2012年12月05日

太陽活動とテスラ


テスラ・プレート
をお使いいただいているお客様から
太陽活動に対する、テスラの効果を
ご質問いただきました。
「来年前半に、太陽のスーパー・フレア出現の可能性が、各所で警告されています。
それによる電磁バーストで、
パソコンをはじめ
半導体でできている制御機器が
焼きついて、全世界的に使用不能になる
可能性があるそうです。
テスラ製品で、スーパーフレアの影響を、減少させることはできないでしょうか?
車ですら半導体だらけですから、
テスラ・プレートが、とりあえず
自分の身の回りのものを守ってくれると、少し安心できるのですが…。」

そこで、テスラ・プレートの開発者の(過去には、パープル・プレートを開発した)
物理学者キャロル・フィッシャー博士に、聞いてみました。

3年前に私は、太陽活動に関する著書を出しています。
その中で、2012年から2013年にかけてが、
太陽活動のピークになるという予測を、記しました。

NASAは、太陽嵐による大災害をいくつか予測し、太陽活動のクライマックスは、今年、と予測している人もいます。

現在我々は、非常に活発な太陽黒点の動きにさらされており、
それは、地球の天候、地震、火山活動、放射線、
そして、人間や動物に影響しています。

太陽活動の起こった24時間〜48時間後に、地球の天候に影響を及ぼし、大型ハリケーンや、暴風雨を起こしたりします。

太陽風が地球のどこを襲うかは、磁束によります。

巨大な太陽フレアは、地震や火山の爆発を引き起こすのも、事実です。

NASAは、太陽フレアを確認した後、宇宙ステーションなどを、セーフモードにするようにしていますが、
彼らは実際のところ、地球の磁束のどこに影響を受けるかが、わからないでいます。



これらの太陽活動はすべて
地球の自然放射線を増やし、
地球が周波数を上げるのを、手伝っています。

それが現在、
人々がストレスを感じている原因です。

テスラ製品は、落雷から、人々を
最小限の被害にとどめた話を、よく聞きます。

シンガポールで落雷に遭った女性は、窓辺で本を読んでいると、稲妻が、開いていた窓から入ってきて
彼女のテスラ・ペンダントを打ち、その稲妻は、戸棚の金属の取っ手にはね返り、他の窓から、出て行きました。

通常このような状況では、ひどい火傷を負うか、落雷死してしまうものです。
しかし、何ともなかったのです。

実際、うちでも落雷があったとき、アンテナが問題を起こしただけに、とどまりました。
しかしテスラを使う以前に遭った落雷では、電気系統がすべて、破壊されました。

テスラ製品をどう評価するかは、おまかせします。

太陽フレアの、電子機器への影響ですが、
地球のすべてのグリッドを、テスラのエネルギーで覆わない限り、
まず、電力供給源を保護するのが、むずかしいです。

オイスター・キットで、家をトリートしていれば、
何も被害がないか、もしくは最小限の被害でとどめることは、できます。
電力供給源がダメージを受けて、我々に与える被害までは、止めることはできませんが・・・。

オイスター・キットで、ファラデー・ケージのように、電子機器を保護できる!と言い切ることはできませんが、
このような、いろいろな大きなメリットを、与えるでしょう。

テスラは、確かに、太陽活動による、地球の周波数の上昇から、人々の役に立つはずです。


先日の、北海道の暴風雪による大停電では、寒い中、3日も、暖も取れず、明かりも灯らず、冷蔵庫の食品はすべて廃棄せざるえない、大変な思いをされたようです。

太陽活動のピークと言われる今、あらゆることに対し、備えておいた方が良さそうですね。

少なくても、電力供給が復旧した後、電子機器など全て破壊されている状況にならないよう、
電話タグ電子スタビライザーオイスター・プレートで、ケアしていただければと、思います。

キャロル博士が、70年代に開発した、パープル・プレートは、7.9Hzまでしか、上げられませんが、
その後開発したテスラ・プレートは、今や23Hz以上に上昇している地球の周波数に、共振し
人や環境を、地球と調和させることができます。

ご自身やペットも、地球の周波数上昇によるストレスを緩和し、
母なる地球と同調できるよう、テスラで、ケアしてください。

タグ:テスラ
posted by minouche at 14:36| Comment(0) | TrackBack(0) | テスラ 
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス: [必須入力]

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/132295483
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック