2013年05月15日

周波数の上昇

太陽活動による電磁気の乱れに、テスラ オイスター・プレート
ここ数日
今年最大の、太陽フレアが
発生しているそうです。

そして、活発な太陽活動が
地球の周波数の上昇を、促しているそうです。




 5月13日10:52 X1.7
 5月14日 0:36 X2.7
 5月14日 9:58 X3.2
 5月15日10:30 X1.2

 100倍以上強力な
 X線を放出する 
 巨大太陽フレアが
 発生したそうです。

http://www.setyoufreenews.com/2013/05/17/huge-x-class-solar-flares-keep-erupting-from-sun-4-in-48-hours/

幸い今回は、太陽磁気嵐の直撃は、免れるようですが、
2013年半ば、太陽の「極大期」に入るという説も、ありますので、
地震や、火山の噴火、落雷、嵐、
また、停電、半導体機器の使用不能などに
充分備えたいものです。

ここ数年、「眠くて眠くて、どうしようもない。」「耳鳴りが止まない。」「偏頭痛がする。」 
などの経験は、ありませんか?

テスラ製品の開発者、キャロル・フィッシャー博士によると
太陽活動による影響が、人々に、ストレスを与えているそうです。

そして、太陽活動の活発化によって、
地球の自然放射線(原発などの人工放射線と違い、安定していて、致死性がない。)が増加し
周波数が、上昇しているのだそうです。↓



2010年以降、NASAは周波数を発表しなくなり、現在23Hz以上は、あるだろうということでしたが
地球の周波数に共振する、テスラ・ペンダントを、外部業者に調べてもらったところ、28Hz あったそうです。

強烈な眠気や、耳鳴りなどが止んだ後、何か「・・・抜けた!」
と、感じたことは、ありませんか?

「天気が変わったせいだろ。」と言う人もいますが
何か、昨日までとは、違ったステージに入ったような、感覚・・・

私たちが、地球の周波数上昇に、順応していけるよう
テスラは、助けてくれます。

ちなみに、キャロルが1970年代に開発した、最大7.9Hzは、あるはずの、パープル・プレート
最近のものは、3〜4Hzしかなかったそうです・・・。

今月に入ってからも、各地で、異変や、異常気象が起こっていますね。

湖の氷が、陸地に押し寄せる@アメリカ カナダ     ロシア アルタイ地方 30度の酷暑の後、降雪
 

どこまでが人災で、どこからが天災なのか、わかりかねますが、まだまだ、地球の変化は、続きそうです。

大難が、小難となるよう、願いますが、周波数の上昇には、テスラ・ペンダントが、役立ちます。
そして、太陽磁気嵐による電気機器の損傷は、テスラのセットで、最小限にとどめてください。


タグ:テスラ
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス: [必須入力]

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/132295507
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック