2018年11月01日

外国人が敬遠するMSG

noMSG3.jpg
訪日外国人が、増えて
TVでは、日本を絶賛する外国人を映す番組が多くなりましたね。

一方、
日本にいる外国人は、日本の食品の
こんなことに、気をつけています。

欧米では、MSG(グルタミン酸ナトリウム)が敬遠されていますが、以下のような経緯がありました。

中華料理店症候群


味精.jpg1968年に,中華料理を食べた人が,頭痛,歯痛,顔面の紅潮,頸部や腕の痺れ,動悸などの症状を訴え
Chinese restaurant syndrome として、権威ある医学雑誌であるLancetに掲載されました。

これは,中華料理に多く含まれる化学調味料の、グルタミン酸ナトリウム(MSG)が原因ではないかと疑われ
翌年には、動物実験で、視床下部などへの悪影響が指摘されたため、
世界保健機関などにより、1日の摂取許容量に制限がもうけられました。

グルタミン酸ナトリウムを使った調味料の1つが「味の素」で,うま味を出すための化学調味料として知られています。https://www.yodosha.co.jp/rnote/trivia/trivia_9784758115773.html

実際、MSG(グルタミン酸ナトリウム)の害には・・・

化学調味料が 偏頭痛・緑内障を引き起こす!?

化学調味料 昭和30年代〜40年代中ごろ、「化学調味料は頭を良くする」という風説を信じ込んでいる家庭が多かった。
高名な大学教授が言う「グルタミン酸は、脳が活動する時になくてはならない物質。だから、化学調味料(グルタミン酸ナトリウム)は脳に良い」というおかしな論理を、多くの日本人は真に受けてしまったのだった。

それから半世紀近く経った今日、化学調味料(グルタミン酸ナトリウム)は、あらゆる食品に添加されるようになった。
もはや「化学調味料で頭が良くなる」と思い込んでいる人はいないだろうが、
化学調味料が、健康に悪影響を与える可能性がある」ということが、知らされていないのも事実だ。

テレビでは化学調味料の毒性に関する報告を取り上げることは、タブーだし、
大手メディアなどで書こうものなら、広告部を通して猛烈な圧力が編集サイドにかかってくるのは常識。
どこの社の編集部も「化学調味料のことには触れないで」と言ってくる。
これでは、多くの人が知らずにいるのも無理はない。

アミノ酸の一つであるグルタミン酸は、通常の食事をしていれば体内で合成される非必須アミノ酸で、ヒトの生命維持活動には欠かせない物質である。
神経伝達物質として、脳への働きかけも行う。
また「うま味」の成分でもあり、グルタミン酸のナトリウム塩が、食品添加物の化学調味料(グルタミン酸ナトリウム)として利用されている。

trivia_9784758115773_icon.png多くの食品に添加されているグルタミン酸ナトリウムは、調味料(アミノ酸等)と表示されている

2006年、グルタミン酸ナトリウムは、米国国立医学図書館と米国国立衛生研究所が運営する健康情報サイト「The Medlineplus Medical Encyclopedia」において
偏頭痛を起こす物質(グルタミン酸ナトリウムを含む食品)」に指摘されている。

原因不明の偏頭痛に悩まされている若い人は、食品を購入するときは、その原材料表示に気をつけたほうがいいかもしれない。

「調味料(アミノ酸等)」との記載があれば、グルタミン酸ナトリウムが、まず間違いなく使われているからだ。

Closure-glaucoma.jpgグルタミン酸ナトリウムの過剰摂取は、眼への悪影響も懸念される。

2002年に弘前大学医学部の研究グループが「高濃度のグルタミン酸ナトリウムが緑内障の原因になる可能性がある」と、動物実験(ラット)の報告を発表した。
弘前大学医学部は緑内障の研究で知られているが、緑内障の患者に硝子体(水晶体の後ろにある眼球を満たしているゼリー状の物質)中のグルタミン酸レベルが上昇したことを発見したのが、この動物実験のきっかけであった。

半年かけて行われた動物実験の結果、研究グループは
「多量にグルタミン酸ナトリウムを含む食事を食べると、硝子体中のグルタミン酸濃度が高まり、網膜細胞が破壊されるかもしれない」

