2018年01月31日

雄性不稔

雄性不稔.jpg
「雄性不稔(ゆうせいふねん)」
って、聞いたこと、ありますか?

耳慣れない言葉ですが、
私たちの身の周りで起きている
知っておくべきことのようです。

食卓の野菜に潜む人類滅亡の危機  精子減少の原因は雄性不稔


今時のスーパーとか、八百屋に並んでいる野菜は
みごとなまでに色や形が均一です。
それが普通になってるけど、考えてみればスゴいことです。
なんでこんなことができるの?

そこには多くの人が知らない秘密があった。
野菜の種に、その秘密が隠されてる。

農家は、畑に種をまいて野菜を作り、そこから種をとって次の野菜を作る。
普通の人はそう考えるでしょう。 昔はそうでした。

でも、今は違う。

WS20180104AZC21AGAG000639.jpg今は、農家は種の専門会社から、毎年種を買ってます。
その種から野菜を育てて収穫し、
できた野菜から種は採れるけど、使わないで捨てる。
つまり、一回こっきりで毎年、種を買ってるのです。

そんなことしたらコストが高くつくのでは?
そう思うがそうじゃない。
実はそうした方が、生産性が高まって利益が出るのです。

WS20180104AZC21AGAG000641.jpgそれをF1種、日本語だと一代雑種と呼びます。
その意味は、違う品種を掛け合わして雑種にした一代目という意味です。
孫の代(二代目以降)は使わない。

例えば、丸い実の品種(紫)とシワシワ品種(緑)をかけあわせて雑種を作る場合。
学校で学ぶ、良く知られたメンデルの法則です。
次の世代の子供の代には、全部丸い実(紫)になって特徴が揃う。

WS20180104AZC21AGAG000642.jpgでも、その次の孫の代、二代目以降には丸い実(紫)とシワシワの実(緑)の、両方が出てきてしまう。
特徴が揃わない
だから農家は雑種一代目を毎年企業から買って、二代目以降は捨てている。
これがF1種です。

で、この種を作る過程に問題があるのでした。
種を作るには、当たり前ですが、受粉という工程があります。
オシベとメシベをくっ付ける作業です。

受粉するには、近くの同じ品種同士で受粉する場合もあるし、風やハチに運ばれて遠くで受粉するパターンもある。

WS20180104AZC21AGAG000643.jpgでも種会社は、決まった品種と決まった品種をかけ合わせて雑種を作りたい。
だから同じ品種間で受粉されると困る。
だから、手作業で、受粉しないように、花からオシベを摘み取ってます。
これが除雄という作業です。(雄:オスを取り除く)

除雄作業をすれば、同じ品種同士が、勝手な受粉をすることがなくなる。
でもこれをやると、ものすごい手間と人件費がかかるのです。

WS20180104AZC21AGAG000644.jpgそこで、アメリカの玉ねぎ畑の中に、特殊な花が見つかりました。
雄性不稔の花です。
雄性とはオスと言う意味です。
不稔は育たたないという意味です。

つまり、オシベが育たない花ということです。
奇形で正常じゃない

でも、これは元々オシベがないので除雄の手間がはぶける。
それで雄性不稔の玉ねぎが、どんどん広がったのでした。

これが近年、どんどん研究されていって
近い将来、市場に出回る野菜は、すべて雄性不稔になると言われています。

今の法律で、野菜に雄性不稔と明記しろとは書かれていない
今のまま、こういう野菜を食べてって、大丈夫なの?

WS20180104AZC21AGAG000645.jpg知っての通りアメリカでは、
養蜂場からミツバチが突然消えるというニュースが出ました。
現在でも、その原因が特定できない。

消えてしまったミツバチの行動範囲の中に、この雄性不稔の野菜の畑があった

ハチは、畑からもって帰った花粉と蜜で、次世代の女王バチやオスバチを育ててる。

そこに雄性不稔の作物が混ざっていたので、オスバチから繁殖能力が失われ、次の世代に命を繋げなくなったのではないか? という説が出てきてます。

我々人間は、そういう野菜を食べている。

人類の精子数の統計データが、1940年代からあって、
1940年代は、1ミリリットルあたり1億5千万でした。

今は半分以下になっている。
年々減り続けてます。

雄性不稔の玉ねぎが市場に売り出されたのは、1944年で時期がかなり一致してます。

データ上、雄性不稔の野菜が市場に出回った以降に、精子が急激に減り続けてるのです。

では、雄性不稔の野菜を避ければ良いじゃないか?

いやいや、それも現代では無理になってきてます。
なぜなら例えば砂糖の8割は甜菜(テンサイ)からとってる。
テンサイは世界的に既に雄性不稔になってる。

そして、大豆、小麦。
世界的に雄性不稔になってきてます


このままでは人類の未来はどうなってしまうのだろう?

草食系男子が増えているのは必然だった!なんと20代男性の精子が40代男性の半分に!?精子、日本の未来を守れ!

20代男性の精子は、40代男性の半分というデータが!!
全国の成人男性300人の精子を調べたところ、1mlあたりの平均精子数が20代では4600万個、40代では8400万個だったという結果が。どうやらここ10年で全体的に減ってきているとのことなんです。

若者の精子減少が深刻化、親世代の半分か

sperm-count-and-sperm-motility.jpg日本では10組に1組のカップルが、不妊症だといわれています。
不妊症は世界的に増加傾向にあり、その大きな原因のひとつに男性の精子減少が挙げられています。
過去50年の間に精子が半減したとイギリスでショッキングな報告があった1990年代後半から各国で問題視され、精子濃度、精液量ともに著しく減少しているとの調査結果も世界共通です。

日本でも精子減少は著しく、2006年5月には読売新聞が「精子の数、日本最下位『日欧共同研究 フィンランドの6割』」と題して、我が国の状況を報じています。

祖母や、祖祖母の時代では、5人・6人兄弟は、珍しくなかったのに、今や、子どものできないカップルが、珍しくはありませんね。

日本に出回っている野菜は、ほとんどが「F1種」ということは、聞いてましたが、
実態は、奇形で正常ではない野菜を、食べていたのですね・・・がく〜(落胆した顔)exclamation

精子の数を減らしたり、奇形にして、男性不妊にしているのは、
ここ20年〜30年の間に増えた、電波・電磁波の影響が大きいと言いますが、
それだけではなく、雄性のない野菜を食べているのも、原因なのかもしれません


といっても、今さら雄性不稔の野菜は、避けて通れません。

そこで、ニコラ・テスラの技術で、本来の自然のバランスの取れた状態に戻す働きで、遺伝子組み換えも修復してしまう、テスラプレートを、ご利用いただきたいのです。

雄性不稔の野菜にも、テスラ 8角 大プレートや、テスラ トラベル・プレートのエネルギーを、充分にあててください。

野菜を買って帰って、すぐ調理する場合は、買ったらトラベル・プレートをあてながら、持って帰ってきます。

農薬や添加物だけでなく、雄性不稔の野菜も、本来のナチュラルな状態に戻して食べた方が、健康的ですよねexclamation&question

外食する時も、ポケットから、トラベル・プレートを出して、食事にあてながら、食べてください。


本来の自然の状態に戻ったか、測定できるわけではありませんが
テスラプレート使用前と、使用後に、キネシオロジーで、ご自分の体の反応を、確かめてみてください。
何より、野菜本来の美味しさが、味わえるようになります。


日頃からまめに、食品をテスラでトリートして、自分の健康は、自分で守りましょうexclamation×2




posted by minouche at 14:30| Comment(0) | テスラ トラベルプレート
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。