2012年08月16日

ガン再発防止に

何年かぶりに、同級生から、連絡がありました。

奥さんが、8年におよぶ、ガンの闘病生活の末、亡くなったそうです。

私の周りは、乗務員時代の友人知人をはじめ、ガンを患う人が、少なくありません。
手遅れで、亡くなった人たちもいますが
手術成功後は、再発することもなく、10年以上、元気に過ごしている人たちも、多くいます。

彼女の場合、手術→再発を、9回もくり返していたそうですが、
なぜそんなに、再発をくり返したのでしょう・・・。

お線香を上げさせてもらいに、同級生の住まいに、おじゃましました。

緑豊かな高台に、富士山まで見える見晴らしの良い、しっかりした造りの、同級生自慢のマンションです。

しかし、富士山の手前には、製鉄所の煙突が見え、「網戸が真っ黒になる」そうです。

そして、マンションの裏手には、高速道路と、鉄道架線が、走っています。

その上、高圧送電線も・・・  

有害な煤煙、高圧送電線、高速道路の排気ガス、鉄道架線の電磁波

最初は、肺ガンだったそうですが、外からの煤煙が、原因だったかもしれません。

この辺りは、地下に断層も、確認されています。
このマンションの真下かどうかは、わかりませんが・・・。

「ここのマンション、ガンになる人が、多いんじゃない
 と、聞いてみたら
両隣も、そのまた隣の人も、ガン・・・」  「・・・

地下に、断層の他、水脈や、空洞などの
ジオパシック・ストレスも、あるのかもしれません。
ジオパシック・ストレスのある住まいでは、ガンの再発率100%と、言います。

おまけに、福島原発爆発以来、放射線線量も、決して低いエリアでは、ありません。

そして、70平米ほどの、居住空間には・・・

IH-A332HT.jpg thCAOM90RE.jpgthCAG98CFB.jpg

狭いキッチンに、IHクッキング・ヒーター、電子オーブン・レンジ、大型冷蔵庫
わずか2mほどの距離で見る大型プラズマTV、
常時Wifiを飛ばしている無線LANルータ、パソコン、etc・・・

どのお宅にもある、家電製品ですが
遮音効果のある、機密性の高い室内に、電磁波が充満しています

米国テキサス衛生大学のウィンター教授が調査した結果では、
「人間のガン細胞に、家電製品から発生される電磁波をあてると、
ガン細胞の増殖は16倍にスピードアップし、ガンを悪性化
させることが確認された」といいます。

携帯電話による脳腫瘍防止に、テスラ 電話タグ肺ガンの後は、脳に腫瘍ができたそうですが、
彼らの携帯電話を見ると、何ら電磁波対策が、施されていません。

これでは、ガンが再発しない方が、おかしいと思える環境でした・・・

まだ若くキレイな奥さんの遺影に、
もっと早く指摘できなかったものかと、悔やまれます orz

この環境では、残された同級生も、ガン患者予備軍です。

とりあえず、免疫力を下げないよう、テスラ・ペンダントを、着けてもらい
そして、眠れないと言うので、テスラ トラベル・プレートも、持ってもらいました。

外からの、高圧送電線・電車架線の電磁波、煤煙や排気ガス、放射能などの空気汚染、
地下からの異常磁場や、室内の無線LANの有害性を、中和するために、テスラ オイスター・プレート 大 を、
そして、室内のすべての家電製品の電磁波に、テスラ 電子スタビライザーを一つ、使ってもらわなくてはいけません。

そして、もちろん、携帯電話には、テスラ 電話タグも・・・。

返す返す、彼女が再発する前に、
テスラ L オイスター・キットで、
トータルケアしてもらえていたらと
悔やまれてなりません・・・。もうやだ〜(悲しい顔) 合掌


この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/132295467

この記事へのトラックバック