2015年04月09日

ニコラ・テスラの驚くべき10の発明

大変ご好評いただいている、テスラ製品
その技術を、提供してくれた、
ニコラ・テスラ(1856 - 1943)
私たちが知らされていない
10大発明を、綴った記事がありましたので
拙訳して、ご紹介します。



ニコラ・テスラの発明で、おそらく、最も有名なものが、
エネルギーに関わる発明だろう。
もし誰もが、ニコラ・テスラの発明を、自由に使えたらと、
政治的、社会的に、多く話されるようになった。
我々の社会で、どんなゲームが繰り広げられているのか、
ますます多くの人が、認識し始め、ニコラ・テスラと、その物語も、広く知られるようになってきた。

驚くような隠された真実が、
自ら知ろうとする人々を増やすのは、自然なことだ。
その完璧な例が、次にあげる、ニコラ・テスラの発明の数々だ。
これらの彼の発明すべてが、我々の生活に、大きな影響を、与えている。


 ラジオ 

ラジオは、マルコーニが、発明者だと信じられているが、
テスラが、マルコーニより以前に、発明していたと証明され、
1943年、最高裁判所は、マルコーニの特許を、ひっくり返している。 
テスラは、ナショナルエレクトリック・ライト協会で、
無線信号を、送信機と受信機を必要とするだけで、送受信して見せた。

1897年、テスラは、二つの特許を申請したが、
1904年、米国特許庁は、決定を覆し、マルコーニに、無線機の発明特許を授与した。
マルコーニのスポンサーに、トーマス・エジソンとアンドリュー・カーネギーがいたという事実が、
特許決定に影響を与えたと、信じる人が多い。
とりわけ米国政府は、テスラが主張していた、使用料の支払いを、避けることができた。


 AC(交流)電流 

1893年、シカゴの世界博覧会で、物議を醸したことが、すべての始まりであった。
エジソンのビジョンと、電気を生産し、分電しようとする、
テスラのビジョンとの間で、絶えず争われた。
この対立は、コストと安全性が、争点となっている。

GEが後ろ盾のエジソンのDC(直流)電流は、長距離高コストで、
整流器と呼ばれるコンバータは、火花を散らし、危険だった。
エジソンと彼の支持者は、テスラのAC電流に、恐怖心を植え付けるために、電流の一般的な「危険性」を利用し、動物を感電死させて見せた。

その結果エジソンは、低コストで安全なテスラのAC電流を中傷しながら、「電気椅子」を世に送り出した。
テスラは、自分自身の体に電灯の電流を通し、AC電流が完全に安全であることを示して、答えた。

1893年、このエジソンvsテスラ(GE vs ウェスティングハウス)の確執は、ピークを迎え
10年以上の不法な商取引、アイデアの盗用、エジソンと彼の支持者の金銭的利益、テスラの発明の特許抑制などがされた。
しかし、それにもかかわらず、現代の我々に、発電と送電を提供しているのは、テスラのシステムである。

 電気モーター 

テスラの発明した、電気モーターは、彼の名を冠した自動車ブランドによって、普及した。
テスラの回転磁界のモーターの発明は、石油業界の支配から、
はるかに早く人類を解放することができたと、説明すれば、充分である。
しかし、1930年、彼の発明は、経済危機と、続く世界大戦に屈した。

それにもかかわらず、彼の電気モーターの発明は、
家電製品、電動工具、工作機械、揚水ポンプ、産業用ファン、ディスクドライブ、電気腕時計とコンプレッサー・・・etc 
我々が現在、当たり前と思う風景を、もたらした。


 ロボット工学 

テスラの、あまりに強すぎる科学的探究心は、すべての生き物は、単に、外部の衝動によって駆動されるという考えに、彼を導いた。 
彼は言った。
「私に絶対的な満足感を与える、すべての思考と行為は、単に私が、外部からの刺激に反応する力に恵まれた、ロボットだからです。」
かくして、ロボットの概念は、生まれた。

しかし、テスラが、これらの人間の複製には、限界がなければならないと主張したように、
人間の要素は、残していた ― すなわち、成長と普及。
それでも、テスラは、この「知性」が生産したもの全てを、臆せずに受け入れた。
彼の将来のビジョンは、インテリジェント車、ロボットの仲間と、センサー、そして、セルビアのElectrical Engineering誌2006に詳述されている、自律システムの使用で、あふれていた。

 X線 

電磁でイオン化している放射線は、1800年代後期にかなり研究されたが、
テスラが、全てを完全に研究した。
生命力を表すキルリアン写真の前身から、現在の医療診断で使うものに発展したが、
これらはすべて、テスラの発明を、変革させたものである。

X線は、テスラが貢献した多くのもののように、宇宙を理解する必要があるすべては 
実質的にいつでも我々の周りにある。という彼の信念から、生じたものだ。
しかし現実の装置を開発するためには、我々の心を、存在の生来の認識を増やすために、使う必要がある。

 レーザー 

テスラの発明したレーザーは、人の心の善悪に密接に結びつく、最高の例の1つである。
レーザーは疑う余地なく、外科的用途に、有益な方向で変換した。
そしてこれは、我々の現在のデジタルメディアの進化を引き起こした。
しかし、この技術革新で、我々は、SFの世界にも踏み入れた。
レーガンの「スターウォーズ」レーザー防御システムから、今日のオーウェル風の「非軍事的」兵器(レーザー銃と誘導されたエネルギー「殺人光線」を含む)まで、善悪両方向へと、開発された。

 光 

もちろん、彼は光そのものを発明したわけではないが、
彼は光を、利用し供給する方法を発明した。
業界が「発明した」40年も前に、
テスラの研究室では、蛍光灯が開発され、使われていた。
世界博覧会では、テスラはガラス管を取り、最初のネオンサインを見せた。
しかし、最も印象的で、論争の的となったのは、テスラ·コイルである。
地球自体を送信機として、周波数を利用した電気(電磁気)を生成することができる磁石であるという概念のテスラコイルは、
確かに、大きな産業を駆逐するかもしれないものだったのだ。
もう一方の端に必要とされるのは、ラジオのような受信機である。

 遠隔操作 

この発明は、ラジオの技術から、自然に派出したものだった。
特許第613809は 、初めてのリモートコントロールのボートで、
1898年にデモンストレーションされた。
大型バッテリーを搭載し、無線信号は、ボートのプロペラ、方向舵、走行用ライトを、スイッチで制御する。

この正確なテクノロジーは、しばらくの間使われていなかったが、
我々は今、遠隔制御戦争に、活用されているのを、見ることができる。
ラジコン戦車は、第二次世界大戦中に、ドイツ軍によって導入された。
そしてこの活用は、人間が自由になる方向から、遠ざけてしまった。


 無線通信と 無限のフリー・エネルギー 

この2つは、密接にリンクしている -
エネルギーが、メーターで測られることなく、支配されなければ、
どんなに有益で、自由か?   いや、ありえない!

JPモルガンは、画像、音声メッセージ、およびテキストを介した、幅広い情報を含むデータを送信するために、宇宙の固有振動数を利用するタワーの構築に、15万ドルかけて、テスラを支持した。
これは、世界初の無線通信を、意味した。
しかし、タワー自体のコストを別にして、宇宙を満たしている、フリーエネルギーで、すべての場所で、すべての人々をつなぐ、ワールドワイド・ウェブ(www)を作り、人々が自分の周りのフリーエネルギーを自由に利用することも、意味した。

ニコラ・テスラは、実質、無料で、このデータを送受信する技術を、個々人に捧げようとした。 
しかし、我々は、この話の顛末を知っている。。。 

テスラは、おそらく、何千もの公表されていないアイデアや
発明を持っている。
何百もの彼の特許に、彼が世に提供しようとした
目的とビジョンを、垣間見ることができる。

特にウォーデンクリフと呼ばれる施設で
電離層から電気を利用することの彼の研究 ―
ニコラ・テスラの技術的で科学的な研究の公開は
人類の真の自由に向けて、必要なステップである。


私も、以前は、ニコラ・テスラ = マッドサイエンティストと呼ばれてる人 
くらいの認識しか、ありませんでした。

しかし、今や、私たちの生活に当たり前にある、
電灯、AM・FMラジオ、ACアダプタ、モーター、レントゲン、
TVやエアコンなどのリモコン、携帯電話、インターネット、
コンサート会場や医療に使われている、レーザー
日本が先進技術を誇る、ロボットなど

「ニコラ・テスラ」の名前は知らなくても、
現代の私たちの生活の基盤は、彼の発明で築かれています。

エリック・ドラード博士によると、
「ニコラ・テスラが発明した、X線は 現在我々が使っているものより、ずっとパワフルで、放射線によるダメージもなく、はるかに安全で、図り知れないほど、さまざまな利用法があった。」そうです。

そして、電磁波の有害性のない、フリーエネルギーによる、電気も、未だ封印されたままです。

未来に真実を語らせよう
それぞれの仕事と
その達成によって
評価されるために。
今の時代は彼らのものだ
未来、そう、
私は来たる時代のために
尽力したのだ。
    ニコラ・テスラ

世界は長い間
ニコラ・テスラと同等の
業績と想像力を、
待ち焦がれることになるだろう
 E.H アームストロング


しかし、ニコラ・テスラ博士は、亡くなる半年前に、電気の有害性を無害化する技術を、米国空軍の若き物理学者ラルフ・バーグストレッサーに託しました。

ラルフは、1970年代に、電磁放射線と、電磁場による影響を中和する初代のテスラ・プレート、アルミ製のパープル・プレートを、開発しました。しかし残念ながら、パープル・プレートは、その後も、7.9Hz以上、周波数を上げることはできませんでした。

90年代、2人の物理学者が、ラルフに与えられた、ニコラ・テスラ博士のオリジナルの資料を引き継ぎ、
周波数の上昇する地球に、適応できる技術を開発しました。

そして、私たちの細胞を攻撃している、電波・電磁波、ジオパシック・ストレスや、化学物質などの自然界には存在しない有害なエネルギーを、人々や、生物に調和するエネルギーに換え、生命力を与えることができる、ニコラ・テスラ博士のテクノロジーを、私たちは、利用することができるのです。↓

posted by minouche at 17:09| Comment(0) | TrackBack(0) | ニコラ・テスラ
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/132295606

この記事へのトラックバック