2018年09月13日

ビデオご紹介

teslas_logo.gif
皆様にご好評のテスラ製品

メーカーの新しいビデオを、ご紹介しましょう。




テスラのテクノロジー 何を 何のために 



セルビア生まれのアメリカ人科学者 ニコラ・テスラ
私たちが今日使っている交流電力や、無線、蛍光灯、マイクロ波、リモコン、X線、レーダー、テスラタービン、ロータリーエンジン等発明し、「20世紀を発明した男」と言われました。

1895年 テスラとウェスティンハウスは、世界初の発電所を稼動させ、交流電力を生み出しました。
ニコラ・テスラの、人類の肉体労働からの解放のための発明に、
我々は多大な恩恵をこうむっていますが、
ニコラ・テスラ自身は、自分の発明が引き起こす副作用を、鋭敏に察知していました。

1896年までに、テスラはフリーエネルギーの定義を明確にし、
これと、この他の珍しいエネルギーを、
アルバート・アインシュタインの研究の統一場理論へ、統合したのです。

「すべての人が、どこでもフリーエネルギーを使えるようにするべきだ。」
「電力はどこにでも無限にあり、世界中の機械を、石炭や石油ガスなど使わず機械を動かすことができる。」
と、副作用のない安全なフリーエネルギー電力を、世界中に無線送信するタワーを建設しましたが
破壊され、実現することができませんでした。

しかしニコラ・テスラには、交流電力と、それに続く自分の革新的な発明に、責任がありました。

彼の驚異的な周波数への理解は、テスラの発明が原因であった、電磁放射線の生物学的影響を打ち消すために必要な共鳴を作り出しました。
テスラはすべてのものの振動の問題を調べ、すべての事柄が自然な周波数を持っていることを発見したのです。

1943年に死去する直前に、テスラはこの研究を書いたノートを、
若い米国の物理学者ラルフ・バーグストレサーに委ねました。
バーグストレサーは、特定の金属や結晶材料の原子構造を変える方法を発見しました。
この研究から、フェライトアンテナと同様の方法で、
エネルギーのトランシーバとして機能する一連の製品が登場しました。

ニコラ・テスラは、間違いなく、世界で最も偉大な科学者であり、発明者であり、
彼の名前を尊敬と賞賛を以って、社名に取り入れました。

1990年代、オリジナルのエネルギー(パープルプレート)をアップデートする必要がありました。(1980年代まで一定だった地球の周波数が、上昇し始めたため)

1998年に、チタンをベースにした新世代の技術を開発し、新たな進化を遂げました。

テスラ製品を使う医療従事者やヒーラーが世界中に増えていることは、
チタン製品によるエネルギーの更新が、ニコラ・テスラの期待に応えているという証です。

これらの製品は、磁力や電力など、コストを必要とせず、費用対効果が高いのが特徴です。

電磁波や電磁放射線、ジオパシック・ストレスダウジングキネシオロジー、有害なエネルギー、癒しのエネルギーについて、詳細は、テスラコンサルタントに、おたずねください。

日本でもずいぶん広まっているテスラ製品、口コミで知った人は
「これはいったい、どんな技術なのexclamation&question」と、その効果に驚きます。

ニコラ・テスラの技術ゆえ、カンタンに理解することはできませんが、
ニコラ・テスラゆえ、彼の発明による副産物である電磁波を
安全に解消できるのです。

晩年、ニコラ・テスラは、よくホテルの窓から、稲妻を眺めていたと言いますが
地球の持つ、雷などの自然な電気を、フリーエネルギーとして利用できていたら
災害の度に。停電などに悩まされることもなかったですし
日本人も2人に1人はガンになったりは、していなかったでしょう。

テスラ製品は、電気の電磁波だけでなく、超高周波電磁波である放射能やジオパシック・ストレス、PM2.5やシックハウス、農薬や添加物などの化学物質による有害エネルギーも、本来の自然なエネルギーに戻すことで、癒しのエネルギーに換えます

そして、前回の記事でご紹介したような、地球を襲う太陽風による影響も
調和とバランスを取り戻させる働きをします。

人類は、空気も土も海、川も、ずいぶん汚してしまいましたが
母なる地球が健康を取り戻してこそ、私たちも健康になれるのでしょう。

日本にも、テスラ製品ユーザーが増えて、ニコラ・テスラさんも
草葉の陰で(←日本的!)喜んでいますね。ウィンク.gif



posted by minouche at 08:46| テスラ