2015年11月13日

高層階居住でアレルギーや低体温になりやすい

タワマン.jpg以前の記事
高層階症候群」で
5階以上の、高層階に住むリスクをご紹介しましたが
最近
「本当は怖いタワマン
 高層階居住でアレルギーや低体温になりやすい」
という記事を、目にしました。

本当は怖いタワマン、高層階居住でアレルギーや低体温になりやすい

 
都内湾岸エリアなどで多く見られるタワーマンション。
環境が人体に与える影響を調査してきた逢坂文夫さん(C財団学術研究員)は6階以上に住むと女性の流産率が高まるという驚きの研究結果を発表。
しかし、この”高さ”が健康に与える影響は、流産率ばかりではないという。

タワマン低体温.jpgこちらの表を見てほしい。
これは各階ごとに幼稚園児の起床時の体温割合をまとめたものだが、36度未満の低体温児が、1〜2階居住児では全体の2割強なのに対し、10階以上では、3割強となっている。

「高層に住むことで、子どもが外に出なくなります。
外に出なくなるから身体を使った遊びをしない・できない。それで低体温になるのです」(逢坂さん)

低体温が、万病の元であることは、ご存じのとおりである。

さらには高層になればなるほど、アレルギー性疾患が増加するという調査結果も、次の表からわかる。

「コンクリート製で高気密のマンションは、換気に気をつけないとダニ、カビが発生しやすい。
つまり高気密住宅ほど、換気が必須となるのです。

ところが高層では、低層より風が強く吹くために、どうしても窓を閉め切りにする時間が長くなる。
高層居住は、アレルギー性疾患も増える傾向にあるのです」

逢坂さんの研究によれば、高層居住は子どもの数にも、影響を与えている。
“高層階ほど出生年齢が遅れる”“第1子出生期間も遅延する”という傾向があるほか、神経症にも影響しているという。

海外での発表をもとに、高層マンション問題を調査するジャーナリストたちのなかには、
高層住宅特有の“揺れ”を原因に挙げる人もいる。

逢坂文夫(おうさか・ふみお)さん ●1949年秋田県生まれ。’74年、北里大学大学院衛生学部修士課程を修了。東海大学医学部講師(基礎診療学系・公衆衛生学)在任中より徹底したフィールドワークを展開、’94年発表の『高層居住と健康─居住階数別の流産割合について』の論文で、各方面に大きな衝撃を与える。現在C財団学術研究員を務めている

日本の高層建築には、地震への対応が不可欠。
揺れないようにするよりも、わざと揺れやすくつくり、地震の力を分散する構造を取ることがある。
こうした構造のマンションでは、風などの影響で、住んでいる人は気がつきにくい微妙な揺れがあり、それが影響しているのではないかというのだ。

また、気圧差が問題視されることもある。
上空に行くほど気圧は下がり、100メートル上がるごとに、気圧は約10ヘクトパスカル低下する。

例えば、30階建ての高層ビルの場合、地上と10〜30階を比較すると、高低差は約40〜70メートルあり、地上との気圧差は約4〜7ヘクトパスカルになる。
これだけでも、少し耳が詰まる感じ(耳閉塞感)がしたり、耳痛などを引き起こす鼓膜膨隆がみられる。
気圧差が、身体に何らかの影響を与えているのではないかといわれている。

逢坂さんは高層マンションをつくる事業者に対し、次のように提言する。

「建物の高さの何が身体に影響するのか、あるいは高さの影響を少なくする暮らし方(軽減方法)について、デベロッパーとの共同研究を早急に提案したい。
高層住宅は本来、こうした健康面への影響も考えてつくるべきものだからです」

高層マンションを建てるなという意味ではない。
通勤可能な場所にあり、ショッピングに便利なエリアに集中する高層マンションは、私たちにも購入可能な物件が多い。

「どのぐらいの頻度で外出すればいいのかなど、具体的な指針を設けたり、あるいは中層階に運動スペースを設けるなど、打てる対策はあるはずです。
 高層住宅を否定するのではなく、健康的に共存できる暮らし方を見つけだすのが大切なのだと思います」
http://news.livedoor.com/article/detail/10795644/ 2015年11月5日 週刊女性PRIME


Menlo_tree.jpgタワーマンションに住む友人を、訪ねたところ、窓からの見晴らしの良い絶景に、見とれてしまいました目
しかし、確かに風がスゴイため、空気の入れ替えをする時しか、なかなか窓は開けないと言っていました。
そして、微妙に揺れているような気がするのですが、「慣れてしまったのか、あまり感じない」とのことです。
でも、観葉植物は、どれも元気に繁っていますし、家族も皆元気なので、安心しています。

そう・・・この友人宅では、テスラ L オイスターキットで、トータルケアしており
子どもも大人も、家族みんな、テスラ・ペンダントを、着けているのです。

オイスタープレート大が、高層ビルの外部からの電波・電磁波、空気汚染など処理し、
自然な環境に整えるので、植物も元気に育ち
鉄骨の建物自体が孕んだ電磁波を、電子スタビライザーが、処理してくれているので、空気がやわらかく
テスラ・ペンダントを着けたら
35℃台だった体温も、36℃台に上がり、風邪もあまり引かなくなったとのことです。

体温が1度あがると、免疫力は約5倍にアップすると言いますが
低体温症が解消しただけでなく、免疫力もアップしているからですexclamation


まさしく、「高層住宅を否定するのではなく、健康的に共存できる暮らし方」をしていると、思います。

本来の自然の状態に戻す働きのあるテスラ
高層階でも、生き生きとした快適な暮らしを、お試しになりませんか

posted by minouche at 12:26| Comment(0) | テスラ オイスタープレート
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: