2020年02月28日

希望と忍耐

マスク通勤.jpg
新型コロナウィルスで、
イベントの中止や、施設の閉館
学校が休校になったり、
いよいよ仕事にも生活にも、
影響が出てきてきましたね。

まだ先行き不明な中、不安感が、広がっているようです。


イタリアの休校になった高校の校長の生徒たちへのメッセージ

17世紀のミラノを襲ったペスト感染の状況を語るマンゾーニの名著”許嫁(I Promessi Sposi)”を引用

87566512_10216072525781018_8200620833392033792_n.jpg 〜ヴォルタ高校の皆さんへ〜

”ドイツのアラマン族がミラノに持ち込む可能性があると健康省が恐れていたペスト。
それは、実際に持ち込まれ、イタリア中に蔓延し、人々を死に至らしめた…”

これは、1630年にミラノを襲ったペストの流行について書かれた”許嫁”の有名な第31章です。
みごとな先見性と良質な文章。ここに全てが書かれています。

外国人を危険と見なし、当局間は激しい衝突。
最初の感染者をヒステリックなまでに捜索し、専門家を軽視し、感染させた疑いのある者を狩り、デマに翻弄され、愚かな治療を試し、必需品を買い漁り、そして医療危機。


君たちもよく知っている通りの名前がいくつも登場するこの章は、マンゾーニの小説というより、まるで今日の新聞を読んでいるかのようです。

〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜

君たちには次のことを伝えたいと思います。

トイレットペーパー騒動.jpg冷静さを保ち、集団パニックに巻き込まれないでください。
基本的な対策(手洗いうがいなど)を怠らず日常生活を続けてください。

この機会を利用して散歩をしたり、良質な本を読んでください。

感染の広がりが速いのは、発展した文明の結果です。
それを止める壁がないことは、数世紀前も同様で、ただその速度が遅かっただけです。
このような危機における最大のリスクについては、マンゾーニ、そしてボッカッチョが、私たちに教えてくれています。

それは、人間が作る社会が毒され、市民生活が荒れること。
目に見えない敵に脅かされた時、人間の本能は、あたかもそこらじゅうに敵がいるかのように感じさせ、私たちと同じ人々までもを脅威とみなしてしまう危険があります。

14世紀と17世紀のペスト流行時とは異なり、現代の私たちには確実で進歩し続ける医学があります。
社会と人間性、私たちの最も貴重な資産であるこれらを守るために、文明的で合理的な思考をしましょう。もしそれができなければ、”ペスト”が勝利してしまうかもしれません。

では、学校で君たちを待っています。https://bonsenpai.com/coronavirus-in-italia0228?fbclid=IwAR0jpTPLnLdDd2pTHjEoBx8bno8NJvh1u7DlLga6tG2Hf7zmQLdOCBHwj_8

シンガポール首相のスピーチ


約2週間、私たちは新型コロナウイルスの拡散という状況に直面しています。
副首相による特別チームが、この状況に対する政府対応を主導してきました。
彼らは毎日新しい展開に取り組んでおり、あらゆる段階で情報提供するために、定期的な記者会見を開催しています。
今日、私はあなたたちに直接話し、我々がどういう状況か、そしてこれから先に何があるのかを説明したいと思います。
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜

最も重要なことは、我々はSARSを一度克服したことで、これからも問題も解決できるとを知っていることです。
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜

o0169040014530138827.jpgウイルスがすでにシンガポール国内で循環していることを示すので
昨日DORSCON(感染症警戒レベル)を(4段階のうち上から2番目の)オレンジに引き上げ、対策を強化している理由です。
学校で子供達がお互いに触れ合うイベントを減らしています。
病院へのアクセスを制限しはじめています。
大規模な公共イベントでは、特別な予防措置を講じています。
私自身も、昨日開催されるはずだった旧正月イベントを延期しました。
DORSCONをオレンジに引き上げたことは、以前にもあります。
それは2009年のH1N1豚インフルエンザのときです。

