているはずです。

家庭用燃料電池のような、大型電池には、
テスラ コンピュータ・プレート
を、あてていただくと
より効果的です。


右図のように、キネシオロジーで、テストしていただくと
有害性が解消したかどうか、お確かめいただけます。

テスラ 電子スタビライザーも、テスラ コンピュータ・プレート
お使いいただいて、3ヶ月以内でしたら、返品・返金可能ですので
ご自身やご家族、近隣の人たちに、健康被害が出ないよう、
ニコラ・テスラのテクノロジーを、ぜひ、お試しください。


posted by minouche at 15:08| Comment(0) | テスラ 電子スタビライザー
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: