2019年04月24日

一日20分


新緑の美しい、心地よい季節になりました。

ゴールデンウィークは、海や山、森など、自然環境で過ごす方も多いことでしょう。

新年度から始まった、新しい環境や生活に、少し疲れを覚えてきたら
自然の中で、ストレスが解消できるそうです。

1日20分 自然の中で過ごすだけで ストレスホルモンが減少


科学誌「フロンティア・イン・サイコロジー」に掲載された科学者たちによると
少なくとも20分間、自然の中に身を置くと、ストレスホルモンレベルが低下すると言う。

walkNature.jpg研究者たちは、都市部に住む 36人に、少なくとも10分間、週に3回、自然と触れるよう、依頼した。
参加者たちは、これを合計 8週間続けた。
自然と触れる場所については、参加者たちの自由意志に任された。

実施中に4回、参加者たちからは、唾液のサンプルを集めた。
人の唾液には、コルチゾールというストレスホルモンが含まれており、唾液から濃度を測定することができる。

参加者たちには、この期間に、夜間の外出や運動、電話の使用、読書など、ストレスを感じるようなことはしないよう頼んだ。

この研究の結果、参加者たちの唾液中のコルチゾール濃度は、自然体験後、平均して 1時間あたり 21.3%減少していた。
コルチゾールの減少は、20〜30分間屋外で過ごした場合が、最も顕著だった。


また、α−アミラーゼ酵素も 1時間あたり 28%低下していたことがわかった。
これは、自然の中で活発に動いた人、座っていた人、あるいは少し歩いた人なども、同じだった。

dailyStress.jpgカナダやアメリカの健康推進組織は、自然との対話のメリットを提唱し
アメリカ心臓協会は、ストレスや不安を和らげるために、屋外に出ることを推奨している。

研究者らは、
「自然の中で過ごす時間が、ストレスを緩和することはわかっていましたが、どれだけ居れば充分なのか、どんな頻度で、どんな自然体験が効果的なのかまでは、わかっていませんでした。

私たちの研究では、ストレスホルモンのコルチゾールのレベルを効率的に下げるためには
自然の中で、20〜30分間、座ったり歩いたりすることが効果的である
ことが、わかったのです。」
と、この研究結果が、健康管理や、精神疾患、心の病の予防策、および治療法として役立つことを望んでいる。
https://www.newsweek.com/sitting-nature-just-20-minutes-day-cuts-stress-hormone-levels-1384532

森や林では、「木はおしえてくれる」ように
木を観察して歩くと、ジオパシック・ストレスがわかりますし
木のエネルギーを吸収」することもできますね。

自然の中で、歩いたり座ったりするだけでなく
地面に素足をつけて、アーシングをすると
ストレスホルモンであるコルチゾールの概日周期が、正常化し
血糖値がコントロールされ、代謝が正常化し、炎症が緩和するのだそうです。http://ur0.biz/8i7W



帯電した体を、足の裏から大地に電気を流すことで、正常化するのですね。

テスラ・ペンダントを着け、テスラ トラベル・プレートを持っていれば、体の帯電も防げるのですが、
裸足で大地のエネルギーを、直接吸収することは、大切なことかもしれません。

瞑想は、日々のストレスを緩和すると言いますが
テスラ ハートセンダーをお持ちの方は、緑の上や地面に敷いて座ってみてください。
さらに深い瞑想が味わえます
よ。ポイント.gif

お持ちでない方は、テスラ トラベル・プレートの上に座っても、エネルギーの流れが良くなり、自然浴の効果を増幅してくれます。


また、日常生活で汚れたオーラ(エネルギーフィールド)をキレイにするためにぴかぴか(新しい)
テスラ 8角 大プレートや、トラベル・プレートで、動画のように扇いで
みてください。
スッキリしますよポイント.gifウィンク.gif

cutStress.jpgこの連休で、すっかりリフレッシュできるといいですね。
そして、ふだんの通勤や通学、お昼休みにも、ちょっと足を伸ばして、緑多い公園などでほんの20分、過ごしてみてください。
うつ病や不安障害など、こころの病の多い日本人には、効果的ではないでしょうか?

屋外でも、日焼け防止のためにも、胸腺にはテスラ・ペンダントを着け
テスラ トラベル・プレートを持ち、(子どもはテスラ ポケット・プレート
虫刺されなどにも、トラベル・プレートや、ポケット・プレートをあてて
くださいね。

そして、「旅行には」テスラ ミニ・ウォーターキットも、お忘れなくexclamation







posted by minouche at 19:20| テスラ