2012年01月27日

ガンへの対処 by テスラ

テスラ製品をお買い求めのお客様で

ガンを患っているご家族をお持ちの方が

けっこういらっしゃいますので

ガンについて

オーストラリアのテスラ・コンサルタントに
聞いてみました。


乳がんを患った女性が、昼夜、トラベル・プレートを、患部に当てていたところ
ガンが、消えてしまった というケースが、あります。

また、サンドラの息子ダニエルは、3歳の時、足の付け根からひざにかけて、「ユーイング肉腫」と呼ばれる、非常に稀なガンにかかり
サンドラは、ダニエルに化学療法を受けさせたくなかったので、ポケットプレートを足に巻き付け、食事療法やヨウ素投与などで、療養させていました。
12ヵ月後に、ガンの専門家にダニエルを診せると、医者は、レントゲン写真を見ながら、「どこにガンがあったのですか?」と聞いたそうです。
このガンにかかった患者の、世界でもたった一人の生存者と言われ、ダニエルは今、22才の青年となって、とても健康に過ごしています。 

これらは、患部に直接当てることができたことが、成功した理由だと思います。

でも、すべてのガンに有効というわけではなく、成功しなかったケースもあります。

多くのガンの原因が、電磁波汚染のストレス環境にあります。

そのような環境でも、
電子スタビライザー(家電の電磁波に対処)を付け、オイスター・プレート(電波搭、高圧送電線、変電施設などの電磁波に対処)を置き、ウォーター・キット(水道水の有害物質に対処)を付け、トラベル・プレート(車・航空機内の電磁波に対処)や、ポケット・プレート(電車・航空機内の電磁波に対処)を使い、テスラ・ペンダント(免疫力の強化)を着け、携帯電話に電話タグを付けていれば
ガンは未然に防げますし、また、ガンの再発を抑えたケースも、多々あります。

しかし、通常、ガンは、
汚染された環境で、長期間、被曝し続けることで、発症します。

長い間、汚染された環境で暮らしている場合は、
テスラ製品で、直ちに、奇跡を起こすということは、
むずかしくなりますが
ガンのリスクを減らすことは、できます。

また、放射能汚染に関して、テスラ製品は、オーストラリアの変電設備爆発での放射能飛散時に、
ガンの発症を防ぐことができた
ケースしか、経験がありません。

日本の場合、福島原発からの放射能飛散は、未だ収束しているわけではありませんし
その上、がれき焼却により、ますます拡散している可能性があります。

オーストラリアでの変電設備爆発での放射能飛散は、一時的なもので収束したので、
オイスタープレートで、線量値は下がっていきましたが
今の日本の状況では、順調に線量値が下がっていくとは、思えません。

しかし、それでもテスラ・プレートは、放射能の有害エネルギーを、変換し続けます。

被曝が長びけば、電磁波被曝と同じように、
テスラ製品で、直ちに健康被害に対処できるといった可能性は、低くなっていくと思います。



「被曝一年目の対処が重要」といった記事を見ましたが
福島第一原発が爆発して、もうすぐ一年・・・
なるべく早い対処が、必要とされていますね。

また、ガンの患部に、
トラベル・プレートを(お子様には、ポケットプレートを)
当ててみていただきたいと思います。

タグ:テスラ
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/132295427

この記事へのトラックバック