2011年11月23日

背骨にたまった放射能への対処のしかた

都内でストロンチウム 対処の方法 <ミヌーシュ>
都内3ヵ所ストロンチウム 
経産省前・有楽町などで検出
(朝日新聞)

テスラ トラベルプレートによる
脊柱に溜まった放射能への
対処の方法を、ご紹介します。


都内3ヵ所ストロンチウム 経産省前・有楽町などで検出  2011年11月22日 朝日新聞 東京版

 住民グループが都内の3ヶ所の道路脇の植え込みなどから採取した土壌から、1キロ当たり44〜51ベクレルの放射性ストロンチウムが検出されたことが21日、わかった。測定したのは横浜市鶴見区の分析機関・同位体研究所で、同じ土壌から1万3537〜3万1266ベクレルのセシウムも検出された。
 3ヵ所は、経済産業省庁舎前(千代田区)=ストロンチウム48ベクレル、セシウム3万1266ベクレル▽有楽町・東京国際フォーラム前(同)=ストロンチウム51ベクレル、セシウム1万3537ベクレル▽都営地下鉄・清澄白河駅前(江東区)=ストロンチウム44ベクレル、セシウム1万4058ベクレル。土壌は住民グループが9月中旬に採取した。
 住民グループの一人の横浜市港北区の男性は「どこからでもストロンチウムが検出される可能性を示した」と話した。

人体に対する影響 (Wikipedeaより)
ストロンチウム90は骨に蓄積されることで生物学的半減期が長くなる(長年、体内にとどまる)ため、実効線量係数 (Sv/Bq) は高くなり 2.8×10-8である。そのため、ストロンチウム90は、ベータ線を放出する放射性物質のなかでも人体に対する危険が大きいとされている。例えば、経口で1万Bq のストロンチウム90を摂取した時の実効線量は0.28 mSvである。  


テスラ トラベルプレートは、脊柱に溜まった放射線を取り除くために使用することが、できます。
注:オイスタープレートでは、エネルギーが違いますし、ポケットプレートでは、エネルギーが不充分です。

脊柱中の蓄積放射線を取り除く方法


その人の後ろにまわって、トラベルプレートの凹面に親指を当てて、持ちます。
うなじか、首のつけ根に、プレートのエッジを前にして、垂直に、3cmほど離して当てます。
プレートのエッジを背骨の左右を、交互に、3cmずつ当てて、下って行き、尾てい骨でストップします。
プレートを体から離して、また首まで持って行き、再びスタートします。
下から上には、当てないでください。
何回か続け、うずきや、チクチク感、熱をどこかに感じるかどうか、尋ねます。
20分くらい続けるか、もしくは、これらの不快感が消えるまで、続けてください。
これは、レントゲンによるX線や、電磁波による放射線にも有効ですので、お試しください。

テスラ トラベルプレートは・・・
タグ:テスラ
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/132295413

この記事へのトラックバック