2014年10月08日

風車症候群


「エコでクリーンな風力発電」
ということで
あちこちの、尾根の上に
風力発電のタービン(風車)が
多く見られるように、
なってきました。

尾根の上に、目立ってそびえ立ち、景観を損ねているように、見受けられましたが
原発依存から、脱却するためには、そのくらいしょうがないのかと、思っていました。

しかし、風力発電のタービン(風車)の近くに住まう方たちから、さまざまな健康被害が出ている
ということを、知りました。



コロンビア大学のニーナ・ピエールポン物理・医学博士が、
大規模風車の近隣に居住し、なんらかの症状を訴える人々を調査した、科学的レポートでは、
風車から発生する低周波騒音・振動が、
睡眠障害、睡眠遮断、頭痛、耳鳴り、耳閉感、動揺性めまい、回転性めまい、吐き気、かすみ目、頻拍(心拍数の増加)、イライラ、集中力・記憶力の異常、そして覚醒時もしくは睡眠時に生じる身体内部の振動感覚もしくは動揺感覚に伴うパニック発作などを、起こしていると、言います。

博士は、これらの症状を、ウインド・タービン・シンドローム(風車症候群)と、名づけました。




これらの症状は、家の近くの風車が回り始めると、悪くなり、風車から離れると、症状が消えます。
そして、風車の近くに戻ると、症状も戻ります。症状に悩まされた末、多くの家族が転居していきました。



巨大な風力タービンの高速回転ブレードは、先端が、最高毎秒80メートル、時速約290kmの速度で
回転します。

風力タービンの周囲では、極端に低い空気圧のため、コウモリが多く死んでいます。
コウモリの肺は非常に繊細で、スキューバダイバーの肺への圧力の影響と同じように、
低圧がコウモリの肺の血管を拡張・破裂させるのです。


人間だけでなく、ペットや家畜、野生動物たちにも、影響を与えているのだそうです。

症状が、電磁波によるものと似ているので、テスラ社に聞いてみました。

「風車自体が問題なのではなく、
 風力タービンが、空気を攪拌して起こす、振動と、ノイズが、
 周囲に住む人たちの健康に、実に良くない影響を与えています。

こういった場所にも、
テスラ オイスタープレート大を、置くことを、おすすめします。

実際に、テストしたところ、風力タービンの近くに住む人々の、症状が緩和して、
住みやすくなった
という結果が、出ています。

テスラ オイスタープレート大は、風車から35メートルほど離れた所に、置くのが、ベストです。
もっとも、テスラ オイスタープレート大の効果範囲は広いので、
(12ヘクタール。放射能汚染があれば、半分以下に狭まります。)
あまり35メートルにこだわる必要も、ありませんが・・・。」

やはり、テスラ・プレートは、周波数を、本来の自然なものに換える働きが、あるからなのですね。

風車症候群には、治療法がないということですが、対症療法で、薬漬けになる前に、
ぜひ、お試しいただきたいと、思います。

テスラ・プレートは、ご購入後3ヶ月以内
でしたら、返品・返金を、承っております


再販可能状態であることが、条件ですが
特に、オイスター・プレート
ふだん持ち歩くものではなく、
置いておくだけですので、何かに包んでおけば
汚れや傷がつくこともありません。

オイスター・プレート
風力タービンの問題だけでなく、
TV、衛星、携帯基地局や、Wi-Fiの電波
送電線や、変電設備などの電磁波の他
放射能汚染や、化学物質による汚染、
ジオパシック・ストレスにも、対処できますので、ぜひ、お試しください。


さまざまな症状が消え、深く眠れるようになって、暮らしやすい環境になるよう、心から願っております。

タグ:テスラ
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/132295579

この記事へのトラックバック