2014年10月23日

iPhone 6 の電磁波


待望の、iPhone 6が、発売されましたね。
長蛇の列で、購入した人も多いとのこと

薄くって、とってもスタイリッシュですね

さて、電磁波の方は、どうなんでしょう

iPhone 6に関する記事がありましたので、
拙訳してご紹介します。



・・・・
携帯電話の発する、無線周波数エネルギー、非電離電磁放射は、電話と接触する体の部分の組織に、吸収される。」と、 国立ガン研究所は、述べている。

「携帯電話のユーザーが曝露される、無線周波数エネルギーの吸収量は、携帯電話の技術や、
携帯電話のアンテナと使用者の距離、使用のしかた、
および携帯電話基地局から、ユーザーの距離による。」


SAR(局所比吸収率 )値は、
無線周波数(RF)曝露を、吸収する速度を指し、
高周波エネルギーは、電磁放射の一つである。

無線周波数エネルギーが、生物に与える影響は、
電子レンジのように加熱することだけしか、わかっていない。
頭の同じ側で、50分、携帯電話を使用する人の、脳組織は
脳の反対側の組織より、グルコースを多く代謝する。

これが健康上どう影響するのか、不明であるにもかかわらず、SAR値の規制で、携帯電話を許容できるものとされている。

Appleのウェブサイト上のデータによると、
身体から5ミリメートル離して、携帯電話を維持した場合で
iPhone 6のSAR値は、1.18
iPhone 6プラスは、1.19である。


カリフォルニア大学バークレー校の、ジョエルM.モスコウィッツ博士は、
「ほとんどの携帯電話と同じように、新しいiPhoneの両モデルは、同時にマイクロ波放射を発する、
Wi-Fi、3G、4G、およびBluetoothなどの、複数の送信機能を持っている。

これらすべての送信機能がオンになると、
SAR値は、iPhone 6で、1.58、iPhone 6プラスでは、1.59である。
このSAR値は、法的限界レベルの、1.60に、極めて近い。

マイクロ波放射への曝露を減らすために、使用していない送信機能は、オフにした方がよい。」と言う。

曝露のリスクを最小限に抑えるために、iPhone 6を使っている人は、
電話と体を、最低5ミリメートル、離す必要がある。


連邦通信委員会(FCC)は、消費者が、自分の携帯電話を、メーカーが承認したホルダーに入れ、携帯電話本体からの最短距離を維持していることを、前提としている。

しかし、モスコウィッツは、「必ずしも、携帯電話ホルダーを使って、自分の体から、自分の携帯電話を離して持っているわけではない。」と指摘。



SARのテストでは、消費者が、最小距離が通知される限り、製造業者が、携帯電話と人体の分離距離を選択できると、している。

でもこの最小距離の情報を見つけることは、困難であるため、ほんのわずかな消費者が、メーカーが推奨する、自分の体と、携帯電話の最小分離を認識しているだけだ

したがって、ほとんどの消費者は、マイクロ波放射の曝露を、
法的限界以下に維持するための予防策について、知らない。」

2011年、世界保健機関(WHO)は、無線周波数放射の、
ヒトにおける発ガン性の可能性を宣言
した。
動物や細胞試料を使った、何百例もの研究で、低強度の携帯電話の放射線の
短期曝露から、ストレスタンパク質や小核、フリーラジカルの増加、
DNAの切断、および精子の損傷など、有害な生物学的影響
を発見した。

・・・・・

ガンの原因となるかどうかは、別にしても
AppleのiPhone 6のSAR値は、
充分に高いことに、変わりはない。

常に電話を、身体から少なくとも5ミリメートル離すのは、無理かもしれないが、ユーザーは可能な限り、メールとスピーカーフォンを利用して、できるだけ、密着使用を減らすことをおすすめする。





連邦通信委員会(FCC)は、すべての携帯電話のモデルの、比吸収率やSARのテストを、課しているが
これは実験室で、大柄な大人の男性をモデルにして、シミュレートして、測定されている。

今、多くの子供たちが、携帯電話を持っているが、子供の脳は、大人の脳の、倍の放射線を吸収する


さらに、実験室で測定された、SAR値には、放射線吸収の増加させる金属
例えば、歯科充填材、イヤリング、眼鏡フレームなど
を、反映した数値は、含まれていない。

携帯電話のSAR値が、法定制限を超えないようにするために、
消費者はポケットに、あるいは皮膚に直に、携帯電話を持ってはいけない。

携帯電話を身体の近くに持っていると、放射線吸収は、劇的に増加し、SARテストに、クりアできないため、身体に直接に携帯電話を持った場合のテストは、していないのだ。

SAR値、1キログラム当たり1.6ワットの、法的な制限を満たしていれば、安全であり、問題ないと、
米国連邦政策などが、国民に信じるように導いている。

しかし実験室の条件で、携帯電話からの最大のマイクロ波吸収を測定されたSAR値は、
自然条件の下で使い、累積していくマイクロ波曝露とは違う。

SAR制限値で、携帯電話の放射線の影響から、ユーザーを保護できるわけではない

携帯電話の放射線の短い曝露が、脳の活動を変化させ、血液系内に化学的毒素を発生させ、脳に浸透し、血液脳関門を開くことが、わかった。

携帯電話の使用の他のリスクには、男性不妊や、神経学的障害、例えば、認知機能、頭痛や偏頭痛、および注意欠陥/多動性障害などの健康被害がある

iPhone 6 SAR: 放射線レベルと人体との距離 
カリフォルにア大学バークレー校 ジョエルM.モスコウィッツ博士  より抜粋




iPhoneの注意書き ↓


iPhoneに限らず、
携帯電話は、直接耳にあてて、使うためには、できていないんですね・・・

もし、それで健康に問題が起きても、
「説明書にちゃんと、断り書きがしてある」と、言われるだけ

(いつもズボンの後ろポケットに、携帯を入れていて、腫瘍ができた男性→)


機種体との距離 SAR値
 iPhone3G 15mm 1.54 
 iPhone3GS 15mm 1.19 
 iPhone4s 10mm 1.19 
 iPhone5 10mm 1.25 
 iPhone6  5mm 1.18 
 iPhone6プラス  5mm 1.19 
Apple製品の高周波曝露情報を見ると、
やはり、iPhoneのSAR値は
他の携帯電話に比べても、高いようです。

体から離す距離は、少しずつ縮まっているようですが・・・

iPhoneなら、ステーキも、早く焼けそうですね 

そんなiPhoneにも、テスラ 電話タグを、貼れば、心配無用

iPhone3、iPhone4と、同様、右上と、左下に、テスラ 電話タグを、貼ってください。



このチタンでできた金属のタグが、3G、4G、Wi-Fi、Bluetooth等の、マイクロ波の無線周波数エネルギーを、ニコラ・テスラの技術で、人体とも調和する、無害なエネルギーに、換えてしまいます

他のスマホの場合は、マニュアルで確認して、それぞれのアンテナ位置に、電話タグを貼ってください。

お使いの方からは、「通話後に、耳のボワーっとするのがなくなった」「頭痛がしなくなった」「目が疲れにくい」「電波の入りが、良くなった」「電池持ちが、良くなった」などのお声が、上がっています。

携帯電話は、ONにしているだけで、持っている本人だけでなく、
周りにいる人たちにも、影響を及ぼしています。

特に、子どもや妊婦さん、電磁波過敏症の人などに配慮する、
マナーの点からも、きちんと、電磁波処理しましょう。

電磁放射線が累積していくと、花粉症のように、
ある日突然、電磁波過敏症になったりします。

リスクをしっかり処理して、最新テクノロジーを、楽しんでください

この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/132295581

この記事へのトラックバック