2015年12月17日

甲状腺のための放射線デトックス

11月30日開催されました、福島県県民健康調査の
第21回検討委員会で公表された資料によりますと
当時18歳以下だった子供を対象に行っている甲状腺検査の結果
2011年から今年9月30日までの間に
38万人中153人の子供が
甲状腺がんの悪性又は悪性疑いと診断されました。
https://www.taro-yamamoto.jp/national-diet/5470 より

これは福島だけでなく、カリフォルニアの子どもたちにも、およんでいることで
そのデトックス方法を、紹介している記事がありましたので、拙訳して、ご紹介します。

甲状腺のための 放射線デトックス
   ゼオライト ココナツオイル


福島原発災害は、広く世界に影響を及ぼしており、福島だけでなく、カリフォルニアでも、幼児の甲状腺機能低下症を、26%増加させています
放射線レベルが上昇する環境で、特に甲状腺の健康を維持するために、シンプルで自然な、ココナッツオイルとゼオライトをご紹介しましょう。

放射線と甲状腺の健康

甲状腺ホルモン.png甲状腺は、正確には、何をする器官でしょう?
なぜそれは、健康のために重要なのですか?
そして、放射線が甲状腺機能に、何をするのでしょうか?

甲状腺は、喉の位置に、蝶の形をした器官で、体が迅速にエネルギーを使用し、タンパク質を作り、また、他のホルモンに体の感度を制御します。
甲状腺は、T3及びT4ホルモンを生産し、体のシステムの多くの機能の成長および速度を調節します。
これらのボディ調節ホルモンは、ヨウ素で作られ、
福島の災害から放出された放射性ヨウ素131が体内に入ると、体はそれが健康的なヨウ素だと間違えて、血液中に吸収されます。
次いで、甲状腺に吸収されると、細胞を死滅させ、周囲組織に癌のような変異を引き起こします。

甲状腺疾患の主な原因は、放射線被ばく、特に放射性ヨウ素131です。

放射性ヨウ素の半減期は、8日で、米国の西海岸に到達した時点で、人間に危険をもたらさないはずですが、現実はそうなってはいないということです。
大人は影響を受けないかもしれないが、比較的低い放射線量でも、明らかに、幼児、子宮内の胎児の発達、特に非常に敏感な細胞に、影響を及ぼしています
ヨウ素を補うことは、放射性ヨウ素131の吸収をブロックするための、大きな助けとなります。
体に健康的なヨウ素がたくさんある場合、放射性ヨウ素131が体に入っても、吸収が減るからです。

ありがたいことに、体からの放射性毒素を排除するために、できることがあります。

ゼオライト:放射性粒子除去のチャンピオン

zeolite.jpgゼオライトは、セシウム137、ストロンチウム90とヨウ素131などの、放射性粒子を吸収することが、証明されています。
チェルノブイリでは、50万トンのゼオライトが、放射性粒子の拡散を阻止するために、原子炉に注入されました。
ゼオライトを、クッキーの中に入れて焼き、子どもたちの放射線吸収をブロックさせ
また、家畜のエサにも供給し、作物への広がりや、食物連鎖をストップさせました。

ゼオライトは、放射性物質だけでなく、体の中の水銀、鉛、カドミウム、ヒ素などの、重金属も吸収して取り除くことができ

pHバランスと自己治癒力のバランスのとれた状態に、体を復元します。

また、ゼオライトは、腫瘍が細胞を死滅させるため、癌細胞において自己破壊してしまう遺伝子を、活性化することも、注目されています。

驚くことに、ゼオライトは、必要な栄養素を取り除いてしまうことなく、有害な副作用を何も起こさずに、デトックスできるのです。
このため、純粋な液体ゼオライトは、米国FDAによって(一般に安全と認識される)、お墨付きを与えられています。

ココナッツオイル:現代の健康食のヒーロー

我々は、大豆油や植物油など、代謝を破壊する多価不飽和油を、毎日の主食として摂っています。

生理学者のレイ・ピート博士は、第二次世界大戦後、多価不飽和油が急増し、ホルモンに多くの変化をもたらしていると述べています。

「これら多価不飽和油の最大の効果は、甲状腺の機能への干渉があります。
不飽和油は、甲状腺ホルモンの分泌、循環系の働き、ホルモンへの組織の対応を、阻止します
甲状腺ホルモンが欠乏している場合、エストロゲンレベルの増加にさらされます。
甲状腺ホルモンは、「保護ホルモン」プロゲステロンおよびプレグネノロンを作るために不可欠なので
甲状腺の機能が妨害される時、これらのホルモンが低下します。
甲状腺ホルモンは、コレステロールを使用して排除するために必要なので、
甲状腺機能がブロックされると、コレステロールが、高くなっていきます。 」