Closure-glaucoma1.jpgグルタミン酸ナトリウムの過剰摂取が、欧米の国々より日本で多くみられる、正常眼圧緑内障に関連しているかもしれない」と考察している。

緑内障は「眼の成人病」といわれ、日本最大の失明原因になっている。
40歳以上の約5%に発症し、潜在患者数は400万人とも推定されている。

グルタミン酸ナトリウムは、安値で手間をかけずに「うま味」をつけられる。
食品メーカーにとっては、たいへん便利な調味料だ。
スーパーやコンビニで売られている多くの食品にも、これが添加物として使われている。
日常生活から完全に排除することは難しいかもしれないが、なるべく「化学調味料無添加」のものを選ぶようにしたい。https://hbol.jp/13169

米国で売られる日本食品は・・・

米カップヌードル、脱 “味の素”


米国でもファンの多い「日清食品カップヌードル」が、1973年の現地発売以来、初めてレシピを大幅に変更し、話題となっている。

塩分の削減は、「チキン風味」など特に人気の3風味に関しては、従来の製品より20%以上削減、その他の風味については15%前後、削減する。
風味を強化する香料に関しては、化学合成した人工香料の使用を止め、ターメリックやパプリカ、ライムなど自然由来の香料を使用する。
MSGの添加は全面的に中止
ただし、トマトや唐辛子などの農産物に少量含まれる自然由来のMSGに関しては、その限りではない。
20181002-00010003-bfj-003-view.jpg
背景には、米消費者の自然志向、健康志向の高まりがある。

肥満や高血圧が死因の上位を占め、大きな社会問題となっている米国では、
政府や専門家が、糖分や塩分の摂取量を減らすよう口を酸っぱくして呼びかけている。

同時に米国では、農薬や化学肥料、遺伝子組み換え技術などを使わない有機食品が飛ぶように売れるなど
「できるだけ自然なものを食べたい」という消費者ニーズ
が、かつてなく高まっている。

ちなみに、同様の傾向は、EU諸国でも見られるなど、先進国共通の現象となりつつある。

アメリカ日清のアル・ムルタリ社長は、「お客様の声を聞いた結果、お客様は、従来の味を変えることなしに、塩分の低減、MSGの無添加、人工香料の不使用、の3つを商品に反映させることを望んでいることがわかった」と、レシピ変更の理由を説明している。

今回のレシピ変更で特に注目されるのが、MSGの使用中止だ。
MSGは、日本ではほとんど聞かない言葉だが、グルタミン酸ナトリウムを意味するmonosodium glutamateの略。
味の素のホームページによると、うま味調味料「味の素」の成分は、「グルタミン酸ナトリウム97.5%、イノシン酸ナトリウム1.25%、グアニル酸ナトリウム1.25%」。
つまり、MSGは、ほぼイコール「味の素」だ。

MSGは、日本では家庭用、業務用ともに幅広く使われているが、米国の消費者には評判が良くない。
食品安全行政を担当する食品医薬品局(FDA)は、食品に人工的に添加されるMSGに対し「安全」のお墨付きを与えている。
しかし、MSGを添加した食品を食べて、頭痛や吐き気など様々な症状を訴える例が多数、報告されているため、FDAは、MSGを添加した食品は、その旨をパッケージに明記するよう義務付けている。
こうした経緯から、米国では、米国に進出している日本の食品メーカーを含め、「MSG無添加」を強調する企業は多い。https://news.yahoo.co.jp/byline/inosehijiri/20160923-00062470/

そして、日本にいる外国人向けサイトには・・・

日本のMSG  -  どんな食品に含まれているか?  どのように見分けるか?


日本では、どのような食品に、MSGが含まれていますか?

