2014年05月20日

テスラ・ガーデン

豪州のテスラ・コンサルタントが、
ここ一年の試行錯誤の末
テスラ・プレートを約50枚、配列した
「テスラ・ガーデン」というのを、創りました。

その中心に座ると
ヴァイブレーションが上がり、
ストレスが大幅に軽減され
心身ともに、軽〜〜〜くなるのです。


テスラ・ガーデンの説明を訳しますと・・・

体の外に、中に流れ込む、エネルギーシステムのバランスを、取る。
幸福感をもたらす、感情的なシステムのバランスをとり、思考パターンを変更する。
これは、体細胞のエネルギーシステム内のエネルギーフィールドをチャージして、調整する・・・。

ニコラ・テスラは、私たちの体に干渉する、ある周波数を除去できれば、病気にならない抵抗力が持てる。と、言ってました。

テスラは、エネルギーを、無線で、地球のどこにも送受信できる技術を、発明をした人です。

1899年に、大地のエネルギーと、地球のエーテルのエネルギーを、取り込むタワーを
コロラド・スプリングに建てていました。

彼は、エネルギーを送電して、
40km離れた所から、地面に埋めた200個の電球を、灯して見せたのです。

テスラは、人間も同じように、我々の体が、宇宙とつながっていて、我々の細胞のエネルギーは
宇宙波や太陽波によって、パワーを与えられていることを、知っていました。

これは、病気の基礎と、健康の理解に、大いに役に立つ発見です。

彼はまた、私たち人間のエネルギーの流れを妨げる、
多くの異なるものがあることに、気づいていました。

テスラは、我々の体細胞のエネルギーフィールドを
調整し、チャージする技術を、開発していたのです。
その一つに、テスラマルチ波発振器があります。

亡くなる6ヶ月前に、米国空軍の若き物理学者ラルフ・バーグストレッサーに渡した、デバイスのプランは、金属の分子構造を変更することにより、銀河の、地球の、セントラルサンからの周波数を送受信するための、トランシーバになります。

この分子構造を変えられた金属(テスラ・プレート)の周囲は、バランスが取れています。

テスラ・ガーデンは、2013年3月に着手してから一年、
開発とテストを繰り返し、テスラマルチ波発振器と同様、
テスラが生命の秘数として述べていた、3、6、9の配列で
49枚のテスラ・プレートを配置するに、至ったのです。

テスラ・ガーデンは、体の内外の、電気システムに働きかけ、ライフスタイル・エネルギーを、変容します。

何枚もの、用途を違えて設計されたテスラ・プレートが、
我々の生活、家庭や仕事、とバランスを取るために必要な、
さまざまなエネルギーで、包んでくれます。

結果は驚くべきもので、ぜひとも経験するに値するものです。


豪州出張時に、実際、真ん中に座ってみたのですが
私の場合・・・
「何だか、体の中で、グラグラ揺れてるみたいだけど、気のせいよね??」とおしゃべりしながら
「あっ、また揺れた・・・!」といったことが、何度か起きました。 座ること、30分弱

テスラ・プレートのエネルギーの海に、身をゆだねながら、
「こんなの、何でもないよ〜〜〜」と、内心、抵抗してたのですが、
その後は、苦手な英語を、ペラペラしゃべってる自分に、気がつきました
疲れが溜まってたはずの、心も体も、軽〜〜くなってたのです。

東洋医学の「脈診」をコンピュータ化したチェッカーで、見てみると、ストレス・レベルが、大幅に、ダウン今回、取り寄せたのは、その頃のより、パワー・アップしてます。 オイスタープレート「大」を、ふんだんに使った
テスラ・プレート49枚ともなると、相当なお値段ですが
ストレスの高い日本人には、とても効果的だと思います。

深〜〜い、リラクゼーション、それぞれの意識レベルのシフトアップ、そして、バランスと調和を、経験していただけます。

ということですが、体感は、人それぞれですので、「脈診」のチェッカーで、使用前・使用後を、チェックしますね。

人間のエネルギーに関しては、東洋では、「経絡」「気」「チャクラ」などと、数千年の歴史がありますから。

第一弾は、京都で、多くの関西のテスラ・ユーザー様に、
日ごろの感謝の意を込めて、お役に立てたらいいな♪と、思ってます。

なお、既にテスラ・プレートをお使いで、テスラのエネルギーに慣れている方に限定させていただきます。

この機会に、日頃のストレスを清算して、心も体も、軽〜〜〜くなりませんかご予約は、こちらから・・・
 テスラ・ガーデン
posted by minouche at 22:20| Comment(0) | TrackBack(0) | テスラ 
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/132295559

この記事へのトラックバック