ですから、パニックになる必要はありません。
私たちは街中に厳戒令を発したり、国民が家のなかに留まることを強制していません。
物資は十分にあります。
昨日ニュースになっていたように、インスタントラーメンや缶詰、トイレットペーパーを買いに走る必要はありません。
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜

本当に問われていることは、私たちの社会結束力と心理的な耐性です。
恐怖と不安は、人間の自然な反応です。 私たちは誰でも、新しい未知の病気から、自分自身や家族を守りたいと思う
ものです。

85124256_10219984242729747_5932643853587709952_n.jpgしかし、恐怖は、ウイルス自体よりも大きな害を及ぼす可能性があります。
恐怖にかられると、オンラインで根拠のないデマを流したり、マスクや食料を買い占めたり、ウィルスの流行を特定の人々のせいにしたり、パニックに陥ったり、事態を悪化させたりする可能性があります。
このストレスフルな状況を、私たちは勇気を奮いおこして、一緒に見守っていく必要があります。


それは実際、多くの国民がすでにしていることです。
地域リーダーとチームNila(シンガポール国内のスポーツ団体)によるボランティアチームは、マスクを家庭に配布する活動を始めました。
大学生たちは、寮に隔離された同級生たちに、毎日食事を配膳しています。
医療従事者は、最前線にいます。彼らは病院や診療所で患者を治療し、回復する手助けをしています。
ビジネス連合や労働組合、公共交通機関の労働者は、サービス維持に努め、労働環境を整備し、シンガポールという国の運営を維持するために日々、努力しています。
それらは、私たち全員を支え、励ますインスピレーションです。  これが、私たち、シンガポールです。

新型コロナウイルスの流行に、団結して対峙していきましょう。
予防策を講じ、助け合い、落ち着いて、日常生活を続けていきましょう。
https://note.com/kanikana/n/n49894138904d?fbclid=IwAR1da9oAnSgFzcEJ5nHIwwGQwMTnCWPuMG-CXOHzDZ776eJ2NH8Ng553Jn8 

周りが、マスクがない、ティッシュがないと騒いでると、焦ってしまいますが
こんな時こそ、しっかり落ち着いて、パニックを起こさないようにしたいものですね。

日本と同じく台湾でも、1月後半からマスクの在庫不足が問題になっていましたが、優秀な政治家が、新型コロナウイルスに感染しやすいタクシー運転手やバス運転手にマスクが優先的に届くように求める情報を発信すると、フェイスブック上では、本当に必要な人にマスクを譲ろうという声があふれたそうです。

テスラ・ペンダントを着け、ふだんテスラ トラベル・プレートを持ち歩き
住まいもテスラでトリートされている人は
肉体的に免疫力がついているだけじゃなく、
精神的にも、ブレにくくなってて、デマに踊らされたりすることはない
と思いますが・・・。

札幌の雪まつりに行った人たちの感染が多いそうですが、武漢と同じように
雪まつりの時、5Gの実証実験をしていたので、免疫力が落ちて発症したという情報もあります。
5G対策の、テスラ オイスタープレート大も、ぜひ早く導入されることを、ご検討ください。

まだこれから先行き不安定で、どうなっていくかわからない世相ですが、
テスラのエネルギーにすっかり慣れた方は、
テスラ ハートセンダーで瞑想し、心身の落ち着きとバランスを保ってください。
脳と脳より知性の高いハートがつながりやすく、外界に揺さぶられることなく、重要な決断などしやすくなります。

テスラで、ヴァイブレーションを上げ、
ヴァイブレーションの低いコロナウィルスや不安感などを、寄せ付けないようにしましょう
exclamation手(グー)


最後に、癒し効果も高いと言われている
カザフ人アーティスト 
ディマシュ・クダイベルゲンの歌声をどうぞ。






posted by minouche at 10:47| テスラ