MSGは、発酵過程の後、精製され、結晶化されて、日本の店舗で販売されている白い塩のような鉱物になります。「味の素」と呼ばれます。

日本は欧米諸国と比較して、食品中のMSGには、あまり関心がないようです。

ajinomoto-msg-in-japan-label-768x305.jpg日本で、食べ物を慎重に選び、MSGのような化学調味料の入った食品を排除するためには、食品の裏面にある成分表示を見てください。

「調味料(アミノ酸)」または「(アミノ酸等)」は、MSGや人工添加物が使用されているので、注意することが大切です。

日本の家庭で「味の素」の人気は減っていますが、MSGを含む商品は、多くあります。

MSGなどの添加物が使われている一般の食品は、以下の通りです:

ajinomotomsg-300x150.jpg コンビニ弁当や副菜
調味料(タレ、コンソメ、麺つゆ、醤油など)
インスタント食品(ラーメン、味噌汁、カレーなど)
ソーセージ、その他の魚介加工食品
スナック菓子
缶詰
レトルト食品や加工食品
冷凍食品

MSGや人工添加物を使用している食品は他にも多くありますが、表示を見ることで、選ぶべき商品か、見分けることができます。
https://healthytokyo.com/blog/msg-in-japan-what-foods-contain-it-how-do-i-know/

スーパーで、商品裏の日本語表示を、食い入るようにみつめている外国人をみかけますが、このようなことに気をつけていたのですね。

bucket-theory.gif香港だったか台北だったか、ラーメンのおつゆをすすった後、中華どんぶりをみると、底に白い粉が溜まってました。 MSGです。
厨房では、お玉で調味料を次々すくい、味精(MSG)もたっぷり、鍋に投入されるのを見たことがあります。

でも、乗務に出れば、防腐剤たっぷりの機内食に、外食でしたから、そんなことは気にしてられませんでした。
若い頃から長らく、そんな食生活をしてきたので、今はなるべく、人工添加物や残留農薬のない食品を選ぶようにしています。
添加物などの有害物質が体内に溜まっていけば、いずれ許容量(バケツ)を超えた時、症状が出て、病気に至るからです。

アミノ酸等.jpgしかし、世界一の食品添加物大国ニッポン
お買い物時に、食品の成分をチェックされていると、おわかりになるように
自然食料品店以外、コンビニやスーパー、デパ地下、一般食料品店では、
ほとんどの商品に、「調味料(アミノ酸等)」が入っていますexclamation

ひとつひとつの商品のMSGの添加量は、安全基準内であっても
誰が、「1日の摂取許容量を制限」してくれるのでしょう

no-msg-sign.jpgまた海外では、「No MSG(化学調味料使っていません)」と表示されたレストランを選ぶことができますが、日本では、自然食レストラン以外では、みつけられません。もうやだ〜(悲しい顔)

食べた後、いつまでも舌に貼り付いたようなねっとりとした感じが取れないといった経験をしたことはありませんか
あの不快感が、天然由来ではない、MSGです。

こういった、「日常生活から完全に排除することは難しい」化学物質には
ニコラ・テスラの技術で、有害なエネルギーを、本来の自然な状態に戻し
人体に無害で調和するエネルギーに換える、テスラ製品
を、ご利用ください。

食品や、食事に、テスラ トラベル・プレートや、 テスラ 8角 大プレートをあてます。

野菜の本来の味、食材本来の味が、よみがえります。

トラベル・プレートより大きくて、パワフルな、テスラ 8角 大プレートは、
冷蔵庫だけでなく、食品庫の食品にも、あててください。


プレートのエネルギーをじっくりあてられなかった外食などの後には、
胃や、お尻の下に、トラベル・プレートをあてましょう。

そして毎日、体内に入った化学物質が悪さをしないよう
テスラ トラベル・プレートや、 テスラ 8角 大プレート
背骨を扇ぎます。

ひとりの場合は、自分で、前を扇ぎます。

もちろん、デトックス効果もある、テスラ・ペンダントは、常に着けていてください

おかげで、胃や腸の弱い私や家族も、体調を崩すことがなくなりましたexclamation手(チョキ)

P1850579.jpgMSGで緑内障、スマホやPCのブルーライトで黄斑変性症と、眼へのリスクが高いようですが
自分の身は、自分で守ることを、考えましょう。

日本で売られているカップヌードルには、今も、MSG=調味料(アミノ酸等)が入っています。
消費者が、声を上げていないからです

日本でも、「自然志向、健康志向」の食品が買えるように、
お近くのスーパーのご意見箱に、「もっと化学調味料無添加の商品を増やしてください。」とか
「もっと、有機食品を置くようにしてください。」など、ひとりひとりが、声を上げていくことが、大切ですね。



posted by minouche at 09:50| テスラ トラベルプレート