2014年02月11日

かわった雪

2月8日
関東から、東北にかけて、
大雪が降りました。

今年初めての、積雪
でも何だか、いつもの雪とは
違うような気がしたので
ちょっと、実験してみました。 
アメリカの猛寒波で、降り続いた雪
その雪の成分を、調べた科学者の記事を
見かけたからです。

http://beforeitsnews.com/conspiracy-theories/2014/02/warned-against-sharing-fake-snow-analysis-see-what-the-dod-is-hiding-the-rev-michelle-hopkins-2459380.html


 分析すると
 ポリマー化合物
 劣化ウラン
 サイボーグ生命体が
 含まれていた
 というのです。


アメリカの雪は、特殊な化学物質が含まれており、火で炙っても、水が余り出て来ないという特性があり
雪の硬さや性質が、自然の雪とは異なっていたりする。というので、以下の実験を、マネしてみました。

 

日本の雪も、火で炙っても水にはならず、コゲてしまいました 何だかスチロールを扱っているような感じです

ネット上には、以下の写真が見かけらます。



雪のキレイな結晶が見られず、粘り気があると、いいます。

また、宅配便のドライバーによると、雪にタイヤを取られ、チェーンがはずれてしまった車が、何台もある
というので、運転する方は、気をつけていただきたいと思います。

日本の雪に、アメリカのように、ポリマーや、劣化ウラン、サイボーグ生命体が入っているなんて、思いたくないですが、福島第一原発からの放射性物質は、含まれている可能性は、あると思います。

平成26年2月9日午前8時15分頃、
3号機原子炉建屋5階中央部近傍より、湯気が発生していることをカメラにて確認。


大気拡散予測


各地の放射線線量が、上昇傾向・・・


雪の線量を、測ってみましたが、ここは
テスラ オイスタープレート大を置いてある環境なので
特に線量は、高くありませんでした。

テスラのない環境で、測る必要が、ありますね。


 放射性物質だけでなく
 ふだん大気中に漂う
 PM2.5や
 さまざまな汚染物質が
 雪とともに、降ってきた可能性はあります。


テスラは、そんな自然界や人体と調和しない、化学物質や、放射性物質などを、安定させ、
調和させることで、無害化させる働きがあります。

お出かけになる時は、テスラ・ペンダントを着け(在宅時も)
大人は、トラベルプレート、子どもは、ポケット・プレートを持ってください。

そして、お住まいには、テスラ オイスタープレート大を置いて、住環境を、ケアしてください。


タグ:テスラ
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/132295545

この記事へのトラックバック