これら長鎖脂肪酸は、体重増加を促進し、家畜を太らせるために、飼料に使用されています。
すぐに酸化し、腐る長鎖脂肪酸は、甲状腺機能を損ないます。

ココナツオイル.jpgココナッツオイルは、飽和脂肪です。
これは、体重減少及び代謝の増加を促進する、
中鎖脂肪酸、中鎖トリグリセリド(MCTは)とを含んでいます。

レイピート博士は述べています:

「・・・ココナッツオイルには、代謝を刺激することにより、体重増加を予防、または肥満を治療する、独特な能力があります。
それは酸化防止剤として機能し、すぐに代謝を促します
。」

ヒーリング・ジュース

greenJuice.jpg緑の野菜のジュースは、素晴らしい栄養だけでなく、素晴らしいデトックスをも提供し、最高に体に良いものの一つです。
生ジュースには、多くの利点があります。
それは、豊富なビタミンやミネラルのだけでなく、消化酵素も増加します。

ジュースにゼオライトを加えるのは、登山靴からランニングシューズに履き替えるようなもの。 その違いは、信じられないほどです。

The Tree of Life研究所のガブリエル・カズン博士が行った、55人の実験研究では、
グリーン・ジュースに、純粋な液体ゼオライトを最大量入れた場合、
1週間で、800の毒素の内、88%が削除されたことがわかりました。
これは、水銀、鉛、農薬、劣化ウラン、テフロンなど、さまざまな毒素が含まれています。
2週間継続した人は、体内のすべての毒素を、100%除去していました。

体外からのバリア 皮膚

ココナッツオイルとゼオライトを摂る他のやり方に、経皮吸収があります。
skin.jpgヒトの皮膚は、しっかりと織られた織物のようなもので、一見不浸透ですが、顕微鏡レベルでは、多孔質です。
3cm四方に、何千もの気孔があり、何千もの口として、皮膚に塗られたものを、血流やリンパ系に直接吸収します。
ニコチンパッチや避妊パッチについて考えてみると、皮膚が消化器系のバイパスとなって、体内に有効成分を伝達していることがわかります。

人体の最大の器官、皮膚は、
ココナッツオイルやゼオライトを、直接必要としている部分に送る、強力なポテンシャルがあります。
最近、カナダの会社が、ココナッツ・ゼオライトクリームというものを、販売しているのをみつけました。

口や皮膚を介して、ココナッツオイルやゼオライトを吸収することに、焦点を当てるべきです。
体から放射性粒子や重金属、他の毒性物質を除去するために、グリーンジュースにゼオライト
そして、お料理用の油やサラダオイルを、ココナッツオイルに交換することで、
放射線の莫大な影響から甲状腺を守り、健康を維持していきましょう。



前記事でもご紹介しましたように、当店では、
ニコラ・テスラの技術による、放射線の除去や、解毒、食品や水、環境の浄化など、テスラ製品をおすすめしております。

これは、副作用などのデメリットやリスクが、一切無い上、
実際に豪州での放射線被ばく事故で効力を発揮し、ユーザーの健康を守った実績がある
ので、安全性にも自信を持って、おすすめできるのですが
この記事がすすめている、ゼオライトや、ココナッツオイルに、小さな子どもにも、一切、デメリットやリスクがないのでしたら、併用してみるのも良いかもしれません。

放射線の健康被害に対して、「こうすれば万全exclamation」という方法を、人類は、まだ見出してはいないからです。
ご自分や家族、特に小さなお子さんの健康を守るために、できることは何でもしていただきたいので
ご参考までに、ご紹介しました。

まず、ベースとして、
解毒を促進し、免疫力を上げるために、テスラ・ペンダントをつけ
汚染された環境を、テスラ オイスタープレート大で、浄化し、
食品汚染は、テスラ トラベル・プレートでトリートし、
水道水汚染は、テスラ ウォーター・キットで、
そして、身の周りの電磁波・マイクロ波などは、テスラ 電子スタビライザー
テスラ 電話タグで処理して、体への負担を減らしてください。

 甲状腺に異常のある場合は、
 患部に、テスラ 電話タグ
 テスラ 施術者用プレート 小 
 あててみてください。


 そして、さらに、今回ご紹介した
 ゼオライトやココナッツオイルも、検討され、
 甲状腺異常が、重篤にならないよう、手を尽くしてください。


posted by minouche at 10:46| Comment(0) | テスラ 
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: