2018年01月24日

スマートメーターのリスク

SmartMeterIllust.200png.png
普及しつつあるスマートメーター

検針の手間がなくなって、便利な機器ですが
そのリスクについても
知っておきましょうexclamation


新たな電磁波恐怖の台頭「スマートメーター」

SmartMeter2.jpgスマートメーターをご存知でしょうか?

スマートメーターとは、測定した電力消費量をリアルタイムで無線送信でき、電力会社がリモートでサービスの接続・切断、電力供給量の制御などができるシステムです。

日本では、よく検針員がユーザー宅に訪問する検針作業を行っていますが、それがデジタル管理され、さらにプラスアルファのコントロールシステムとなった次世代機器といえます。

アメリカでは積極導入を目指しており、電力契約ユーザー宅に5000万台近くが設置され、今後も広げて行く計画です。日本でも電力自由化に向けて、スマートメーターの設置がようやく本格化してきているようです。

ところが! 2011年5月、世界保健機関(WHO)は、このスマートメーターの電磁波送受信による無線放射に、発ガン性の可能性があることを認めました

実際、スマートメーターを設置された住人からは、
病気、不眠症、発疹、頭痛がレポートされており、
放射線の健康への悪影響が原因で、既に多くの人々が家を離れているそうです。

さらに、30台以上のスマートメーターが1つの電気室に設置されているマンションでは、
その危険性はさらに高くなります。

サルフォード博士とデイビス博士の研究は大規模なものですが、
このような高レベルの電磁放射では、まだ長期にわたる健康調査は行われていません。

can-cell-phones-cause-brain-cancer-we-asked-the-experts-640x0.jpgLAにあるシダーズシナイメディカルセンターの脳神経外科キースブラック博士は、PBSインタビューで
「WHOの指摘する電磁放射を、2B発癌性物質と分類する」とコメントしました。

❝ 私たちはまだ小児については十分な研究を行っていません。
 子どもの頭蓋骨ははるかに薄いです…
 そして、小児の脳に入る放射線量は、大人よりはるかに高いのです…

 だから私たちは子供たちがスマホやタブレットを使う方法を、
 慎重に考えなくてはなりません。
 この狂気の現実を、私たちの健康と将来の世代の健康のために、
 終わらせましょう ❞
SmartMeter1.jpgと健康被害の最大の懸念と警告を発しています。

今は家庭でも当たり前のようにあり、公共の場のどこにでも設置されてきているWifiや
誰もが当たり前のように使っているスマホ。
そして今後、拡大を目指しているスマートメーターの存在。

特に都会で暮らしている子ども達(もちろん大人も)は、
恐ろしい量の、危険な電波放射を、浴び続けて生活していることを、認識している人は、ほぼ皆無でしょう。

この電磁波まみれの住環境になっていったのは、まだここ10年くらいです。
これからどのような健康問題となっていくのか、まだ誰も知る由がありません。



日本でも、スマートメーターによる健康被害が、報告されています。
不眠症、頭痛、耳鳴り、疲労感、認知障害、知覚異常、めまいなど、心当たりはありませんか?
このような健康被害の出るスマートメーターを使用しない国や地域もあります。
しかし日本では、2023年〜2024年までに、設置予定です。

もう交換してしまった、スマートメーターには
テスラ コンピュータ・プレートを、貼ってください。

無線を発明した天才、ニコラ・テスラの技術が、
その電磁波のリスクを、無害化
してくれます。

携帯電話に、携帯電話基地局、Wi-Fi、スマートメーターと、
10年前、20年前にはなかった、電磁波汚染が、拡がっています。

今何でもなくても、花粉症のように、ある日突然、症状が出るようになりうるのです。
大人の男性より女性、大人の女性より子どもに、影響が早く出ます。

症状が出てからではなく、リスクを抑えるために、
スマートメーターには、テスラ コンピュータ・プレート
携帯電話には、テスラ 電話タグ
電気製品や電気配線の電磁波には、テスラ 電子スタビライザー
携帯電話基地局やWi-Fiなどの電波には、テスラ オイスタープレート大
を置いて
電磁波汚染を、クリーンにしてください。

そして、電磁波によって、体の抵抗力、免疫力を落とさないために、テスラ・ペンダントを、おつけください。
10歳未満の子ども用や、10代用のペンダント
も、ご用意しております。

ご自身と、大切な人の健康を、ぜひ守ってください。



お得なセットは・・・
posted by minouche at 14:45| テスラ