2014年05月26日

今でも 高線量!


今月に入って、茨城県ひたちなかの公園で
一時間あたり0.70マイクロシーべルトという
高い放射線が測定され、立ち入り禁止になっています。

その他にも、ここのところ、お客様から
雨どいの下から、幼児用のオムツから
けっこう高い線量が出た
というご報告を、いただいております。 
  

数年前から、線量が高いと、動画などが上がっていた
ひたち海浜公園。
これまでに、子どもを含め、
いったいどれだけの数の人たちが
ここを、訪れていたのでしょう(クリックして、拡大) → 

でも、ここだけでは、ないようです。

栃木県に、別荘をお持ちのお客様から、
「市が測定したら、雨どいの下が、0.77マイクロシーベルトあった
家の中や、その他の所は、そんなに高くはなかったようですが
近所では、もっと高い所も、多くあったそうです。

盆地や窪地になっている所、雨水が集積される所では
放射性物質が、溜まっているようです。

通常地上1mなどで、測定されますが、
身長100cm以下のお子さんや、動物は、
もっと高い放射線を、浴びることになります。

0,23マイクロシーベルト以上は、除染されますが、
テスラ オイスター・プレート 大
お手入れして、置いていただくよう

アドバイスさせていただきました。

また、お子さん用のオムツを買ったお母さんからは・・・
「いつも買っているメーカーのが、お店に置いてなく、 仕方なく他のメーカーのオムツを購入しました。

いつもは電話で、生産工場を確認してから購入するのですが、週末で、
電話がつながらなかったので、家で開封後、線量計で測ってみました。

そうしたらいきなり、0.13マイクロシーべルトという数字だったので、
かなりびっくりしました。
ビニール袋から出して並べて、再計測したら、0.14に上がりました。

やっぱり、買うんじゃなかったと悔みましたが、
テスラ トラベルプレートを、オムツの上にのせ、
4時間後、再計測したところ、0.06まで下がりました。
最終的には0.05に落ち着きました。

最近では、以前気にしていたお友達も、かなり皆さん緩んできて
こういう話もなかなかできなくなってきています。
でもオムツ一つとっても、まだまだ油断できないですね。」


本当に、まだまだ油断が、できませんね。

口にするもの、身につけるもの
特に小さなお子様のためのものは
テスラ トラベルプレートを、充分あててから、
食べたり、使ったりしてください。

そしてお子様に、テスラ チャイルド・ペンダント
ポケット・プレートを、与えてください。


食品の放射能検査地図(画像をクリック) 農作物            流通品の魚
  

 

将来の健康のために、テスラで、免疫力をつけ、環境や、食べ物、日用品の汚染を、トリートしてください。  → 放射能とテスラ


この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/132295560

この記事へのトラックバック